愛犬にこそ、信頼できるアガリクスを

愛犬にこそ、信頼できるアガリクスを

犬とアガリクス

執筆者:元井章智

近年は空前のペットブームで、かわいいペットとの生活を楽しむ人が多くなっています。ペットは、生活の癒しになってくれるだけでなく、生命の大切さ教えてくれる大切な存在です。ペットの種類はさまざまですが、中でも飼い主に忠実で人懐っこい性格である犬は人気があります。

犬は活動量が多いこともあって、食欲も旺盛です。でも、食生活の乱れや寝不足などといった不規則な生活、そしてストレスや運動不足など、ちょっとしたことで体調を崩してしまうことがあります。栄養バランスの整った犬用のドッグフードだけでなく、栄養価の高いサプリメントを与えることで日々の健康を維持してあげたいものです。

犬用のサプリメントで今、注目されているのは、アガリクス入りの製品です。でも、アガリクス入りならどんな製品を与えても大丈夫、というわけではありません。今回は、家族の一員でもある大切なペットが口にしても安心で副作用のないアガリクス製品の選び方をお伝えします。

まずは製品パッケージの原材料名をチェック!

インターネットやペットショップには、アガリクス専門メーカーの製品から食品メーカーまでさまざまな会社が製造した犬用アガリクス製品が並んでいます。「犬用アガリクスならどれでも同じ、どれでも安心」、と思っていませんか。実は、「犬用アガリクス」というだけでは、大切な家族であるペットに安心して与えられる製品かどうかを見極めることはできません。

犬用アガリクス製品を手に取ってみてください。製品のパッケージに原材料名の記載がありますが、その表示には、含有量の多いものから順に記載しなければならないというルールがあります。もし、後ろの方にアガリクスの記載があったとしたら、それは製品全体の中でアガリクスの占める量が少ない、すなわちアガリクスの含有量が少ないということを意味します。粗悪な製品の中には、アガリクスがほとんど入っていないというものも見受けられますので注意しましょう。

それだけではありません。そもそも原材料名の欄にアガリクス以外の材料名の記載があることが問題なのです。例えば、米粉やビール酵母。これは製品の量を増やすことを目的としてよく使用される賦形剤と呼ばれる材料です。これらが多ければ、当然アガリクスの含有量は少なくなってしまいます。つまり、かわいい愛犬にせっかく与えてもアガリクスの有用性を実感できないという結果につながってしまいます。

また、原材料名の中に、人工添加物が含まれていないかもチェックが必要でしょう。人間の体を比べて、犬の体は小さいため、ほんの少し人工添加物が体に入っても、その影響は想像以上のものがあります。犬用アガリクスの中に、人工添加物がないことも重要な選択ポイントです。

弊社の「キングアガリクスペット100」の原材料名は「アガリクス末(ブラジル)」のみの表示しかありません。

キングアガリクスペット用

つまり、アガリクス100%でできているということを意味します。賦形剤はもちろん、人工添加物が入っている心配はまったくありませんので、大切な愛犬に安心して与えることができます。

安価な粗悪品には要注意

大切な愛犬に与えるアガリクス製品選びにおいて、さらに注意したい点があります。それは、あまりにも安価なものには粗悪品が多いということです。

安価な製品の多くには、中国産のアガリクスが使用されているケースがほとんどです。近代化が著しい中国では、PM2.5などに象徴されるような大気汚染、工場からの有害物質の排水による水質汚染や土壌汚染が問題となっています。そんな中国で栽培されたアガリクスには有害な物質が混入している可能性も否定できません。

また、中国から乾燥アガリクスとして輸出される際、カビの発生を抑えるために大量のホルマリンに漬けられることがあります。薬品が使用されたアガリクスは、悪影響を及ぼしかねないのはいうまでもありません。現実問題として、以前、中国産アガリクスを使用した製品による肝機能障害の事例が報告されたこともあります。

このように、あまりにも安価な製品には副作用を与える可能性のあるアガリクスが使用されているケースがあります。健康を考えて買い与えた製品が犬の健康を害してしまうようなことがないように、安さを優先にすることは避けるべきでしょう。

有用なペット用アガリクスを選ぶときのポイント

では、飼い主も納得、犬もうれしいペット用アガリクス製品を選ぶときには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

有用性を実感できるためのアガリクス選びには、大きく3つのポイントがあります。

1.露地栽培

1つは、「露地栽培」です。アガリクスの栽培方法は3つあります。露地栽培、ハウス栽培、タンク培養です。タンク培養は現在あまり行われておらず、製品化されている多くは露地栽培かハウス栽培のどちらかです。ハウス栽培は、日光を遮断した暗室でアガリクスを育てます。一方、露地栽培は太陽の自然光を浴びて育ちます。

どちらの方が栄養価の高いアガリクスが育つと思いますか?それはもちろん、露地栽培です。

実際に、ブラジル産自然露地栽培のアガリクスと日本産ハウス栽培のアガリクスの栄養素を比較した研究があります。その結果、自然露地栽培(ブラジル産)はハウス栽培(日本産)に比べて、アガリクスの主成分とされるβーグルカンは1.5倍、世界的に注目されている栄養素ビタミンDは約34倍。その他、日本人に不足しがちなカルシウムは約26倍、銅は約10倍の含有量が報告されています。

β-グルカン

アガリクスの栄養素

現在、アガリクスを露地栽培しているのは弊社のみです。弊社のアガリクス製品には、ブラジルで自然露地栽培をしている栄養価の高いアガリクスのみを使用しています。しかも、完全無農薬で栽培しているので、化学物質の心配もまったくないので、安心してご使用いただけます。

2.安全で高品質

アガリクス選びの2つめのポイントは、安全で高品質のもの。飼い主である人間用と同じ品質が担保されているということは、最大の安心材料といえます。

弊社のペット用アガリクス製品は、人間用のサプリメントをペット用にリニューアルしたもので、製薬会社とGMP認証を取得した人間用のサプリメント工場にて製品化しています。私自身がペット用アガリクスを飲んでいる動画を作成したこともありますし、ペット用でも妥協を許さない弊社の姿勢をご理解いただけるのではないでしょうか。

3.アガリクス100%

アガリクス製品を選ぶ際の3つ目のポイントは、「アガリクス100%」であることです。前述したように、アガリクス製品を購入の際は必ず製品の裏にある原材料名を見てみてください。賦形剤や人口添加物が入っているものは、選択しないのが賢明です。

弊社のキングアガリクス100ペット用の原材料名には「アガリクス末(ブラジル)キング・アガリクス21株使用」が表示されています。

キングアガリクスペット用

つまり、賦形剤や人工添加物の心配がまったくない、アガリクス100%の製品を意味します。アガリクスの有用性をペットの健康管理に利用したいと真剣に考える方にはおすすめできる製品です。

ブラジル産自然露地栽培アガリクス100%の製品をあなたの愛犬に

インターネット上やペットショップには、犬用のアガリクス製品が多く並んでいます。その中でも、弊社の「キングアガリクス100ペット用」は、肥沃な大地を持つ大自然の宝庫ブラジルで自然露地栽培されたアガリクスのみを使用。

キングアガリクス

(ブラジルの大自然の中、自然露地栽培されたキングアガリクス)

完全無農薬、添加物なしの製品で「ペットの毛並みにつやがなくなった」「最近、食欲が落ちている」などの心配から、ペットの免疫力を維持したいとお考えの飼い主の皆さまに多く愛用されています。

アガリクス専用メーカーだからできる、人間が飲んでも大丈夫という高品質のアガリクスを、ぜひ、かわいいあなたの愛犬の日常にも取り入れていただき、有用性を実感してください。

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー