製造・販売メーカーによって含有量が大きく違うアガリクスの栄養素

製造・販売メーカーによって含有量が大きく違うアガリクスの栄養素

サプリメント

執筆者:元井章智

日々の健康維持のために、アガリクスを摂取している方はとても多くいらっしゃいます。

健康食品として、ドラッグストアやインターネットでも手軽に入手できるアガリクスは、さまざまなメーカーや企業が製造・販売しています。

数多くあるアガリクス製品の中から、自分に合う製品を見つけるのは難しいことですが、アガリクスについての知識や正確な情報を身に付けていれば、そんなに難しいことではありません。

アガリクスの栄養素は産地、栽培方法などによって特徴が異なるといわれています。アガリクスの豊富な栄養素の有用性も含めて、品質の違いなどを解説していきます。

ブラジルの大自然に自生していたアガリクスとはどんなもの?

アガリクスは、ブラジルのピエダーテ地方が原産地のキノコです。

大自然が残るブラジル国内でもこの地に自生していた貴重なキノコとされ、地元の人々は昔からは「幻のキノコ」「神のキノコ」「太陽のキノコ」などと呼ばれています。

ピエダーテ地方は、「長寿の地」としても古くから知られており、これに注目したアメリカの研究チームが現地へ足を運び調査したところ、アガリクスの有用性が発見されたといわれています。

日本国内に渡ってきたのは1965年ごろのことですが、ブラジルのような気候に恵まれない日本での主な栽培方法はハウス栽培となっています。

以後、アガリクスの研究が行われさまざまな有用性が確認されると健康食品・サプリメントとして認知度が高まりました。

アガリクスは近年、国内の一般病院で保険治療(主に西洋医学)をサポートする補完代替療法として最も注目されている健康食品・サプリメントです。

アガリクスの和名は「カワリハラタケ」や「ヒメマツタケ」で、学名は「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」、「アガリクス・ブラジリエンシス」、「アガリクス・サブルフェセンス」などとされています。

厚生労働省の助成金を活用して行った調査によると、補完代替療法として利用されている健康食品・サプリメントの中で、アガリクスが60%以上と最も多く利用されていることが分かりました。

参考までに、アガリクス以下、使用頻度の高い健康食品・サプリメントはプロポリス、AHCC、漢方薬の順でした。

アガリクスの使用頻度

アガリクスに含まれている栄養素は?

アガリクスには、タンパク質や食物繊維、ビタミン、ミネラル、タンパク質のもととなるアミノ酸などが含まれています。

その主成分となるのがβ-グルカンと世界的にも注目されている栄養素ビタミンDです。

β-グルカンはキノコ類やパン酵母などに含まれる分子量の大きな多糖類の一種です。アガリクスにはβ-グルカンの中でもβ(1-3)グルカンと、β(1-6)グルカンが多く含まれています。

しかしアガリクス製品の中には、β-グルカンを低分子化、酵素処理、細胞壁破砕などを行ってβ-グルカンの分子量を小さくしたものがあることが分かっています。

近年の京都大学のグループによる論文には、「β-グルカンを低分子化した製品に効果がなかった」とする内容が発表されています。

世界的に注目されている栄養素であるビタミンDに関しては、アメリカではカルシウムと一緒に摂ることで「5年間で161億ドル(1ドル110円換算で1兆7710億円)の医療費削減効果がある」などといわれています。

しかし残念ながら、ハウス栽培で育ったアガリクスにはさほど含まれておらず、日光をたくさん浴びて生育したアガリクスのみにだけ豊富に含まれている栄養素なのです。

産地、栽培方法で特徴が異なるアガリクスの栄養素

アガリクスが本来持つ、素晴らしい特徴を説明してきましたが、これらアガリクスパワーを実際に体感できる製品というのはほんのわずかしか市場には流通していません。

国内で販売しているアガリクス製品のほとんどは、日本産、ブラジル産、中国産、韓国産などです。

それらの大部分がハウス栽培のアガリクスを原料にした製品であることは間違いありません。

天然のアガリクスに最も近いとされるブラジル産自然露地栽培ものは、弊社のブラジル農場で生育されたアガリクス以外にはほとんど確認されていません。

自然露地栽培で育ったアガリクスは、ブラジルの大自然の恵を吸収して大きく立派に成長するだけでなく、栄養成分にいたってもハウス栽培とは大きな差があります。

サイズの比較

(左:ハウス栽培アガリクス  右:露地栽培アガリクス)

弊社のブラジル農場で完全無農薬の自然露地栽培されたアガリクスを原料にした「キング・アガリクス」と、日本産ハウス栽培アガリクスの栄養素を比較したデータによると、アガリクスの主成分であるβグルカンは約1.5倍、世界的に注目されているビタミンDが約34倍など、ケタ違いの結果です。

β-グルカン

アガリクスの栄養素

製品によって異なるアガリクスの安全性、各メーカーの研究データが実証

アガリクスの安全性は、各メーカーの研究開発や国際論文発表によるもので、製品ごとに異なるのが実情です。

過去には中国産の品質の低いアガリクス製品を摂取したことによって、肝機能障害を起こしたという事例も報告されています。

弊社のブラジル農場で自然露地栽培されたアガリクスに関しては、順天堂大学医学部、東京薬科大学のグループの論文発表により、健康な人が通常の3〜6倍量(9g)を6カ月間摂取したところ、肝機能障害や腎機能障害がなく副作用(有害事象)もないという安全性が確認されています。

摂取にあたってご注意いただきたいのが、まれに食物アルルギー(キノコアレルギー)を引き起こす方がいます。

症状はじんましんや皮膚のかゆみ、のどの痛み、息苦しさなどがありますが時間の経過とともにおさまっていくケースがほとんどです。

しかし、稀に重篤な症状が表れるアナフィラキシーを引き起こす方がいらっしゃいます。

キノコアレルギーの方は、アガリクス製品が体質に合わないと考えられるため摂取を控えたほうがよいでしょう。

またアガリクスには食物繊維が豊富に含まれているため、お腹がゆるくなることがあります。

その場合は摂取量を半分にして様子をみながら徐々に増やしていくことをおすすめします。

お腹の不調は飲み続けていくうちに、次第におさまってくることがほとんどですので、安心して続けてみてください。

信頼できる研究データは、品質の良い製品を見極めるポイント

先にも説明しましたが、アガリクスの主成分であるβ-グルカンの分子量を小さくして製品化しているメーカーがあります。

そのため、アガリクス本来が持つパワーを実感できないという製品が多々あるのです。

品質の良い製品を見極めるためには、製造・販売するメーカーがその製品を裏付けるデータを持っているかが重要なポイントになってきます。

弊社はアガリクス専門メーカーとしてこれまでに28本の国際論文を発表してきました。これは数あるアガリクスメーカーの中でも最も多い件数です。

論文数

アガリクス本来の栄養素を摂取して、健康な毎日を

アガリクス本来の栄養素が含まれる品質の良い製品を選ぶためには、産地、栽培方法、そして信頼できるデータを持っているアガリクス専門メーカーであることを確認することが重要です。

弊社の「キング・アガリクス」は、ブラジル産、無農薬自然露地栽培のアガリクスを100%原料とした希少な製品です。

アガリクス専門メーカー研究実績トップの弊社の製品で、アガリクスのパワーをぜひ体感してください。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー