自然露地栽培アガリクス(キング・アガリクス21株)は、他のアガリクスとどこが違うのですか?

ブラジル産自然露地栽培は他のアガリクスに比べ、非常に大きく育ち、有用成分を多く含みます。主要成分β-グルカンの含有量はハウス栽培アガリクスよりも多い、100gあたり12.4gで、最新の研究でもっとも健康に有用とされる「β1-6グルカンに少数のβ1-3グルカンが合体したもの」が多く含まれています。また、太陽の光を浴びて育つため、ハウス栽培とは異なり、ビタミンDを多量に含んでいます。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー