アガリクスに効果なし? 製品ごとに品質の違いを見極めることが大切

アガリクスに効果なし? 製品ごとに品質の違いを見極めることが大切

効かない?

執筆者:元井章智

ドラッグストアなどには、毎日の健康を維持するためのサプリメントや健康食品が並んでいます。ネット通販を見ても、その種類の多さから健康志向の高まりを感じている方も多いのではないでしょうか。

中でも、β-グルカンの含有量が多いアガリクスは、健康を求める多くの人に注目されています。実際に店頭やネットで販売されているアガリクス製品を見てみましょう。さまざまなメーカーがアガリクスを含有する製品を販売していることがわかります。

この中で、本当に私たちの健康に有用なアガリクス製品をどうやって見つけ出せばいいのでしょうか。そもそもアガリクスの有用性は認められているのでしょうか。

1.アガリクスは効果なし? 実は、原材料や製品で品質に大きな差

2010年、京都大学より、「エキスタイプのアガリクスに、前立腺がんに対する抗がん作用が認められなかった」という論文が発表されました。

試験方法は、アガリクスから抽出したエキスが入った製品と霊芝を原料とした製品を6カ月間摂取し、前立腺がんの腫瘍マーカーPSAの値を測定するというもの。

アガリクス抽出エキスが入った製品を摂取した場合、PSAの測定値に変化が見られなかったため、「効果なし」という結論が導き出されたのです。この論文を見て、アガリクスは効果なし?と思ってしまうのも仕方がありません。でも、一概に決めつけてしまってよいのでしょうか?

アガリクスは原材料や製品でかなり品質に違いがある

厚生労働省はアガリクスに対し、「アガリクスは原材料や製品でかなり品質に違いがある」との見解を示しています。国立健康栄養研究所も「アガリクスは菌株や栽培方法や産地により、その特性や含有成分が異なる」としています。

同じアガリクスを使っている製品でも、製品ごとに品質に差がある、つまり2010年の試験結果から得られたデータでだけでは、アガリクス製品すべてに効果がないとはいえないということになります。

2.主要成分β-グルカンは、エキス化すると含有量が減る

アガリクスの主成分は、β-グルカンです。β-グルカンはアガリクスの細胞壁に多く含まれており、エキス化などでは抽出が難しい成分です。

実際に東京薬科大学薬学部免疫学教室が行った実験では、乾燥アガリクスからβ-グルカンを熱水抽出しても34.5%しか抽出できず、その後に薬品を使用して化学処理を行っても約半分しかβ-グルカンを抽出することができなかったことが報告されています。

原著論文:Biol.pharm.Bull.24(7)820-828(2001)

アガリクスエキスの抽出実験

つまり、アガリクスをエキス化すると有効成分のβ-グルカンの量が減ってしまい、効果が下がることを意味します。

2010年の研究結果は、アガリクスのエキスを抽出した製品を使用したものでした。エキスのみを抽出したアガリクス製品とアガリクスそのものを使用した製品とでは、その効果に大きな差が生じる可能性があるので、同等に考えることはできません。

3.違いが実感できるアガリクス製品の選び方

このように、同じアガリクスをうたっている製品でも、品質には大きな差があります。違いが実感できるアガリクス製品は何を基準にして選べばよいのでしょうか。

キーワードは「産地」「栽培方法」「研究開発」です。

アガリクスの産地

アガリクスの主な産地は、アガリクスの原産地であるブラジル、日本、中国です。メイドインジャパンと聞くと安心感がありますが、土地の狭い日本では、連作で土地が痩せてきた結果、栄養成分の含有量が減少してしまうという傾向にあります。

また、中国は大気汚染なども問題もあることで、安全性に不安を感じるかたも多いでしょう。

一方、アガリクスの原産地であるブラジルは、アマゾン川に象徴されるように大自然の宝庫です。肥沃な大地の恵みを受けて育つアガリクスには、ミネラルなどの栄養成分を多く含んでいます。

アガリクスの栽培方法

また、繊細なアガリクスは、ブラジルの気候でしか自然露地栽培ができません。

人工的に栽培したハウス栽培のアガリクスよりも大きく育ち、研究により主要成分のβ-グルカンは自然露地栽培の方が約1.5倍多み、世界的に注目を浴びているビタミンDが含まれることがわかってきました。

サイズの比較

(左:一般的なハウス栽培  右:自然露地栽培したキングアガリクス)

β-グルカン

ビタミンD

自然露地栽培にこだわったブラジル産は希少ですが、それを使用した製品なら、安心して摂取することができます。「産地はブラジル」「栽培方法は自然露地栽培」というポイントを抑えれば、違いの実感できるアガリクスを手に入れることができるでしょう。

研究開発による製品の信頼性

そして、最後に忘れてはいけないキーワードは、「研究開発」です。

しっかりと研究し、製品開発がなされているかどうかということは、製品の信頼性を大きく高めます。

アガリクスに関する研究開発は、やはりアガリクスに特化した専用メーカーが進んでいます。とりわけアガリクス専用メーカーである当社は、国際論文発表数が最も多く研究実績がNo.1です。

扱っているブラジル産のアガリクスの菌株は「キング・アガリクス21株=KA21」と呼ばれており、東京大学、慶應義塾大学、東京薬科大学などでも研究対象となっています。研究による科学的裏付けが実証された製品は、何よりの信頼の証でしょう。

有用なアガリクス製品を見極めることが重要

アガリクスを含有する製品は、市場に多く出回っています。

キングアガリクスは、ブラジルで自然露地栽培されており、多くの機関で研究されその有用性が認められたアガリクスです。主成分でもある、β-グルカンの分子量も大きく、有用性の違いを実感できます。

これらのポイントをしっかりと抑えて製品を購入することで、毎日の健康維持にきっと役立つでしょう。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー