アガリクス論文・学会発表一覧

アガリクスの専門メーカーとして研究開発、日本一を目指して

日本の市場には数多くの健康食品が出回り、すぐ手を出したくなるようなキャッチフレーズで商品が販売されています。 しかし、非常に残念ながら、その商品の安全性等のエビデンス(科学的裏付け)を持つものは非常に少ないのが現実です。 自然露地栽培アガリクスは他を圧倒する商品の優秀さ、そして、安全性等のエビデンス(科学的裏付け)を持つことが、真の差別化と考え、早くから、その部門で研究の進んだ各大学と共同研究を進めています。 そして、その研究成果は、論文として世界に最先端の情報発信を行っています。 今後とも、アガリクスの専門メーカーとして、その体制を維持拡大させ、自然の力を、希望と勇気に変え、お客様の真の安心と満足に貢献したいと考えます。
キングアガリクス(=KA21)の安全性に関する論文発表一覧
New Biocontrol Science, 2017, Vol.22, No.3, 171-174 『In Vitro Anti-Influenza Virus Activity of Agaricus brasiliensis KA21』 ○Nao Eguchi, Kan Fujino, Khompakorn Thanasut, Motoko Taharaguchi, Masuro Motoi, Akitomo Motoi, Kenji Oonaka, Satoshi Taharaguchi
International Journal of Medicinal Mushrooms, 17(9) 799-817(2015) 『Open-Label Study on the Influence of Food Containing the Royal Sun Mushroom, Agaricus brasiliensis KA21 (Higher Basidiomycetes ), on the Quality of Life of Healthy Human Volunteers』 ○Motoi M, Motoi A, Yamanaka D, & Ohno N
Journal of Functional Foods 6 513-522 (2014) 『Effect of polymeric caffeic acid on antitumour activity and natural killer cell activity in mice』 ○Yamanaka D, Tajima K, Adachi Y, Ishibasi K, Miura NN, Motoi M, Ohno N
Journal of Medicinal Food 17 (3) 295-301 (2014) 『Agaricus brasiliensis KA21 Improves Circulatory Functions in Spontaneously Hypertensive Rats』 ○Tubone H, Makimura Y, Hanafusa M, Yamamoto Y, Tsuru Y, Motoi M, Amano S
BMC Complement Altern Med. 2014 Nov 24;14:454. doi:10.1186/1472-6882-14-454. 『Differences in antioxidant activities of outdoor- and indoor-cultivated Agaricus brasiliensis, and protective effects against carbon tetrachloride-induced acute hepatic injury in mice.』 ○Yamanaka D, Motoi M, Motoi A, Ohno N
International Journal of Medicinal Mushrooms, 16, 375–393 (2014) 『Cloning and Characterization of Laccase DNA from the Royal Sun Medicinal Mushroom, Agaricus brasiliensis (Higher Basidiomycetes)』 ○Akiko Matsumoto-Akanuma, Satoshi Akanuma, Masuro Motoi, Akihiko Yamagishi,and Naohito Ohno
Food Chemistry 141 (2013) 4073-4080 『Modulation of interferon-c synthesis by the effects of lignin-like enzymatically polymerized polyphenols on antigen-presenting cell activation and the subsequent cell-to-cell interactions』 〇Daisuke Yamanaka, Masuro Motoi, Ken-ichi Ishibashi, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno
International Journal of Medicinal Mushrooms 2013;15(4):335-43. 『Royal Sun Medicinal Mushroom, Agaricus brasiliensis Ka21 (Higher Basidiomycetes), as a Functional Food in Humans.』 〇Yamanaka D, Liu Y, Motoi M, Ohno N
International Journal of Medicinal Mushrooms 2013;15(2):115-26. 『Analysis of the titer and reactivity of antibody/ies against fungal cell wall β-glucans in human sera.』 〇Ishibashi K, Morita M, Motoi M, Liu Y, Miura NN, Adachi Y, Ohno N
アレルギーの臨床 The Allergy in Practice, 32, 51-55, 北隆館, 2012 『ヒト多検体間における抗βグルカン抗体力価と反応性』 元井益郎、石橋 健一、大野 尚仁
International Journal of Medicinal Mushrooms 2012;14(2):135-48. 『Safety study of culinary-medicinal Royal Sun Agaricus, Agaricus brasiliensis S. Wasser et al. KA21 (higher Basidiomycetes) assessed by prokaryotic as well as eukaryotic systems.』 〇Motoi M, Ohno N
International Immunopharmacology Available online 8 August 2012 『Agaricus brasiliensis-derived β-glucans exert immunoenhancing effects via a dectin-1-dependent pathway』 〇Daisuke Yamanaka, Rui Tada, Yoshiyuki Adachi, Ken-ichi Ishibashi, Masuro Motoi, Yoichiro Iwakura, Naohito Ohno
PLoS ONE. (2012) 7(4): e36025. 『The Effect of Enzymatically Polymerised Polyphenols on CD4 Binding and Cytokine Production in Murine Splenocytes』 〇Daisuke Yamanaka, Yumi Tamiya, Masuro Motoi, Ken-ichi Ishibashi, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno
Immunopharmacology and Immunotoxicology : 1-10. Posted online on 29 Nov 2011. 『Effect of Agaricus brasiliensis-derived cold water extract on Toll-likereceptor 2-dependent cytokine production in vitro』 〇Daisuke Yamanaka, Masuro Motoi, Ken-ichi Ishibashi, Noriko N. Miura,Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno
International Journal of Medicinal Mushrooms, Vol.13(1) pp78-82(2011) 『Partial Purification and Characterization of Polyphenoloxidase from Culinary-Medicinal Royal Sun Mushroom (the Himematsutake),Agaricus blasiliensis S. Wasser et el.(Agaricomycetideae)International Journal of Medicinal Mushrooms, 13(1):78-82(2011)』 ○Akiko Matsumoto-Akanuma, Satoshi Akanuma, Masuro Motoi, Akihiko Yamagishi and Naohito Ohno
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition(Advance Publication 2011) 『Ipomoea batatas and Agarics blazei ameliorate diabetic disorders with therapeutic antioxidant potential in streptozotocin-induced diabetic rats』 ○Atsuko Niwa, Takashi Tajiri and Hideaki Higashino
日本医真菌学会雑誌 第51巻 第2号 『Anti-fungal Cell Wall β-glucan Antibody in Animal Sera』 ○Ken-ichi Ishibashi, Chikaku Dogasaki, Masuro Motoi, Noriko Miura,Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno
International Journal of Medicinal Mushrooms,Vol.11(2) pp117-131(2009) 『Effect of Oral Administration of Dried Royal Sun Agaricus, Agaricus brasiliensis S.Wasser et al. (agaricimycetideae), Fruit Bodies on Anti-β-GlucanAntibody Titers in Humans』 ○Ken-ichi Ishibashi, Masuro Motoi, Ying Liu, Noriko N.Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
日本東方医学会 第23巻・第1号 p1-11(2007年5月) 『ブラジル産自然露地栽培Agaricus brasiliensis KA21(King Agaricus 21菌)子実体のヒトでの安全性の検討』 ○劉影(天野暁),福渡靖(未病医学研究センター)森和(鈴鹿医療科学大学鍼灸学部) 大野尚仁,石橋健一(東京薬科大学薬学部免疫学教室)元井益郎(東栄新薬株式会社)
Evidence―based Complementary and Alternative Medicine(Oxford Journals)(eCAM Advance Access published April 12,2007) 『Immunomodulating activity of Agaricus brasiliensis KA21 in mice and in human volunteers』 ○Ying Liu、Yasushi Hukuwatari、Ko Okumura、Kazuyoshi Takeda、Ken-Ichi Ishibashi、Mai Furukawa、Naohito Ohno、Kazu Mori、Ming Gao、Masurou Motoi
International Journal of Medicinal Mushrooms,(2006) 『Effect of culture conditions on chemicalcomposition and biological activities of Agaricus braziliensis』 ○Satoshi Hashimoto, Akiko M. Akanuma, Masuro Motoi, Nobuhiro Imai,Carlos A. Rodrignes, Sachiko Nameda, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi,and Naohito Ohno
International Journal of Medicinal Mushrooms,Vol.8 pp115-128(2006) 『Effect of Agaricus braziliensis S.Wasser et al.(Agarico-mycetideae)on Murine Diabetic Model C57Bl/Ksj-db/db』 ○Mai Furukawa, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, Masuro Motoi, and Naohito Ohno
International Journal of Medicinal Mushrooms,Vol.8 pp67-76(2006) 『Cloning and characterization of polyphenoloxidase DNA from Agaricus Brasiliensis』 ○Akiko Matsumoto-Akanuma, Akihiko Yamagishi, Masuro Motoi,Naohito Ohno
International Journal of Medicinal Mushrooms,Vol.7 pp535-545(2005) 『ANTI β-GLUCAN ANTIBODY IN BOVINE SERA』 ○Ken-ichi Ishibashi ,Chikaku Dogasaki,Tsunenori Iriki,Masurou Motoi,Yu-ichiro Kurone,Noriko N MiuraYoshiyuki Adachi,Naohito Ohno
International Journal of Medicinal Mushrooms Vol.6,No.1 pp41-48(2004) 『ANTI β-GLUCAN ANTIBODY IN CANCER PATIENTS』 ○Masuro Motoi , Ken-ichi Ishibashi , Noriko N.Miura ,Yoshiyuki Adachi ,Toshiro Yadomae , Naohito Ohno(School of Pharmacy,Tokyo University of Pharmacy and Life Science) Osamu Mizukami (Preventive Medicine & Health Education , Tokyo Advetist Hospital)
pharm pharmacol Lett(2001)2:87-90 『(1→3)-β-D-GLUCAN IN THE FRUIT BODIES OF AGARICUS BLAZEI』 ○ Naohito Ohno,Akiko M. Akanuma,Noriko N.Miura,Yoshiyuki Adachi,and Masuro Motoi
Biol.pharm.Bull.24(7)820-828(2001) 『Antitumor β-Glucan from the Cultured Fruit Body of Agaricus Blazei』 ○Naohito Ohno,* Mai Furukawa, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi,Masuro Motoi, and Toshiro Yadomae

キングアガリクス(=KA21)の安全性等に関する学会発表一覧
2017年9月27日 第9回国際薬用キノコ学会(The 9th International Medicinal Mushroom Conference =IMMC9 イタリア シチリア島 パレルモ) 東京薬科大学と共同で学会発表
2017年9月15日 第160回日本獣医学会学術総会(2017年9月13~15日 鹿児島大学) 麻布大学獣医学部と共同で学会発表
2017年7月21日 International Union of Microbiological Societies2017(国際微 生物学連合=IUMS2017)(2017年7月17~21日 シンガポール) 東京薬科大学と共同で学会発表
2017年7月1日 第28回日本生体防御学会学術総会(6月29日~7月1日 神奈川県 相 模原) 東京薬科大学よりキングアガリクス関する学会発表
2017年6月17日 第6回医薬工3大学包括連携推進シンポジウム(東京 八王子) 東京薬科大学と共同で学会発表
2017年3月27日 日本薬学会第137年会(仙台) 東京薬科大学と共同で学会発表
2016年10月2日 第60回日本医真菌学会総会・学術集会(2016年10月1日~2日東京、 台東区) 東京薬科大学と共同で学会発表
2016年8月26日 第16回国際免疫学会(2016年8月21日~26日 オーストラリア メル ボルン) 東京薬科大学と共同で学会発表
2016年3月29日 日本薬学会第136年会(横浜)
2015年8月24日 第8回国際薬用キノコ学会(コロンビア マニサーレス) 東京薬科大学と共同で学会発表
2015年9月7日 第158回日本獣医学会学術集会(青森) 麻布大学獣医学部と共同で学会発表
2015年9月6日 第4回欧州免疫学会(オーストリア ウィ-ン) 東京薬科大学と共同で学会発表
2015年3月28日 日本薬学会第135年会(神戸) 東京薬科大学と共同でキング・アガリクス21(=KA21)の安全性に関する学会発表を行いました。
2014年4月1日 3月26日~3月28日 第87回日本細菌学会総会(東京) 東京薬科大学と共同で学会発表
2014年3月28日 日本薬学会134年会(熊本) 東京薬科大学と共同で学会発表
2013年12月21日 日本統合医療学会(東京)にて学会発表 東京薬科大学と共同で学会発表
2013年10月17日 2013年10月17~18日 日本食品免疫学会 第9回学術大会(東京) 東京薬科大学と共同で学会発表
2013年9月21日 第156回日本獣医学会学術集会(岐阜) 麻布大学獣医学部と共同で学会発表
2013年8月26日 2013年8月26日~29日 第7回国際薬用キノコ学会(北京) 東京薬科大学と共同で学会発表
2013年6月23日 第11回日本予防医学会学術総会(東京) 東京薬科大学と共同で学会発表
2013年3月30日 日本薬学会第133年会(横浜) 東京薬科大学と共同で学会発表
2012年3月 日本薬学会第132年会(札幌) 東京薬科大学と共同で学会発表
2011年3月 日本薬学会第131年会(静岡) 東京薬科大学と共同で学会発表
2010年10月 第54回日本薬学会関東支部大会 東京薬科大学と共同で学会発表
2010年8月 『The 14th International Congress of Immunology』 神戸ポートピアホテル、神戸国際展示場 東京薬科大学と共同で学会発表
2010年8月 The 9th International Mycological Congress, エジンバラ、英国 東京薬科大学と共同で学会発表
2010年3月28日 2010年3月28日~30日 日本薬学会第130年会 岡山コンベンションセンター他 東京薬科大学と共同で学会発表
2010年2月25日 2010年2月25日~28日 EDDP(International Conference on Early Disease Detection and Prevention)2010 ヒルトンパークホテル ミュンヘン ドイツ 東京薬科大学と共同で学会発表
2009年5月 『The 17th Congress of The International Society for Human and Animal Mycology』 京王プラザホテル(東京) 東京薬科大学と共同で学会発表
2009年3月26日 2009年3月26日~28日 日本薬学会第129年会 京都国際会館 東京薬科大学と共同で学会発表
2008年3月26日 2008年3月26日~28日 日本薬学会第128年会 パシフィコ横浜 東京薬科大学と共同で学会発表
2008年2月17日 第25回日本東方医学会 東京国際フォーラム 東京薬科大学と共同で学会発表
2007年3月28日 2007年3月28日~30日本薬学会第127年会(2演題) 富山国際会議場 他 東京薬科大学と共同で学会発表
2007年3月26日 2007年3月26日~28日 第80回日本細菌学会総会 大阪ATC 東京薬科大学と共同で学会発表
2006年3月28日 2006年3月28日~30日 日本薬学会第126年会 (2演題) 仙台国際センター 東京薬科大学と共同で学会発表
2005年11月12日 2005年11月12日~13日日本補完代替医療学会 東京ビックサイトTFTホール 東京薬科大学と共同で学会発表
2005年10月1日 005年10月1日~2日 第15回日本医療薬学会年会 岡山(コンベンションセンター、全日空ホテル、他) 東京薬科大学と共同で学会発表
2005年3月28日 2005年3月28日~31日 日本薬学会第125年会 東京臨海副都心(東京ビックサイト他) 東京薬科大学と共同で学会発表
2004年3月29日 2004年3月29日~31日 日本薬学会第124年会 (2演題) 大阪(ハイアットリージェンシーオーサカ,WTC,ATC、他) 東京薬科大学と共同で学会発表
2003年7月17日 International Conference on Medicinal Mushroom Pattaya,Cholbury,Thailand 東京薬科大学と共同で学会発表
2003年3月27日 2003年3月27日~29日 日本薬学会第123年会 長崎ブリックホール他 東京薬科大学と共同で学会発表
2002年3月26日 2002年3月26日~28日 日本薬学会第122年会 千葉幕張メッセ国際会議場 東京薬科大学と共同で学会発表
2001年11月10日 2001年11月10日~11日 第4回日本補完代替医療学会 大阪国際交流センター 東京薬科大学と共同で学会発表
2001年3月28日 2001年3月28日~30日 日本薬学会第121年会 (2演題) ロイトン札幌他 東京薬科大学と共同で学会発表
2000年3月29日 2000年3月29日~31日 日本薬学会第120年会 岐阜メモリアルセンター他 東京薬科大学と共同で学会発表
1999年3月29日 1999年3月29日~31日 日本薬学会第119年会 徳島文理大学他 東京薬科大学と共同で学会発表