品質のよいアガリクスの適正な値段とは?

品質のよいアガリクスの適正な値段とは?

アガリクスの値段

執筆者:元井章智

店頭やネット通販では、アガリクス製品が多く取り扱われています。その値段を見ると1,000円前後で購入できるものから、中には100,000円を超える高額な製品までさまざまなものがあります。値段の幅があまりにも広いので、製品選びに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

信頼できるアガリクスが入った製品の値段がどのくらいなのか、アガリクスと値段についてみていきましょう。

1.そもそもアガリクスとは何か

アガリクスは、中南米ブラジルのサンパウロ郊外、ピエダーテ地方に自生していたキノコです。マツタケやシイタケが同じ担子菌類の仲間だというと、なんとなくイメージが沸きやすいでしょうか。アガリクスは自生エリアが極めて限られているため、「神のキノコ」「幻のキノコ」とさえ呼ばれる希少価値の高いものでした。

近年、ブラジルにおける自然露地栽培だけでなく、ハウス栽培といった栽培方法の進化でブラジル以外の日本産や中国産といったものも出回るようになり、流通量が大幅に増加しています。

多様な産地、栽培方法により生まれたアガリクスが混在していますが、消費者が購入するアガリクス製品の値段はどのような点で違ってくるのでしょうか。

1.産地、栽培方法の違いが値段に影響

アガリクスの値段は、産地や栽培方法の違いがその値段に大きな影響を与えています。

一番手頃な値段設定なのは、中国産・ハウス栽培の製品です。ハウス栽培といっても、野菜を栽培しているビニールハウスとは様子が違います。自然光を遮断した暗室で一年中栽培されているもので、大量かつ安定的に供給ができるため安価を実現しています。

ハウス栽培アガリクス

(一般的なハウス栽培は日光を遮って行われます)

店頭に並ぶ製品の中で、1カ月分で5,000円~20,000円前後で売られているものは、この中国産のハウス栽培と考えていいでしょう。アガリクスの製品の中にはさらに安価な1,000~5,000円といった価格で販売されているものも見かけます。こちらは、中国産のハウス栽培というだけでなく、アガリクスの成分があまり入っていない製品だと思われます。

日本でもアガリクスは栽培されています。日本は食品の安全基準が極めて高い国として世界的にも有名です。よって、アガリクスそのものの信頼性は高いといえます。ただ、日本の場合は、中国と同じハウス栽培でも人件費が高いことや、狭い土地を活用して栽培しているため、中国産のアガリクスより価格が割高になってしまうという問題を抱えています。

中国産ハウス栽培のアガリクスが1カ月分で5,000円~20,000円前後で売られているのに対し、日本産のハウス栽培は20,000円~50,000円といった価格の製品が多いようです。中には50,000円~100,000円といった高額な製品も見られますが、このような価格は明らかに高すぎるので、購入は慎重になるべきでしょう。

2.ブラジル産の自然露地栽培されたアガリクス製品の値段

アガリクスの原産国ブラジルでは、さんさんと降り注ぐ太陽の下、肥沃な大地でアガリクスが自然露地栽培されています。

自然露地栽培アガリクス

自然露地栽培はブラジルでのみ可能な栽培方法といわれており、ブラジルの大自然の恩恵をまるごと吸収した質のよいアガリクスが育つのが特長です。自然露地栽培で育てられたアガリクスは、非常に大きく育ちます。

アガリクスの違い

(左:ハウス栽培アガリクス  右:自然露地栽培アガリクス)

そしてアガリクスの主成分であるβ-グルカンやビタミンD、セレン、銅、鉄分の含有量が最も多くなっています。β-グルカンは、ハウス栽培の約1.5倍。日本でハウス栽培されたものと比較しても、ビタミンDが約34倍、カルシウムが約26倍、銅が約10倍も含まれるなど、非常に栄養価の高いものとなっています。

βグルカンの比較

アガリクスの栄養価

ブラジル産自然露地栽培は、自然環境の影響を受け収穫量も限られています。そのため希少性が高く、値段は40,000~50,000円となっています。

キングアガリクスはブラジル産自然露地栽培

当社が製造する製品には、ブラジで自然露地栽培された「キングアガリクス」が使用されています。このキングアガリクスは完全無農薬で栽培されています。

残留農薬の表紙

(残留農薬検査結果 農薬は検出されませんでした)

また、アガリクスを一度でも栽培した土地の再使用はせず、常に新しい土地を開墾しているため常に肥えた大地で生育させることが可能です。栽培が非常に難しく、実際の自然露地栽培コストはハウス栽培の10倍以上かかるのですが、日本産のハウス栽培と同じくらいになるよう、コスト削減に徹し企業努力をしています。よって、製品価格は、39,000円から48,000円の間で設定しており、毎日愛用しても負担にならない価格帯を維持しています。

アガリクス製品の価格は産地や栽培方法で大きく異なってきます。

価格が安いということは、それなりに理由があるということ。特にアガリクスが初めてというかたの場合、まずは安価なものを試してしがいがちです。しかし、それではアガリクスの有用性を充分享受できないことになってしまいます。

また、高過ぎる製品も考えものです。アガリクスは、コンスタントに摂取するのがベストですが、高すぎると継続が難しくなって、その効果を得られないまま途中で断念してしまうかたもいるようです。

せっかく購入するなら、適正価格で、健康管理に有用な製品を購入したいものです。誠実に栽培された品質の高いアガリクスを使った製品を購入するためには、購入時にパッケージの原材料名やメーカー名を確認するとよいでしょう。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー