研究実績トップの専門メーカーが、高品質アガリクス製品を選ぶポイントを説明

研究実績トップの専門メーカーが、高品質アガリクス製品を選ぶポイントを説明

研究

執筆者:元井章智

慶應義塾大学SFC研究所所員

東京薬科大学免疫学教室

日頃の健康維持のために、性別を問わず幅広い年齢層の方たちが多様な用途で愛用しているアガリクス。補完代替医療の分野で、最も高い支持を受けているサプリメント・健康食品でもあります。

現在、アガリクス専門のメーカー以外にもさまざまな企業が製造・販売をしています。しかし各メーカーが製品化する際の菌株や原材料、製造方法などによって、同じアガリクス製品であっても、品質や栄養成分の含有量には大きな違いが出てくるのです。

実際に、国立健康・栄養研究所のデータベース「健康食品の安全性・有効性情報」には、「アガリクスは、菌株、栽培条件、産地により、その特性や含有成分が異なる」と明記されていますし、厚生労働省からはアガリクスは「原材料や製品でかなり品質に差異がある」と注意喚起されています。

また、品質の良い製品を選ぶ上で産地、栽培方法の他にも注目していただきたいのが、各メーカーの研究開発力です。継続した研究によるエビデンスデータをもとに、国際論文がどれだけ発表されているのかはとても重要なポイントです。

弊社はアガリクス専門メーカーの中でもトップの研究実績数と国際論文発表数を誇っています。家族の健康のために毎日摂取する健康食品・サプリメントだからこそ、高品質のアガリクス製品を選びたいものです。このコラムでは高品質のアガリクスを選ぶポイントを解説していきます。

南米ブラジルに自生していた「太陽のキノコ」

アガリクスは近年、日々の健康維持のために家庭で摂取する健康食品というだけではなく、一般病院で行われる保険治療をサポートする補完代替療法の分野でも大変注目されている健康食品・サプリメントです。

和名では「カワリハラタケ」「ヒメマツタケ」などと呼ばれ、学名は「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」、「アガリクス・サブルフェセンス」、「アガリクス・ブラジリエンシス」などされています。

アガリクスの原産地は、中南米ブラジルのサンパウロ郊外、ピエダーテ地方です。世界最大の熱帯雨林や、アマゾン川など大自然が多く残るブラジルであっても、非常に珍しい希少なキノコで、地元では「神のキノコ」「太陽のキノコ」などと呼ばれています。

キングアガリクス

(太陽の下で生えているアガリクス「太陽のキノコ」)

アメリカの研究チームによりアガリクスが発見され、その有用性が注目されると、1965年ごろには日本でも栽培されるようになりました。ちなみに、ブラジルのような気候や肥えた土壌といった環境にない日本では、ハウス栽培が行われるようになります。

その後、さまざまな研究がなされ、アガリクスが人に与えるさまざまな有用性が確認されました。そして、1990年代に入ると、健康を求める多くの人に健康食品・サプリメントとしてアガリクス製品が広く知られるようになったのです。

一般的な病院やクリニックで行われる保険診療(主に西洋医学)をサポートする補完代替療法の分野で利用されるようになったのは90年代中ごろです。

昨今、厚生労働省の助成金を活用して行った調査によれば、補完代替療法として利用されている健康食品・サプリメントの中で、アガリクスが60%以上と最も多くの方が利用していることが分かりました。アガリクス以下は、プロポリス28.8%、AHCC8.4%、漢方薬7.1%となっています。

補完代替医療

また、海外でもアガリクスは「5つのメジャーなキノコ(=Five Major Mushroom)」の一つとして広く補完代替医療の分野で利用されています。

(その他は、霊芝、冬虫夏草、カワラタケ、マイタケ。最近、名前を聞くようになったフコイダンやブロッコリー抽出成分などは、データが非常に少なく安全性・有効性が確立されていないため、海外などではほとんど利用されていません。)

引用論文:Intergr Med (Encinitas)2014 Feb; 13(1): 32–44.

そして、このアガリクスは冒頭でもご紹介しましたが、国立健康・栄養研究所のデータベース「健康食品の安全性・有効性情報」には、「アガリクスは、菌株、栽培条件、産地により、その特性や含有成分が異なる」と明記され、厚生労働省からは「原材料や製品でかなり品質に差異がある」と注意喚起されています。

それでは、これからは菌株、産地、栽培方法によるアガリクスの違いを解説していきます。

露地栽培が可能な菌株は「キング・アガリクス21=KA21株」

まずは菌株です。アガリクスはキノコの一種になるため真菌類に分類されます。乳酸菌やビフィズス菌などと同じように、アガリクスも菌株によって性質が異なります。

キングアガリクス

(アガリクスの菌糸の顕微子写真)

アガリクスの代表的な菌株は、キング・アガリクス21=KA21株をはじめ、岩出101株、ITO-S株などです。

弊社の製品「キングアガリクス」の菌株である、キング・アガリクス21=KA21株は、日光の下でも生育する強い菌株を何世代にも渡って選別してきており、栽培が最も困難といわれる露地栽培が可能な菌株です。

菌糸体

(露地栽培が可能な生命力の強いキング・アガリクス21=KA21株)

また、弊社、東栄新薬株式会社による「キング・アガリクス21=KA21株」に関する研究は、アガリクスの菌株の中で最多の研究実績を誇っています。

東京薬科大学免疫学教室、東京大学食の安全研究センター、慶應義塾大学医学部、順天堂大学医学部、麻布大学医学部などの先端学術機関との20年以上もの研究実績があります。キング・アガリクス21株に関する国内・国際学会発表は多数、国際論文数も28本となっています。

東栄新薬株式会社の共同研究機関

東京大学食の安全研究センター

慶應義塾大学SFC研究所

東京薬科大学免疫学教室

麻布大学獣医学部

順天堂大学医学部

近畿大学医学部

名古屋市立大学大学院

国立長寿医療研究センター

東京薬科大学

(20年以上、キング・アガリクス21=KA21株の共同研究を行っている東京薬科大学免疫学教室。キノコ研究では世界的に権威ある研究室)

キング・アガリクス21=KA21株に関するの主な学会発表実績

国内学会:

日本薬学会では、東京薬科大学と共同で21年間連続で発表(2019~1999)

日本薬学会

(2019年日本薬学会での発表の様子

左:東京薬科大学免疫学教室 田島克哉先生

中央:東京薬科大学免疫学教室 大野尚仁教授

右:東栄新薬株式会社会長 元井益郎)

その他の国内学会発表実績:

日本獣医がん学会(2019)、日本動物臨床医学会(2018)、日本獣医学会(2018、2015)、日本生体防御学会(2017)、日本医真菌学会(2016)、日本細菌学会(2013)、日本統合医療学会(2013)、日本食品免疫学会(2013)、日本予防医学会(2013)他多数

国際学会発表実績:

国際薬用キノコ学会(2017,2015,2013)

国際薬用キノコ学会

(2017年国際薬用キノコ学会での発表の様子

東京薬科大学免疫学教室 山中大輔先生)

その他の国際学会での発表実績:

国際免疫学会(2016)、欧州免疫学会(2015)、The 14th International Congress of Immunology(2010)、The 9th International Mycological Congress(2010)、International Conference on Early Disease Detection and Prevention(2010)他多数

論文数

弊社、東栄新薬株式会社のキング・アガリクス21=KA21株に関する国際論文発表数は、アガリクスメーカー最多となる28本。国内はもちろん、海外からの注目を浴びています。研究による科学的裏付けが実証された製品は、何よりの信頼の証と言えると思います。

天然に近い、ブラジル産露地栽培アガリクス

次に栽培方法、産地の違いを説明していきます。

アガリクスの栽培方法

アガリクスの主な栽培方法は、露地栽培とハウス栽培があり、国内で流通するアガリクス製品の大部分がハウス栽培によるアガリクスを原料にして製造されています。

ハウス栽培は、日光を一切遮断した小屋で生育させます。天候に左右されず年中栽培が可能なため収穫量は一定で、市場にも安価で流通することができます。

ハウス栽培

(日光を遮った暗い場所で行われるハウス栽培)

ハウス栽培

(ハウス栽培されたアガリクス)

一方、天然のアガリクスに近いといわれるのが、ブラジル産露地栽培のアガリクスです。その方法で栽培するのは現在、弊社のブラジル農場以外にはほとんどありません。

農場

(ブラジルの露地栽培農場)

ブラジル産露地栽培は、自然の環境下で栽培するため大変難しく、また天候の状況によっては収穫量に大きな影響が出てしまうので、一般市場でも希少価値のあるアガリクスといわれています。

キングアガリクス

(希少価値のあるブラジル産露地栽培アガリクス)

【動画】キングアガリクスがどのように露地栽培されているかなど、詳しくはこちらの動画をご覧ください↓

ハウス栽培と露地栽培の違い

ハウス栽培と露地栽培では、収穫したアガリクスの見ためから格段の差があります。ハウス栽培で生育したものはサイズが小さくて小ぶりですが、ブラジル産露地栽培ものは、大きく太く立派なアガリクスに成長します。

サイズの比較

(左:ハウス栽培アガリクス  右:露地栽培アガリクス)

もちろん栄養成分にいたってもハウス栽培とは大きな差があります。弊社のブラジル農場で完全無農薬の露地栽培されたアガリクスを原料にした「キングアガリクス」と、日本産ハウス栽培アガリクスの栄養素を比較したデータがあります。

それによると、アガリクスの主成分であるβグルカンは約1.5倍、世界的に注目されているビタミンDが約34倍という違いがありました。

β-グルカン

ビタミンD

【動画】露地栽培したキングアガリクスと一般的なハウス栽培との比較は、こちらの動画をご覧ください↓

アガリクスの産地

アガリクスはキノコの一種なので、地中の豊富な栄養素を吸収して生育します。そのため土壌はアガリクスの成長に大きく影響します。

現在、国内で販売されているアガリクス製品の生産地は、日本、ブラジル、中国や韓国が主流です。

安価なアガリクス製品は中国産が多い

アガリクス製品は、1か月分が20,000円~40,000円のものが多い中、1か月分が5,000円以下といったような安価なものがあります。この安価なアガリクス製品の多くは中国産です。

中国産アガリクスの問題点としては、過去に粗悪なアガリクス製品によって、肝機能障害(劇症肝炎)が起こったという報告があります。

近年の中国は、近代化にともなうPM2.5の大気汚染が国際的も問題視されています。さらには工場廃水による水質汚染、土壌汚染など、農作物を栽培する上で良い環境が整っているとはいえません。

中国

(大気汚染が問題視されている中国

写真は日中に撮影したものですがPM2.5による大気汚染で薄暗い)

また中国から乾燥キノコを輸出する際には、カビの繁殖を抑えるために大量のホルマリンを用いるケースもあります。

日本産と原産地ブラジル産の違い

日本産とブラジル産で大きな違いとなるのが、土壌に含まれる栄養価です。日本産は、安全性は非常に高いのが特徴です。しかし、地中の栄養素をたっぷりと吸収して育つアガリクスを繰り返し同じ場所で栽培すると、アガリクスに含まれる栄養価は徐々に低くなってきています。

一方のアガリクスの原産地ブラジルは、手つかずの大自然が残っており土壌は非常に肥えています。さらに弊社のキングアガリクスは常に栄養価の高いアガリクスをお届けするために、一度栽培を行った場所では、二度は栽培を行わず、常に新しい農地を開墾して栽培を行っています。

ブラジルの赤土

(鉄分などの栄養価を多く含むブラジル特有の赤土 2019年3月ブラジル訪問時の写真)

ブラジルの大自然

(手つかずの大自然が残るブラジルの大地)

【動画】ドローンで撮影したブラジルの農場周辺の様子↓

私たちの農場周辺には工場などは一切なく、酸性雨などの影響もまったくない手つかずの大自然が広がっています。

繰り返し同じ土地で栽培を行う日本産と、土壌が肥えた大自然の中で常に新しい農地を開墾して栽培されたブラジル産アガリクスの栄養成分を比較すると、その差は歴然としています。

アガリクスの栄養素

ブラジル産のキングアガリクスは、日本産のアガリクスと比べると、カルシウムは26倍、銅は10倍、その他、セレンや鉄分を豊富に含みます。

健康な人を対象にアガリクスの安全性を確認

アガリクスの有用性や安全性は、各メーカーの製品によって異なります。サプリメントや健康食品は口に入るものですので、製造・販売するメーカーの責任で安全性や有用性をしっかりと確認するべきだと思います。

実際に、弊社のブラジル農場で露地栽培されたキングアガリクスは、健康な人が通常の3〜6倍量(9g)を6カ月間摂取したところ、肝機能や腎機能への影響がなく副作用(有害事象)もないという安全性が確認されています。この研究データは、順天堂大学医学部、東京薬科大学のグループが論文発表しています。

引用論文:Evid Based Complement Alternat Med,5,205-219(2008)

しかし、このような試験はすべてのメーカーや企業が行っているものではなく、残念ながら有用性や安全性に関するデータを1つも持たないメーカーも多く実在します。

そのため、アガリクスの製品の中には、アガリクスの主成分が減ってしまうようなエキス化した製品や、アガリクスの主成分であるβ-グルカンを低分子化した製品がありますので、アガリクス選びの際には研究実績も必ず確認するようにしてください。

*エキス化による主成分減少の引用論文:Biol.pharm.Bull.24(7)820-828(2001)

*エキス化製品に効果がなかったとする論文:Int J Urol. 2010 Jun;17(6):548-54

*β-グルカンの低分子化による作用減弱:Chem. Pharm. Bull 38(2)477-481(1990)

繰り返しになりますが、弊社、東栄新薬株式会社のキング・アガリクス21=KA21株に関する国際論文発表数は、アガリクスメーカー最多となる28本です。研究による科学的裏付けが実証された製品は、何よりの信頼の証と言えると思います。

産地や栽培方法の違いで、その品質にも差が出てくることを覚えておきましょう

品質の良いアガリクスであるかを判断するには、信頼できるデータを持っている専門メーカーであることを確認することが最も大切です。

そして、産地はブラジル産、栽培方法は露地栽培、菌株はキング・アガリクス21=KA21株と覚えておき、有用性の高い製品を選ぶようにしましょう。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

PS.

私たちのキングアガリクスに人工添加物を一切加えず、キングアガリクス100%で製品化した製品が【キングアガリクス100】です。

現在、人間用、ペット用の2製品があり、それぞれ以下のサイトでご購入頂けます。

キングアガリクス100

【キングアガリクス100(人間用)】

現在、10,800円相当の12袋セットを毎月先着順(初回限定)で3,000円で販売してます

キングアガリクス100(人間用)12袋セットのご購入はこちらをクリック

キングアガリクス100ペット用

【キングアガリクス100ペット用】

キングアガリクス100ペット用のご購入はこちらをクリック

本サイト掲載情報の元となったアガリクス・キングアガリクスに関する研究施設

●東栄新薬株式会社
アガリクスの専門メーカーとして、ブラジルで露地栽培したキングアガリクスの研究開発を行っています。キングアガリクスの研究開発を20年以上行っており、アガリクスメーカー最多となる28本の国際論文を発表しています。

日本獣医皮膚科学会賛助会員、比較統合医療学会賛助会員、日本獣医がん学会、公益財団法人 日本愛護協会会員

主な学会発表実績:日本薬学会(1996~2018)、国際薬用キノコ学会(2003、2013、2015、2017)、欧州免疫学会(2015)、国際免疫学会(2016)、日本生体防御学会(2017)、日本獣医学会(2017)、国際微生物学連合(2017)、日本動物臨床医学会(2018)、日本獣医がん学会(2019)

東京薬科大学免疫学教室
キノコ研究では世界的に権威ある研究室
アガリクス・キングアガリクスに関する研究を20年以上行い、これまでに24本の国際論文を発表
安全性試験の他、アガリクスの主成分であるβ-グルカンに対する研究を実施
本サイト掲載情報執筆の際に引用した主な論文
N.Ohno et al.,Biol Pharm Bull,24,820-828(2001)

東京大学食の安全研究センター
キングアガリクスが自律神経にどのような影響を与えるかを研究
本サイト掲載情報執筆の際に引用した論文
Tubone H, at el. Journal of Medicinal Food 17 (3) 295-301 (2014)

慶應義塾大学SFC研究所
キングアガリクスが生体にどのような影響を与えるかを研究

●順天堂大学医学部
キングアガリクスの安全性などに対するヒト臨床試験を実施
本サイト掲載情報執筆の際に引用した論文
Y.Liu et al.,Evid Based Complement Alternat Med,5,205-219(2008)

●近畿大学医学部
キングアガリクスが代謝・内分泌にどのような影響を与えるかを研究
本サイト掲載情報執筆の際に引用した論文
Atusoko, N. et al. Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition(Advance Publication 2011)

麻布大学獣医学部
キングアガリクスがウィルスにどのような影響を与えるかを研究
本サイト掲載情報執筆の際に引用した論文
Nao, E. et al. Biocontrol Science, 2017, Vol.22, No.3, 171-174

国立長寿医療研究センター
キングアガリクスの寿命に与える影響を研究

●その他の参照情報

国立健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報

がんの補完代替医療ガイドブック

編集:厚生労働省がん研究助成金「がんの代替療法の科学的検証と臨床応用に関する研究」班

監修:日本補完代替医療学会

本サイトに引用した主な論文
ホームページ内のアガリクスに関する情報は、自社発表論文(番号を赤字で記載)を含め以下の公開論文の内容を元に執筆しています。

1) S.P.Wasser et al.,Int J Med Mushrooms,4,267-290(2002)
2) RW.Kerrigan et al.,Mycologia,97,12-24(2005)
3) K.Wisitrassameewong et al.,Saudi J Biol Sci,19,131-146(2012)
4) Y.Liu et al.,Evid Based Complement Alternat Med,5,205-219(2008)
5) N.Ohno et al.,Pharm Pharmacol Lett,11,87-90(2001)
6) S.Hashimoto et al.,Int J Med Mushrooms,8,329-341(2006)
7) N.Ohno et al.,Biol Pharm Bull,24,820-828(2001)
8) D.Yamanaka et al.,BMC Complement Altern Med,14,454(2014)
9) D.Yamanaka et al.,Immunopharmacol Immunotoxicol,34,561-570(2012)
10) D.Yamanaka et al.,Int Immunopharmacol,14,311-319(2012)
11) N.Ohno et al.,Carbohydr Res,316,161-172(1999)
12) M. Motoi et al.,Int J Med Mushrooms,17,799-817(2015)
13) I. Hyodo et al., J Clin Oncol 2005; 23: 2645-54.
14) 国立健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報
15)Y.Adachi et al., Chem. Pharm. Bull 38(2)477-481(1990)
16) K. Yoshimura et al., Int J Urol. 2010 Jun;17(6):548-54
17) 山中大輔, 元井章智他: βグルカンの基礎研究と応用・利用の動向,10,216-226,シーエムシー出版,東京(2018)