「効果なし」の研究に惑わされず、信頼できるアガリクスを見極めましょう

「効果なし」の研究に惑わされず、信頼できるアガリクスを見極めましょう

迷う

執筆者:元井章智

毎日の健康管理に健康食品やサプリメントをお探しの方もいらっしゃると思います。健康をサポートするために有用な健康食品があれば、積極的に毎日の生活に取り入れたいものです。

現代社会はインターネットでさまざまな情報が手に入る時代。反面、それは情報過多となり、自分にとって有用な情報を見極めるのが非常に難しくなっています。

実は、健康食品やサプリメント分野で人気のアガリクスに関しても、さまざまな情報が出回っています。中には「アガリクスには効果なし」といったショッキングな見出しも目にします。

でも、本当にアガリクスには何の効果もないのでしょうか?「アガリクスには効果なし」という情報の元となった論文を引用しながら、アガリクスの有用性を再確認してみたいと思います。

アガリクスのエキス製品(低分子β-グルカン)に関しての論文が効果なしの発信源

「アガリクスには効果なし」の衝撃的な見出しの根拠になったのは、2010年に京都大学より発表された論文でした。その論文には、アガリクスをエキスにし、主成分のβ-グルカンを低分子化した製品を前立腺がんの患者が摂取したときのデータが掲載されていました。

論文のタイトルは「放射線療法後も腫瘍マーカーの上昇がみられる前立腺がん患者に対する薬用キノコのオープンラベル試験」。ここで言う「オープンラベル試験」というのは、試験を行う責任者と被験者の両者が試験で投与される医薬品について、知っている状態で行う試験のことです。

この試験は、アガリクス抽出エキス製品と霊芝を原料とする薬用キノコ2種類を、51名の前立腺がんの患者に与え、その安全性やその効果を調べることを目的として行われました。

試験の数値は、6カ月間摂取したあとの前立腺がんの腫瘍マーカー、PSA値を観察する方法で行われました。この試験の結果、被験者のPSA値には変化が確認されず、また副作用と思われる重篤な症状も見受けられなかったというものでした。

この結果を受け、「アガリクスのエキス製品と霊芝製品には有意な抗がん作用が確認されなかった」、つまり「効果はなかった」という結論が広がっていったのです。

「すべてのアガリクス製品に効果なし」というわけではない点を認識することが必要

厚生労働省の見解があります。「アガリクスは原材料や製品でかなり品質に違いがある」。この見解を軽視してはいけません。

前述の試験結果は、あくまで、アガリクスを抽出してエキス化した1製品がもたらした結果です。そして、アガリクスの主成分であるβ-グルカンを低分子化しています。このことを踏まえると、この試験結果をすべてのアガリクスに適用することは、非常に乱暴といってよいでしょう。

実は、アガリクス製品は、アガリクスの産地や栽培方法、製品化の方法によって品質に大きな差が生じます。

例えば、アガリクスは原産国ブラジルで露地栽培で育つものと、ブラジルのほか日本や中国でハウス栽培によって生育するものがあります。

ハウス栽培は暗室で育つので、ブラジルの自然光の下で育つ天然に近い露地栽培で育つものの5分の1程度の大きさにしか育ちません。

サイズの比較

(左:ハウス栽培アガリクス  右:露地栽培アガリクス)

栄養成分に関しては、アガリクス主要成分であるβ-グルカンの含有量も露地栽培12.4gに対し、ハウス栽培は8.2gしかありません。世界的に注目されている栄養素であるビタミンDの含有量にいたっては、露地栽培69.5μg、ハウス栽培は2.9μgと、その開きの大きさに驚きを隠せません。

β-グルカン

ビタミンD

ほかにも、カルシウム約26倍、銅約10倍といった含有量差の報告もあり、圧倒的に天然に近い自然露地栽培に軍配が上がっています。

アガリクスの栄養素
また、アガリクスの主要成分であるβ-グルカンについて、1990年に発表された論文に、「そのサイズが大きいままの方が有用性を実感できる」という研究発表があります。

「アガリクスには効果なし」といった論文の製品は、アガリクスをβ-グルカンを低分子化したものを使用していました。つまり、アガリクスの主要成分を人工的に小さくしてしまったことにより、β-グルカンの作用を弱めてしまっていたのです。

ただでさえ原材料や製品により品質差が大きく出てしまうアガリクスを、さらに人工的にβ-グルカンを低分子化してしまえば、当然、有用性は実感できないという結論になってしまいます。

信頼できるアガリクス専業メーカーの製品を

弊社は、アガリクス専業メーカーです。ブラジル産露地栽培のアガリクスが栄養価の高いこと、主要成分であるβ-グルカンは分子が大きいほど有用性を実感できるということ。このようなアガリクスに関して知っておかなければならない情報やデータは、社内に蓄積されています。

国際論文という形で外部にも情報発信をしており、自他共に認めるアガリクスの研究開発トップメーカーです。

論文数

アガリクスのすべてを知り尽くしているからこそ、健康をサポートするために有用性をあますところなく実感できるアガリクス製品の製造が可能なのです。

弊社はブラジルに露地栽培の契約農場があり、露地栽培のアガリクスを完全無農薬で栽培しています。

製品化にも細心の注意を払い、かさ増しのための賦形剤や人工添加物を含まない、キングアガリクス100%の製品もご提供しています。ぜひ、一度、手にとってその有用性を実感してみてください。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー