アガリクスを通販で購入するときの3つのポイント!

アガリクスを通販で購入するときの3つのポイント!

アガリクスの通販

執筆者:元井章智

アガリクスは、健康維持に適した食品として一般的に広く知られています。アガリクスを取り扱う企業も増えており、通販で誰もが手に入れることもできるようになってきました。商品数も多く出回っているため、どれを選んだら良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、品質の高いアガリクスを通販で購入する際の選び方を紹介します。

1.アガリクス選びのポイントは“産地”

アガリクスと一言でいっても、産地が違えばその品質は大きく異なります。日本で流通しているアガリクスの主な産地は、ブラジル・日本・中国となっています。

アガリクスは、本来、ブラジルのサンパウロのごく限られた地域にしか自生していなかったキノコです。現地でも、天然に生息するアガリクスはとても少なく「幻のキノコ」と呼ばれているほどです。希少価値の高い「幻のキノコ」に限りなく近い品質を保持するのは、やはり原産地ブラジルのアガリクスでしょう。ブラジルは手付かずの大自然が多く残っており、南米のアマゾンに代表されるように土地がよく肥えています。日差しが強く、適度な気温と湿度、新鮮な空気などアガリクスの栽培条件がそろっている点が大きなポイントです。

ブラジル

(ブラジルの大自然)

日本産や中国産アガリクスに比べ、最適な環境で育ったブラジル産アガリクスは、ビタミンとミネラルの含有量が特に高いという報告もあります。実際に、ブラジル産と日本産のアガリクスを比較した明確な数値があるので紹介しましょう。ブラジル産は、日本産に比べてカルシウム量が約26倍、銅は約10倍という驚きの数値です。その他、ビタミンB1、鉄、セレンなどの栄養素もブラジル産のアガリクスは日本産に比べて含有量が豊富です。また、ブラジル産アガリクスは、土壌汚染の心配もありません。

栄養素

(ブラジル産アガリクスと日本産との栄養素の比較)

日本は食の安全基準値がとても厳しいことは世界でも知られていますので、安全性については心配ありません。しかし、日本の狭い土地で何度も栽培を繰り返すことで、農地は次第に痩せていき、結果的には、収穫したアガリクスの栄養価が減少してしまうことになります。

では、中国産のアガリクスはどうでしょうか。近年の中国は、日本でも頻繁にニュースになっているようにPM2.5の大気汚染、工場廃水による水質汚染や土壌汚染などの問題があります。さらに、中国から乾燥キノコを輸出する際に、大量のホルマリンを用いることが知られています。これは、カビの繁殖を抑えるために行うものですが、体にはあまりいいものではありません。これだけでも中国産アガリクスへの安全性が心配になってしまいます。

2.アガリクスの栽培方法もチェック

同じ食材でも、栽培方法によって味も香りも風味も、さらには栄養価までも違います。アガリクスも同様で、栽培の仕方によって品質に違いができてきます。

アガリクスは大きく分けて、
1 ハウス栽培
2 自然露地栽培
3 タンク培養
といった3つの栽培方法があります。

2.1 アガリクスのハウス栽培

アガリクスのハウス栽培は、野菜のハウス栽培とは違って、ビニールハウスではなく自然光を遮断した真っ暗な小屋、倉庫などで行われます。中はジメジメしていますが、天候に左右されずに年中栽培ができるので大量の収穫ができる点がポイントです。ただし、サイズはどれも小ぶりです。

ハウス栽培アガリクス

(ハウス栽培アガリクス)

2.2 自然露地栽培アガリクス

自然露地栽培では、太陽の光をさんさんと浴びて、おいしい空気をたくさん吸収して育つため、とても立派に成長します。自然露地栽培とハウス栽培では背丈、傘の大きさなどの見た目の差も明確で、肥沃な大地で太陽の光をいっぱいに浴びた自然露地栽培アガリクスは大きく、ハウス栽培のものはどこか弱々しい印象です。

自然露地栽培アガリクス

(自然露地栽培アガリクス)

アガリクスの違い

(サイズの比較 左:ハウス栽培アガリクス 右:自然露地栽培アガリクス)

弊社で取り扱っているキングアガリクスは無農薬栽培かつ、悪天候の日もあるので、栽培はとても難しいとされていますが、栄養面に大きな差があります。

2.3 菌糸体のタンク培養

タンク栽培とは、キノコの根の部分(菌糸体)だけを人工的にタンクで培養する方法です。コストが掛からず、早く培養ができるというメリットがあります。アガリクスが急激にブームになったころに採用されていた栽培方法ですが、最近ではほとんど行われていないようです。

アガリクスの菌糸体

(アガリクスの菌糸体)

タンク培養

(菌糸体を人工的に培養するタンク)

こうやって比較してみると、自然露地栽培で育つと品質が高いということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

3.専門メーカーを選びましょう

アガリクスを取り扱う通販サイトでは、大きく分けると「アガリクスを専門に取り扱う専門メーカーや専門店」、「アガリクスの他にも多種多様な商品を取り扱う健康食品メーカー」の2つのタイプがあります。

専門メーカーか、健康食品メーカーか、どちらのアガリクスを購入するのか迷ってしまった際には、例えば、お肌のトラブルで医療機関を受診する時のことを想像してみてください。多くの診療科目を扱う医療機関、もしくは皮膚の専門医院のどちらを選びますか? 深刻な悩みを抱えている人ほど、専門医に診てもらいたい、と答えるのではないでしょうか。それは、専門的な知識と豊富な診療経験を持つドクターであれば、良い治療をしてもらえるはず、と考えるからです。

アガリクスを購入する時に置き変えてもまったく同じことが言えます。アガリクスを専門に扱うメーカーは、アガリクスの研究開発に日々取り組んでいます。専門メーカーであれば、アガリクスの最新情報を持ち、適した摂取方法などの情報発信なども的確に行ってもらえるでしょう。またアガリクスを専門に研究しているメーカー、専門店のスタッフは、アガリクスへの思い入れは大きいものです。アガリクスを必要としている方々が健康へ不安を抱いていれば、悩みを解決するために熱心に取り組んでくれるはずです。

通販での購入ポイントをおさえて、適したアガリクスを

アガリクスを購入する際は、「自然露地栽培で生育したブラジル産のもの」「アガリクス専門メーカー、専門店がおすすめ」といったポイントを忘れずに! ここをしっかり抑えておけば、自分に適したアガリクスと出会えるはずです。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー