健康食品・サプリメントの分野で注目されているアガリクス

健康食品・サプリメントの分野で注目されているアガリクス

アガリクスサプリ

執筆者:元井章智

現代人は忙しく、栄養をバランスよく摂取することが難しいというのが実情です。そんな中、足りない栄養素を補うためにアガリクスを愛用している人も多いようです。でも、それだけではありません。クリニックや病院で行われる保険診療をサポートするために、アガリクスを摂っている人も多くいます。アガリクスは、単なる栄養補給といったサプリメントの領域をこえて親しまれています。しかし、残念ながらアガリクス製品のすべてが品質のよいものであるとはいえません。ここでは、高品質のアガリクスを見分けるポイントについて解説していきましょう。

1.アガリクスは補完代替医療の支持率NO.1

病気で抵抗力や体力が落ちると、病気が治りにくくなります。治りにくいだけではなく、さらなる病気を引き起こす原因にもなってしまいます。医学の進歩により、さまざまな病気の治療法が確立してきましたが、病院での治療だけでは補いきれない部分も少なくはありません。そこで活用されているのが、補完代替医療です。

補完代替医療とは、医療機関で行われている主に西洋医学に基づく保険診療をサポートするものです。アガリクスは、この補完代替医療の分野で使用頻度の最も高い健康食品・サプリメントとして支持されています。厚生労働省の助成金を元手に行った調査があり、そこではなんと、補完代替療法として利用されている健康食品・サプリメントの中で、アガリクスはプロポリスやAHCCを大きく引き離し、60%以上の使用頻度があるという結果も出ています。

アガリクスの使用頻度

使用頻度が高いということは、アガリクスを飲むことで違いを感じさせている証拠といっていいでしょう。

2.製品によって大きく異なる特徴

違いを実感したい人が愛用しているアガリクスですが、どのアガリクス製品でもほかの健康食品やサプリメントとの違いが実感できるわけではありません。実は、製品によってその特徴が大きく異なっています。それは、アガリクスの栽培環境によって、アガリクスの持つ有用成分に違いが出てくるからなのです。アガリクス製品を毎日の健康管理に役立てようとするなら、できれば有用成分が豊富に詰まった製品を購入したいものです。

市場に出回っている製品の中から、高品質のアガリクスを手にするためにはどうしたらよいのかを次に説明していきましょう。

3.ブラジル産自然露地栽培のアガリクスを選ぶ

アガリクスの産地はいくつかあります。中でも、アガリクスの原産国であるブラジル、そして、日本や中国産のものが多く流通しています。もともとアガリクスは、原産地ブラジルの中でも、ピエダーテ地方にしか自生しないキノコです。アガリクスの仲間には私たちにもおなじみのマツタケやシイタケ、マッシュルームがあり、肥沃な大地に含まれるミネラルをはじめとするさまざまな栄養素を吸収して成長します。ブラジルはアマゾン川に代表されるように、さまざまな生命力のあふれる大自然の宝庫です。そんなブラジルの地で育つ自然露地栽培のアガリクスは、有用成分も豊富に含まれています。

(ブラジル産自然露地栽培アガリクス)

一方、日本や中国で栽培されているアガリクスは、自然露地栽培ではありません。暗い暗室の中で、日光を遮断して栽培されています。大量に栽培できるので安定供給を可能にしますが、残念ながら、自然露地栽培のアガリクスの大きさの5分の1程度しか大きくなりません。当然、有用成分の量も少なくなってしまいます。

サイズの比較

(左:暗室でハウス栽培したアガリクス  右:自然露地栽培アガリクス)

ブラジル産自然露地栽培したアガリクスは、日本産ハウス栽培アガリクスに比べて、主成分のβ-グルカンは1.5倍、世界的に注目を浴びるビタミンDも豊富に含みます。

β-グルカン

ビタミンD

その他の栄養素としては、ブラジル産自然露地栽培のアガリクスは、カルシウムは26倍、銅は10倍含有し、セレン、ビタミンB群、鉄分などの栄養素もハウス栽培のものより多いこともわかっています。

アガリクスの栄養素

4.信頼できるのは、研究開発に熱心なアガリクス専門メーカー

アガリクスを含む健康食品やサプリメントは多く販売されています。しかし、アガリクス専門メーカーが製造している製品は、実は多くはありません。

そのアガリクス専門メーカーの中でも、当社の研究実績はNo.1。その証拠は、研究論文の多さを見れば一目瞭然です。2018年の1月時点で発表した国際論文は、28本。これは、アガリクスメーカーとして最多を誇ります。また、継続研究が行われていることを表す2010年以降の国際論文発表数は19本と、他社を引き離して群を抜いています。高品質なアガリクスかどうかは、熱心な研究に基づいたデータを多く持っているかどうかによって決まります。

例えば、アガリクスの主成分であるβ-グルカンは、分子量が大きいほど有用性が高いことが研究成果でわかってきましたので、できるだけ分子量の大きさを維持した製品を製造しています。しかし、市場に出回っている製品の中には、間違った考え方から人工的に低分子化した製品も多く販売されています。これでは、本来のアガリクスが持っている有用成分をあますところなく享受することができなくなってしまいます。

しっかりとした研究開発はなされているアガリクス専門メーカーの製品を選ぶこと、それは、違いが実感できる製品を購入できることにつながります。

アガリクス専用メーカーが製造したアガリクスをお勧めします

同じアガリクス製品でも、産地や栽培方法、研究開発などで、出来上がった製品の特徴は大きく変わります。とりわけ、補完代替療法のひとつとしてアガリクスの健康食品・サプリメントを選ぶ場合には、違いが実感できることがその後の人生を大きく左右します。健康を取り戻すためにも、研究結果に基づき自信を持って製造した、ブラジル産自然露地栽培のアガリクス製品を、ぜひお試しください。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー