補完代替療法で支持を集めるアガリクス。メシマコブとの違いは?

補完代替療法で支持を集めるアガリクス。メシマコブとの違いは?

選び方

執筆者:元井章智

病院での治療になかなか効果がみられなかったり、西洋医学の限界を感じたりしている、もしくは、西洋医学との併用で少しでも体力を維持して病気に打ち克つ力を養いたいと模索している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アガリクスは、病気と闘ったり、健康に対して高い意識を持ったりしている人たちを支える補完代替療法の分野で注目されています。今回は、保険診療をサポートする補完代替療法についてみていきましょう。

保険診療をサポートする補完代替療法とは

補完代替療法という言葉を聞いたことがありますか?これは、病院で一般的に行われている治療を補って行う療法のことをいいます。運動療法や心理療法のほか、マッサージ、鍼、灸、健康食品、サプリメントなどがその分野を担っています。

補完代替療法は、全米屈指の最先端医療機関であるMDアンダーソン病院、メモリアル スローン ケタリング病院などでも積極的に取り入れられ、世界でも有用性と安全性が注目されています。国際統合医療学会でも支持をされており、一般的な西洋医学をサポートできる可能性を持った療法として、病気や健康に悩みを持つ人たちの力になってきました。

補完代替療法の中でも注目のアガリクス

保険診療をサポートする補完代替療法の世界には、さまざまな健康食品やサプリメントの名前が並んでいます。

例えば、長崎県の男女群島の女島で生息していたメシマコブです。古い桑の木に寄生するキノコで人工栽培が難しく、非常に貴重なキノコといわれています。メシマコブは国立がんセンターでも研究がなされているキノコで、隣国、韓国では国家プロジェクトとしてメシマコブの培養研究が行われているなど、補完代替療法の中でも注目されています。

しかし、そのメシマコブより多くの支持を受けているのがアガリクスです。日本の厚生労働省がん研究助成金を活用して行われた調査では、病院で治療を行っている人のうち、約半数の人が補完代替医療を利用していました。そのうちの約60%の人が選んでいるのが、アガリクスなのです。

アガリクスの使用頻度

アガリクスがどうして注目を浴びているのか、アガリクス選びのポイントを含めてみていきましょう。

補完代替医療の分野で注目を浴びるアガリクス

アガリクスは、南米ブラジル原産のハラタケ科に属するキノコです。ただ、どこにでもある単なるキノコではありません。アガリクスは、ブラジル東南部、サンパウロ市郊外にあるピエダーテ地方に自生していたキノコです。

アメリカの研究チームの調査によってアガリクスの有用性が紹介されると、1990年代以降クリニックや病院などで補完代替療法として支持を集めるようになりました。注目が集まったことで栽培方法の研究も進み、一般的な栽培方法として世界各地でハウス栽培が普及しているほか、原産地ブラジルでは品質が天然に最も近い自然露地栽培も行われるようになりました。

栽培方法と産地に要注意

菌株と栽培方法

アガリクスには、いくつもの菌株があります。その菌株が土壌内の栄養を吸収して大きなキノコへと成長していくのです。アガリクスの菌株には、例えば、岩出101株、ITO-S株、KA21(キング・アガリクス21)株といったものがあります。菌株は、それぞれ個性を持っており、ハウス栽培でしか育たないものもあります。

弊社の扱うKA21(キング・アガリクス21)は、露地栽培が可能な菌株です。暗い暗室で育てられるアガリクスと違って、ブラジルの大地に降り注ぐ太陽の光を存分に吸収して育ちます。

ハウス栽培された日本産アガリクスと、太陽の光を浴びて露地栽培されたブラジル産アガリクスとを比較すると、その見た目から違いは明らかです。

サイズの比較

(左:ハウス栽培アガリクス 右:露地栽培アガリクス)

そして、アガリクスの主成分とされるβ-グルカン含有量は露地栽培では12.4g、ハウス栽培では8.2g、世界的に注目されている栄養素であるビタミンDに至っては露地栽培で69.5μg、ハウス栽培で2.9μgですから、その差は歴然です。

β-グルカンビタミンD

産地について

また、産地にも気をつけていただきたい点があります。ハウス栽培が可能となったことで、ブラジルだけでなく、日本や中国でもアガリクスの栽培が広く行われるようになりました。

日本での栽培は衛生管理も厳しく衛生面での心配はありませんが、同じ土壌で繰り返しハウス栽培を行うため、栄養価の低いアガリクスになり、土地の肥えたブラジル産との栄養価の違いは明白です。

アガリクスの栄養素

また、中国では水質汚染や土壌汚染に象徴されるように、安心して口にできるアガリクスを栽培できる環境が整っていないケースがあります。また、アガリクスの輸出の際、防カビ剤としてホルマリンを散布する場合があることもわかっています。人体への悪影響を考えると、中国産はお勧めできません。実際に、以前安価な中国産アガリクスによる肝機能障害などの健康被害も報告されています。

アガリクス専業メーカーという信頼性

弊社は、ブラジルで完全無農薬、露地栽培されたキングアガリクスのみを使用して製品化を行っているアガリクス専業メーカーです。アガリクスに関しての国際論文発表数は28本とアガリクスメーカー最多となっています。

論文数

長年の研究に裏付けされた信頼のアガリクス製品を、健康に悩みを抱える方々のご健康にお役立て頂ければ幸いです。

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー