ロシア最大級の健康関連製品の展示会「アプテカ」視察レポート

モスクワ訪問レポート
12月7日~13日

6photo01

こんにちは
東栄新薬株式会社の元井章智です

自己紹介はこちら

ロシア最大級の健康関連製品の展示会「アプテカ」を視察し、
ロシア国内のキングアガリクス製品の代理店さんを訪問してきましたので、
その内容をレポートいたします。

アプテカ(APTEKA=薬局)2014概要
2014年12月8日~11日、モスクワの健康ウィーク中に、医薬品やサプリメントなど
健康関連製品の展示会として開催。

今年で21回目の開催となるアプテカは、健康関連の展示会としてはロシア最大級で、
昨年(2013年)は世界27か国から235社が出展し、来場者は16,000名。

出展企業は、医薬品、医療機器、衛生関連商品、薬局設備機器、ホメオパシー、漢方薬、
化粧品、医薬品原料、健康食品素材、サプリメント、離乳食、ミネラルウォーターなど
多岐にわたり、参加者は薬局、ドラッグストア、商社、研究機関など。

飛行機による移動
12月7日
10:45 東京発(成田)日本航空441便(JL441) ボーイング787
所要時間 10時間45分
15:00 モスクワ着(ドモジェドヴォ Domodedovo空港)

12月7日 「アプテカ2014」の視察と、ロシア国内のキングアガリクスの
代理店さんを訪問するために成田からモスクワに向けて出発。
ロシア入国のために事前にビザの取得が必要でした。(取得に1週間ほど)

15:00 モスクワに到着
空港に着いてすぐに感じたのは、文字が全然読めないことでした。

6photo02

写真は電車のチケット販売機ですが、英語がないと全く読めません。
あと、空港内はあまり感じませんでしたが、外に出た瞬間、息が白くなり、
寒さを実感しました。

6photo03

空港の外の写真 雪が残っています。
市内には特急列車で40分ほどでした。列車内には新聞が無料でおかれていましたが、
ほとんどの新聞の1面はプーチン大統領でした。
やはり人気の高さがうかがえます。
その後、モスクワ駅に到着後、大型ワゴン車に乗り換えて、ホテルに到着。

6photo04

モスクワ駅 MOCKBA これで「モスクワ」と読むようです。

12月8日
今日は今回の一つのメイン「アプテカ2014 APTEKA」の視察です。
朝、8時に朝食会場で集合でしたが、外はまだ暗かったです。
モスクワは緯度が高いため、この季節は日照時間が短く10時ごろに明るくなり、
17時ごろには暗くなります。滞在中は曇りや雪でしたので、日中も町全体がうす暗い印象でした。
ちなみに朝の気温はマイナス7℃でした。

タクシーに分乗して会場に到着

6photo05

会場入り口の写真です。これで『APTEKA』(アプテカ)です。
受付にはかなり多くに人がいて、入場登録に時間がかかりました。

6photo06

会場内の写真
初日の午前中ということもあり、中はまだそんなに人はいませんでした。
(別の日はもっと込み合っていたようです)

サプリメントの展示ブースをメインに回りましたが、英語がほとんど通じないため、
一人でいろいろと回ることが出来ず、通訳さんに一緒に行動してもらいました。

売れ筋や注目されている商品、ロシア国内市場のニーズ、サプリメントの効能表示に
関することなど、実際に販売の現場にいる方たちに直接質問することができ、貴重な
情報をいろいろと入手することが出来ました。

人気の高い素材
魚油を原料とした「オメガ3」
ロシアでは摂取量が少ないらしく、心筋梗塞などの循環器系の病気が死因のトップだそうです。
特に冬は室内と屋外の寒暖差が激しいことも影響しているのかと思います。

6photo07

サプリメントの効能表示
日本では2015年4月からサプリメントに関してある程度の機能性
(例えば、「肝臓の働きを助けます」「目の健康をサポートします」
「鼻の調子を整えます」など)を表現することが認められます。

一方、ロシアでは現在の日本では表現できないこともイラストなどでダイレクトに
表現したり、「○○(商品名)に含まれる××(有効成分)が△△に効果がある。」
と表現したりしていました。

ロシアでの具体的な表現例としては
●●(商品名)に含まれるオメガ3(有効成分)が循環機能の改善に役立ちます。
などです。
キノコ関係で例えると
○○(商品名)に含まれるβ-グルカン(有効成分)が免疫機能を調整します。
といったところでしょうか。

6photo08

6photo09

心臓、肝臓、関節、循環器などイラストで分かりやすく表示

6photo10

読めませんが「子供の免疫調整」といった表現も可能

サプリメントや薬に関して、どの国からの出展が多いかを見てみると、
当然ながらロシアが最も多く、あとはヨーロッパ、インド、中国、台湾などの
メーカーが出展していました。見たところ、日本メーカーの出展はないようでした。
以下に展示ブースの1例をご紹介します。

6photo11

小麦などを原料にしたサプリメント

6photo12

カルシウム(Ca)、鉄分(Fe)などを含有するサプリメント

6photo13

インド政府関連機関や台湾のキノコメーカーなども出展していました。

午後はロシア国内に600店舗展開している薬局チェーンのオーナー、
アレクサンダーさんから薬やサプリメントの市場動向、販売状況、
人気商品、販売に関する規制に関してご説明頂きました。
日本で製品化した商品は品質が高いため、評判がよいとのことです。

ロシアは宇宙開発などのイメージがあり、サプリメントの品質も高いと
思っていたのですが、実際には製造レベルは低いようです。

6photo14

写真 アレクサンダーさんのお店

6photo15

パンフレットとメンバーカード

12月9日
今日はマイナス3度でした。
午前中は医薬品やサプリメントの登録やマーケティングなどを行っている
アンドレーさんにいろいろとお話を伺いました。

アンドレーさんいわく
インド産は医薬品の品質は高く、サプリメントの品質は悪い
中国産は医薬品の品質は悪いが、サプリメントは良い
とのことです

また、キノコのサプリメントについて聞きました。
中国産の冬虫夏草は「がん」に効くとして有名とのことです。

さらに、アガリクスについて聞いてみると
中国産のアガリクスが、いろいろと人工的な添加物などを混ぜたりするので評判が
悪いとのことです。
日本国内でも、いろいろと人工的な添加物などを混ぜたりしているアガリクス商品が
多いですが、やはり添加物なしで製品化しないとダメですね。

午後はバスで市内観光でしたが、昼食がどうも合わなかったらしく、
しばらく車内でグッタリしていました。

6photo16

街中をバスで回って感じましたが、至る所に薬局(アプテカ)があります。
また、カフェ(кафе ロシア語表記)もたくさんありました。

12月10日
朝の気温はマイナス3℃です。滞在4日目にして雪が降りました。
今日は終日バスで市内観光です。
モスクワ大学、ノヴォデヴィチ修道院の墓地、赤の広場やクレムリンなどを観光しました。

12月11日
今朝もマイナス3℃。今日は今回のロシア訪問の2つ目の目的、
キングアガリクスの代理店さんとの打ち合わせです。
今年の1月から注文を頂くようになり、インターネット上でのやり取りは
何度もしていましたが、今回、初めてお会いします。

17時に指定されたレストランに通訳さんと一緒に行くと、メールでやり取りを
していたアレクサンダーさん、実質の経営者であるイワンさんとその友人、
セルゲイさんの3人が出迎えてくれました。

まず日本国内の状況を聞かれ、その後ロシアでの現状や、認証に関する件、
サプリメントとしてのニーズなど多岐にわたり情報交換でき、非常に有意義な時間を過ごせました。

日本での状況
日本の死因は 1位 がん 2位 心疾患 3位 脳血管障害 と紹介し
補完代替医療の現状として、『アガリクスは患者さんから最も支持されており、
60%の人に飲まれていた。』という、日本の厚生労働省の研究班による調査結果を
紹介したところ、非常に興味を持たれたようです。

また、キングアガリクス製品に関しては安全性、有効性の高さから毎年、出荷数が
増えており昨年度はのべ32万人分を出荷したと紹介しました。

6photo17

ロシアの現状
欧米諸国の経済制裁などにより、ルーブルが急落し、輸入品の物価が高騰しているとのこと。
ドルベースで価格設定しているため、キングアガリクス製品の価格の年始に比べると1.7倍に
上がってしまったとのこと。
(7,000ルーブル→12,000)

認証に関する件
ロシア国内で販売するためには認証が必要ですが、そのためには製品として
しっかりとした品質が確認されなければならないとのです。
キングアガリクスは日本の製薬会社で製品化されており、データもあるので
6か月ほどで取得できた
とのことです。

さらに、ロシアの食品に関する研究機関(ロシア フーズ アカデミー)で
有効性に関する検査を行っていて、6か月以内には結果が出るとのことです。
結果によっては効果(例えば、免疫、肝臓、心臓、糖尿病など)を宣伝する
ことが出来るようになる
ので、非常に期待しているとのことです。

6photo18

ロシア国内で販売するための認定証

サプリメントとしてのニーズ
ロシアの死因の順位は以下になるとのことです
1位 心臓病 2位 糖尿病 3位 がん 4位 肝臓疾患
3位のがんは年に70万人のペースで発症しているようです。
それぞれに対する安全性、有効性に関するデータや論文を紹介したところ、
今後も最新のデータが出たらすぐに教えてほしい
と言われました。

最後に、なぜキングアガリクスを選んだのかと聞きました
日本で製造したサプリメントは評価が高いことから、日本製でさまざまな商品を
探していたところ、毎年新しい研究成果が発表され、安全性や有効性に関する
データや論文がしっかりしている
ので、キングアガリクス製品を選んで頂いたとのことです。

今後ともお互いに連絡を取り合いましょうとなり、帰り際に記念写真を撮りました。

6photo19

座って話している時には感じなかったんですが、立ってみると3人とも大きくて、
少し緊張してしまいました。
(左からイワンさん、私、アレクサンダーさん、セルゲイさん)

12月12日
すべての予定が終わり、今日は日本に帰るだけです。

17:00 モスクワ発(ドモジェドヴォ)日本航空442便(JL442)
所要時間 9時間35分
12月13日 8:35 東京着(成田)

17:00モスクワ発の飛行機に乗りこみましたが、当日は雪がけっこう振っていたため、
一度、雪下ろしを行ってからの離陸となりました。
フライト中、左側の窓(北極方面)からオーロラがみえました。

まとめ

今回のモスクワ訪問(アプテカ視察、代理店訪問)で感じたことは、
品質はもちろんですが、やはりしっかりとした安全性、有効性に関するデータが
あるかどうかが重要となる
ことを再認識しました。

日本国内でも4月の機能性表示に関しても、きちんとしたデータを持っている会社
のみが評価されるようになるかと思います。
現状ではアガリクス製品の中では、キングアガリクスが最も多くのデータがあり、
高い安全性、有用性が確認されています。今後も研究開発を行い、ご愛用頂いている
方々のご健康にお役立て頂けるような情報を発信していきたいと思います。

東栄新薬株式会社
元井章智