安価な中国産アガリクスのその理由とは?

安価な中国産アガリクスのその理由とは?

執筆者:元井章智

アガリクスの製品は手頃な価格のものから、驚くほど高価なものまで幅があります。例えば、1カ月分のアガリクスが1,000円以下という製品もあれば、10万円以上という高額なものまであります。同じアガリクスの商品なのに、どうしてこのような大きな差が出てしまうのでしょう。それはアガリクスの産地の違いに理由があります。

このコラムでは、アガリクスの産地、中でも中国産について詳しく説明していきます。

1.アガリクスの原産地はブラジル

アガリクスの原産地は、中南米ブラジルのサンパウロ郊外、ピエダーテ地方です。世界を見渡しても自生しているキノコはほとんどない貴重なキノコの一種で、現地の住民の間では古くから「幻のキノコ」「神のキノコ」「太陽のキノコ」などと呼ばれ、希少価値の高い食用キノコとされています。

(サンパウロ郊外のピエダーテ地方)

ブラジル国内でさえも、ピエダーテ地方のような風土、気候、土壌などアガリクスが自生するための条件がそろった環境はほとんど見当たりません。そんな中ブラジルでは、自生は難しくても、太陽の光をたっぷり浴びて生育させる「自然露地栽培」という方法がとられています。

2.中国産アガリクスが安価な理由

現在、日本国内に流通されているアガリクス商品の産地は、ブラジル、日本、中国が主流となっています。特に中国産のアガリクスは手頃な価格帯(1か月分1,000~5,000円)で、さまざまな製品が出回っています。健康食品からみた中国産の安全面などの不安もありますが、これまで高価なアガリクスの購入に躊躇されていた方たちにとっては、中国産の安価なアガリクスは願ってもない製品というのもうなずけます。

ブラジル産、日本産と比較しても中国産のアガリクスは非常に安価ですが、その理由の一つとして、栽培方法が上げられます。

アガリクスの栽培方法は大きく分けて、ハウス栽培と自然露地栽培があります。ハウス栽培といってもアガリクスの場合は、一般的な野菜のビニールハウス栽培とは全く違って、自然光を遮断した真っ暗な小屋や倉庫などを使って育てられます。ハウス栽培は、天候に左右されず一年中栽培が可能なため、大量に安価で流通させることができるというわけです。

ハウス栽培アガリクス

(ハウス栽培アガリクス)

ハウス栽培

(ハウス栽培の様子 日光を遮って暗所で行われる)

一方自然露地栽培は、ブラジルでのみ可能な栽培方法といわれています。大自然の中で毎日たっぷりの自然光を浴び、澄んだ空気を吸収して育ったアガリクスは、大きく太く肉厚に成長します。

アガリクスの違い

(左:ハウス栽培アガリクスと右:自然露地栽培アガリクスのサイズの違い)

無農薬で栽培するためハウス栽培のように大量生産はできないので高価になりますが、その分、栄養分がぎっしりつまっているのも外せない特徴です。自然露地栽培のアガリクスは、主成分であるβ-グルカンがハウス栽培の約1.5 倍、その他にもビタミンD、カルシウム、セレン、銅、鉄分なども多く含まれています。

βグルカンの比較

弊社のブラジル産自然露地栽培「キングアガリクス」も、栽培が難しい中で、完全な無農薬で行っています。栄養素に関しても日本でハウス栽培されたアガリクスと比較すると、ビタミンDが約34倍、カルシウムが約26倍、銅が約10倍も含まれるほか、セレン、鉄、ビタミンB1も豊富に含まれています。希少性・さまざまな栄養を摂取できるという点から、どうしても中国産よりブラジル産の方が高価になってしまいます。

栄養素

(ハウス栽培アガリクスとブラジル産自然露地栽培アガリクスの栄養成分の違い)

3.中国産アガリクスの不安材料

ハウス栽培による大量生産が可能な中国産アガリクスは安価で、日本国内でも多く流通しています。しかし、近年の中国の近代化にともなうPM2.5の大気汚染をはじめ、工場廃水による水質汚染や土壌汚染などの悪い環境下で生育されたアガリクスを口に入れることへの不安は拭い切れません。

また、中国から乾燥キノコを輸出する際には、大量のホルマリンを用いることもあります。これはカビの繁殖を抑えるために行うものですが、決して身体に良いとはいえません。さらには以前、中国産アガリクスを原料とした商品によって、肝機能障害などの副作用を起こした事例も報告されています。

4.最も良質なアガリクスの産地は

中国産アガリクス同様に、日本産もハウス栽培です。当然、自然露地栽培の商品に比べて栄養価は低く、安価で市場に出回っています。ただ、中国産と大きく違うのは製品の安全性です。日本の食の安全基準は世界的にも高いことで知られていますので、日本産の製品は安心して摂取できることは間違いありません。

しかし、アガリクスが本来持つ高い栄養価はもちろん、100%のパワーを実際に身体で感じるためには、やはりブラジル産がいいといえるでしょう。

弊社の「キング・アガリクス」は、一度でもアガリクスを栽培した土地は使わずに、常に新しく土地を開墾しているため土壌汚染の影響を受けることはありません。残留農薬検査、重金属検査を行い製品への安全性をチェックしているため、どなたが摂取しても農薬や残留物による副作用の心配もありません。

検査結果

(キングアガリクスは残留農薬試験、重金属含有量の検査済み)

毎日摂取することでさらに健康維持につながるアガリクスは、栄養価の高い商品を選んでこそ本来持つパワーを実感できるのではないでしょうか。

まとめ 産地名を確認してから購入を

同じアガリクスという商品名であっても、産地によってその品質はまったく異なります。購入する際はパッケージの原材料などを充分に確認することをお勧めします。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー