粗悪なアガリクス製品は、肝機能障害の恐れも

粗悪なアガリクス製品は、肝機能障害の恐れも

肝機能障害

執筆者:元井章智

毎日の健康管理に役立てようと、サプリメントや健康食品を愛用している人が増えています。サプリメントや健康食品などは忙しい現代人にとって、不足しがちな栄養素を手軽に補完できるとして人気です。また、病院やクリニックなどで治療を受けている人の中には、抵抗力や体力を維持する力を養うためにそれらを愛用している人も少なくありません。

今や、サプリメントなどの市場規模は1兆5,000億円を超えるともいわれています。そんな市場の中で根強い人気があるのがアガリクスです。ただ、アガリクスと銘打つ製品ならなんでも有用性が期待できるというわけではなく、中には粗悪品も含まれています。どんなアガリクスには注意が必要か、どんなアガリクスを選ぶのが好ましいかをご説明しましょう。

1.アガリクスはシイタケやマッシュルームと同じ仲間のキノコ

アガリクスは、ブラジルの郊外にあるピエダーテ地方に自生していたキノコです。この地方にしか自生しないキノコであること、またそれを食べている現地住民が健康長寿であることから、現地の住民の間では「幻のキノコ」「神のキノコ」あるいは「太陽のキノコ」などと呼ばれています。

この希少価値の高いアガリクスですが、シイタケやマッシュルームと同じ担子菌類に属しています。アガリクスを摂取すると体力が維持できるといったメリットが期待できるといわれています。

2.中国産アガリクスで肝機能障害が報告

過去にがん患者が中国産のアガリクスを含有している製品を摂取した結果、重篤な肝機能障害を起こしてしまった、という報告がありました。すでにその製品は発売が中止されているのですが、これはどういうことだったのでしょうか。

実は、アガリクスには複数の産地があります。原産国はもちろんブラジルです。ブラジルで自生している、もしくは自然露地栽培されているアガリクスは栄養価も高い上、希少価値が高く人気があります。このブラジル以外に、実は、ハウス栽培という形で日本や中国でもアガリクスは栽培されています。

日本産のアガリクスは、もちろん厳しい基準に則って栽培や管理が行われていますので、安全性という面では安心できます。ただ、土地の肥えているブラジル産ほど高い栄養価は望めません。

そして、肝機能障害を引き起こした中国産ですが、PM2.5の報道からもわかるように、中国での食品や健康に関わる規制は徹底されていない部分が多いため、このような事態を引き起こしてしまったと考えられます。

3.製品選びには栽培方法にも注意が必要

アガリクス製品を選ぶ際は、産地の確認が必要とお伝えしました。しかし、それだけでは有用なアガリクスを手に入れることはできません。実は、アガリクスの栽培方法にも目を向ける必要があるのです。

アガリクスの栽培方法は、大きくわけて3つあります。

3.1 一般的なハウス栽培

最も一般的なのがハウス栽培です。研究が進み栽培技術が確立したため、ハウス栽培で日本や中国でもアガリクスの栽培が可能となりました。ただ、よく見るビニールハウスとは違い、日光を遮断した暗室でアガリクスの株を人工的に栽培します。当然、日光を十分に浴びて育ったアガリクスより栄養価は低くなりますが、一定量の生産に適しているため市販されているアガリクス製品の多くはハウス栽培により育ったアガリクスを使用しているのが現状です。

3.2 自然露地栽培

自然露地栽培アガリクス

2つ目は自然露地栽培です。アガリクスの原産国はブラジルです。ブラジルはアガリクスが育つ気候や環境が整っており、このブラジルの地で、自然露地栽培が行われています。大自然の中で日光を存分に浴びて伸び伸びと育つので、ハウス栽培と比べるとサイズも大きく主要成分のβ-グルカンやビタミンDを豊富に含んでいるのが大きな特長です。

アガリクスの違い

(左:一般的なハウス栽培  右:自然露地栽培アガリクス)

ビタミンD

3.3 タンク培養

タンク培養

3つ目はタンク栽培です。大量生産ができると一時期ブームになりましたが、人工的に栽培した菌糸体(キノコの根っこ)の安全性に疑問符がつき、現在はほとんど行われていません。

せっかく購入する製品なら栄養価の高いアガリクスを選びたいものです。当社は、ブラジル産完全無農薬の自然露地栽培されたキングアガリクスのみを使用しています。さんさんと降り注ぐ太陽をたっぷりと浴びて育った自然露地栽培のアガリクスを使用したキングアガリクス製品は、有用成分の含有量も多く、ぜひ摂取していただきたい製品です。

4.添加物や残留農薬にもご注意を

アガリクスの産地と栽培方法のチェックで有用なアガリクスを選別できることをお伝えしてきましたが、安全なアガリクス製品をしっかり見分ける必要もあります。それが、添加物や残留農薬の有無です。アガリクス製品に限らずどんな食品やサプリメントでも、添加物は少ないに越したことはありません。製品購入の際は、パッケージ裏にある原材料名にアガリクス以外の材料記載がないかどうかを必ず見るようにしてください。

また、残留農薬についても注意を忘れてはいけません。農薬は、人体に悪影響を引き起こす恐れがあります。徹底した品質管理で完全無農薬を実現している製品を選びましょう。

安全性が確認されているキングアガリクス製品

当社のキングアガリクス製品は添加物なし、アガリクス100%の製品を提供しています。また、使用されるアガリクスは完全無農薬で栽培しています。添加物、無農薬を徹底しているキングアガリクスは、安心して購入していただける条件を満たしています。

さらに、実際にキングアガリクス製品を健康な人に飲んでいただき、安全性も確認されています

順天堂大学と東京薬科大学のグループの研究によると、健康な人がブラジルで自然露地栽培したキングアガリクスを通常の3~6倍量(9g)、6カ月間飲用した結果、肝臓や腎臓の機能への影響もなく副作用(有害事象)も報告されなかったといった論文も発表されています。

ぜひ、安全、安心のキングアガリクス製品をご健康にお役立て頂ければ幸いです

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー