アガリクス(ブラジル産自然露地栽培)で皆様の健康をサポートします

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問

キングアガリクス よくあるご質問

アガリクスとはどのようなキノコですか?
アガリクスは、ブラジルサンパウロ郊外のピエダーテ地方の山中にて、現地日本人故古本氏により発見されたキノコで、現地では「幻のキノコ」と呼ばれています。
「幻のキノコ」と呼ばれる理由は、天然に生育するものが極端に少なく、また一度生育した場所にもなかなか生えてこないところからです。現在、日本をはじめ中国、台湾などでハウス栽培が盛んに行われていますが、自然露地栽培は原産地ブラジル、それも限られた地域でのみ行われています。
学名は「アガリクス・ブラゼイ・ムリル(Agaricus blazei Murrill)」、「アガリクス・ブラジリエンス(Agaricus brasiliensis)」とされ、最近では「アガリクス サブルフェセンス(Agaricus subrufescens)」と呼ばれることもあります。日本での正式名称は「カワリハラタケ」、通称「ヒメマツタケ」の名で知られています。

キング・アガリクス21とは何ですか?
自然露地栽培に適したアガリクスの菌株の名前で、キング・アガリクス21(=KA21)株として独立行政法人産業技術総合研究所特許生物寄託センターに登録しています。



自然露地栽培アガリクス(キング・アガリクス21株)は、他のアガリクスとどこが違うのですか?
ブラジル産自然露地栽培は他のアガリクスに比べ、非常に大きく育ち、有用成分を多く含みます。主要成分β-グルカンの含有量はハウス栽培アガリクスよりも多い、100gあたり12.4gで、最新の研究でもっとも健康に有用とされる「β1-6グルカンに少数のβ1-3グルカンが合体したもの」が多く含まれています。また、太陽の光を浴びて育つため、ハウス栽培とは異なり、ビタミンDを多量に含んでいます。

アガリクスにはブラジル産、中国産、国内産があると聞きましたが どれがよいのでしょうか?
本来アガリクスは、ブラジル・サンパウロの郊外にしか自生していなかったきのこです。アガリクスはきわめてデリケートな性質をもちその自然栽培には、当地に特有な生育環境(強い陽射し、新鮮な空気、さわやかな風とスコール、適度な気温と湿度など)が不可欠です。そして、さらに大切なのが、原産地ブラジルならではの肥沃な土壌。最近では、人工的な方法によって、さまざまな場所で栽培されていますが、原産地の大地で自然栽培されたものこそが、古くより自生してきたアガリクスに限りなく近いものだといえるでしょう。

どのような機関で研究開発が行われていますか?
弊社ではアガリクス研究No.1を目指し、東京薬科大学免疫学教室(基礎研究)、麻布大学(動物実験)、順天堂大学医学部(ヒト臨床試験)、名古屋市立大学大学院、東京大学食の安全研究センター、慶應義塾大学医学部などの国内の最先端機関と共同でキング・アガリクス21に関する研究を行っております。

論文発表・学会発表の詳細はこちら
品質管理はどのようにしていますか?
完全無農薬の現地栽培から国内での製品化まで、一貫した品質管理体制を徹底しています。乾燥したそのままの姿で輸入したアガリクスを粉砕する最終工程は、国内の最新鋭工場で製薬と同レベルの基準できわめて衛生的に行われており、品質管理は万全です。

アガリクスは以前、副作用問題があったと聞きましたが本当ですか?
アガリクスは産地、栽培条件、菌株によって、含有成分は大きく異なります。問題となったのは、中国産のアガリクスを原料として使用した1社のみの製品です。
弊社のブラジル産キング・アガリクスは、一時的には風評被害により供給量が低下しましたが、その後は安全性の高さから、年々出荷量が伸びており多くのお客様のご健康にお役立て頂いております。

自然露地栽培は、どうして困難なのですか?どうして大量生産ができないのですか?
アガリクスは、ブラジルでもごく限られた地域にしか自生せず、その生育は気候や土壌に大きく左右されるからです。まず非常に強い菌でないと育たないという問題があります。栽培過程でもかなりのノウハウを必要とするのですが、技術者も大変少ないのです。

自然露地栽培の詳細に関しては、ブラジル農場レポートをご覧ください。

β-グルカンとはどういうものですか?
ブドウ糖(単糖)が結合した高分子多糖体のことで、抵抗力を高める作用などが認められています。キノコ類の多くに含まれますが、キノコの種類によって、β-グルカンの形や活性が異なります。よって、異なるキノコでβ-グルカンがアガリクスの何倍も多いとの広告も見受けられますが、βーグルカンの含有量が多い=有用性が高いと一概に比較することはできません。
自然露地栽培アガリクスには、なかでも特に強い働きが認められるβ1-6グルカンに少量のβ1-3グルカンが合体したものが豊富に含まれています。

キノコの種類によるβグルカンの構造の違い

また、βグルカンは腸管内のパイエル板を刺激することによって作用を発揮します。

パイエル板を刺激し優れた作用を発揮するためには、βグルカンは高分子のままの方が良く、人工的な加工によって低分子化すると作用が減弱してしまうことが1990年に東京薬科大学から発表されています。

弊社のアガリクス製品は、東京薬科大学での研究結果をもとにβグルカンを高分子のままで製品化していますので、βグルカンの優れた作用をご健康にお役立ていただけます。

※市販されているアガリクス製品の中には、βグルカンを人工的に加工した低分子化○○、水溶性××、△△壁破砕といった製品があります。

PAGETOP
Copyright © 東栄新薬 All Rights Reserved.