β-グルカンとはどういうものですか?

ブドウ糖(単糖)が結合した高分子多糖体のことで、抵抗力を高める作用などが認められています。キノコ類の多くに含まれますが、キノコの種類によって、β-グルカンの形や活性が異なります。よって、異なるキノコでβ-グルカンがアガリクスの何倍も多いとの広告も見受けられますが、βーグルカンの含有量が多い=有用性が高いと一概に比較することはできません。
自然露地栽培アガリクスには、なかでも特に強い働きが認められるβ1-6グルカンに少量のβ1-3グルカンが合体したものが豊富に含まれています。

キノコの種類によるβグルカンの構造の違い

また、βグルカンは腸管内のパイエル板を刺激することによって作用を発揮します。

パイエル板を刺激し優れた作用を発揮するためには、βグルカンは高分子のままの方が良く、人工的な加工によって低分子化すると作用が減弱してしまうことが1990年に東京薬科大学から発表されています。

弊社のアガリクス製品は、東京薬科大学での研究結果をもとにβグルカンを高分子のままで製品化していますので、βグルカンの優れた作用をご健康にお役立ていただけます。

※市販されているアガリクス製品の中には、βグルカンを人工的に加工した低分子化○○、水溶性××、△△壁破砕といった製品があります。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー