海外のがん医療はどうなっているのか?③

MDアンダーソンがんセンター(前半)

統合腫瘍協会国際会議(SIO)の一環として
MDアンダーソンがんセンターを訪問してきました。

今回と次回、2回に分けて
世界最高峰のがん治療施設
MDアンダーソンがんセンター統合医療センター
訪問レポートをご紹介します。

3photo01

今回はMDアンダーソンがんセンターの施設概要と
実際に行われている医療サービスについてご紹介します

MDアンダーソンがんセンターの概要

正式名称:テキサス州立大学 MDアンダーソンがんセンター
The University of Texas MD Anderson Cancer Center

アメリカ テキサス州ヒューストンの
テキサス医療センター内にある、
癌の治療、研究、教育、予防を専門とする大規模がんセンター

U.S.News & World Reportベスト・ホスピタル がん部門において、常に上位2位以内に選ばれている実績があります。
*2014-2015
1位スローン‐ケタリング記念がんセンター(Memorial Sloan-Kettering Cancer Center )
2位MDアンダーソンがんセンター

1941年に設立され、
年間の患者数は12万人以上、従業員1万9千人以上

3photo02

統合医療センター
1998年に統合医療プログラムが開始

統合医療の目的は、がん治療ではなく
あくまでがん治療による副作用の軽減や
症状の改善を目的にしている。

3photo04

【医療サービス】

○統合医療コンサルテーション

医師が癌治療に関する統合医療的アプローチを紹介します

3photo05

サプリメントに関して

ドクターによる統合医療コンサルを受ける方の70~80%の方は、
サプリメントに関する質問を受けるようですが、
統合医療センターとしては、
サプリメントの販売や推奨は行っていないとのことです。

しかしながら今後は、
患者さんが飲んでいるサプリメントを
試験データなどの科学的根拠に基づいて評価し
飲む量の調整なども行っていくようです。

○健康心理指導

臨床心理士が生活習慣の改善や
ストレス、不安、うつの対処法を紹介

3photo06

○栄養指導

栄養士が個別の栄養指導や、副作用の対処法
がん治療中や治療後の目標達成に向けて指導します。
最適な健康状態に導くための食事教育なども行います

3photo07

○運動、身体活動指導

運動は疲労感の軽減や、体力増強につながり
がん治療中や治療後の患者さんに効果がある可能性があります。
熟練した運動療法士が安全で最適なエクササイズを行います。

3photo08

○鍼

鍼はがんや治療に伴う吐き気や
嘔吐、痛み、神経障害、ほてり、疲労感や口の渇きに対して
場合によっては効果的で安全な医療行為です。
※患部に直接、鍼は打ちません

初回診療85~100$、その後は45~100$

3photo09

○オンコロジー・マッサージ

腫瘍学に基づいたマッサージのやり方を紹介します。

オンコロジー マッサージは
患者さんの不安、痛みや疲労感を改善し
睡眠の質を改善する可能性があります。
※患部を直接マッサージするわけではありません

患者さんとマッサージする人とが一緒に予約を入れ、
1回のコンサルティングで70$

3photo10

○音楽療法

音楽療法の効果は自己表現を豊かにし
ストレスの軽減、認識やモチベーション、コミュニケーション
社交的なスキルを向上させます。

初回は50$、その後は25~50$

3photo11

○瞑想

瞑想は不安やマイナス思考を和らげ
睡眠の質や記憶を改善し、精神的な意識を向上させます。

2photo03

統合医療センターのスケジュール表(2014年10月)
がありましたので、一部ご紹介いたします。

3photo12

一見するとスポーツジムのレッスン表みたいですよね。

10月1日(水)
11:00~12:00 Making Music (音楽を作ろう)
12:00~1:00 Laughter for Health (健康のために笑おう)

10月2日(木)
3:30~4:30 Qigong (気功)

10月8日(水)
3:00~4:00 Nutrition Lecture (栄養指導)
6:00~7:30 Ovarian Cancer Support Group
(卵巣がんのサポートグループ(患者会のようなものでしょうか?)

10月9日(木)
2:30~3:30 Music for Health and Relaxation:
Decrease Stress with Music
(健康とリラックスのための音楽:音楽でストレスを減らそう)

がんと闘う患者さんやご家族を
身体的、精神的にサポートするために、
いろいろなことを積極的に取り入れようとしていることがよく解りますね。

次回【海外のがん治療4】では、実際に施設を訪問した様子をレポートします。