菌株、栽培条件、産地の違いで品質が異なるアガリクス製品

菌株、栽培条件、産地の違いで品質が異なるアガリクス製品

種類

執筆者:元井章智

「毎日元気に過ごすために」「病気にならない丈夫な体をつくるために」など、さまざまな期待を持ってアガリクスを飲まれている方も多くいらっしゃると思います。

近年はドラッグストアやインターネット通販で、手軽に購入できるアガリクス製品。さまざまなメーカーや企業が製造・販売していますが、アガリクス製品といってもひとくくりにはできないのが実情で、菌株や栽培条件、産地によって、特徴や有用成分が異なります。

このコラムでは、数多くある種類の中から、信頼できるアガリクス製品を選ぶための重要なポイントを説明していきます。

菌株、栽培条件、産地によって特性や含有成分が異なるアガリクス

アガリクス製品は菌株、産地、栽培方法などによって、特徴が異なり、品質に差があるのをご存知でしょうか。

国立健康・栄養研究所のデータベース「健康食品」の安全性・有効性情報 https://hfnet.nibiohn.go.jp/ では、アガリクスは「菌株、栽培条件、産地により、その特性や含有成分が異なる」と明記しています。また厚生労働省は「原材料や製品でかなり品質に差異がある」としています。

現在、国内に流通するアガリクス製品の種類は、日本産、ブラジル産、中国産、韓国産などがあります。その大部分の製品は、ハウス栽培によるアガリクスを原料としたものです。ハウス栽培は日光を一切遮断したジメジメとした小屋の中で栽培する方法です。

その他に、自然の環境のなかで栽培する露地栽培という栽培方法もあります。日本から遠く離れたブラジルで、この露地栽培を行っているのが弊社です。ブラジル産露地栽培により収穫したアガリクスは、「天然に近いアガリクス」と高い評価を得ています。

補完代替療法として最も多く利用されている健康食品・サプリメント

健康食品・サプリメントの分野で最も注目されているアガリクス。和名を「カワリハラタケ」「ヒメマツタケ」などと呼びます。学名は「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」、「アガリクス・サブルフェセンス」、「アガリクス・ブラジリエンシス」などと呼ばれています。

もともとアガリクスは、ブラジルのピエダーテ地方に自生ていた貴重なキノコの一種です。地元では「幻のキノコ」「神のキノコ」「太陽のキノコ」などと呼ばれとても大切にされてきました。

ブラジルから日本に入ってきたのは1965年ごろです。日本では、人工的なハウス栽培が行われるようになりました。アガリクスの研究も盛んに行われ多くの有用性が確認されると、健康食品・サプリメントとして広く知られることとなりました。

近年は、国内の一般病院で保険治療(主に西洋医学)をサポートする補完代替療法として多くの方に利用されています。

補完代替療法として利用されている健康食品・サプリメントにはさまざまな種類がありますが、厚生労働省の調査によると、アガリクスの占める割合が60%以上と最も多いことが分かりました。アガリクス以下は、プロポリス28.8%、AHCC7.4%、漢方薬7.1%という順になっています。

アガリクスの使用頻度

栄養素の含有量にも大きな差違があるハウス栽培と露地栽培

アガリクスの主な栽培方法は主にハウス栽培と露地栽培があり、栽培方法の違いによって、見た目から品質まで驚くほどの違いが生じます。

日光を浴びずにジメジメとした小屋の中で生育されたハウス栽培のアガリクスは、アガリクス本来の大きさには育ちません。

ハウス栽培

(日光を遮った人工的な環境で行われるハウス栽培)

ハウス栽培

(ハウス栽培アガリクス)

一方、ブラジルの大自然の下で露地栽培されたアガリクスは、背丈も太さもハウス栽培の5倍以上もある立派な姿に生育します。傘は肉厚で人の顔ほどの大きさです。手のひらに乗せると、栄養がたっぷりとつまっているのが分かるほどずっしりとした重みがあります。

農場

(太陽の下で行われる露地栽培)

キングアガリクス

(過酷な自然環境を生き抜いた露地栽培アガリクス)

キングアガリクス

(私、元井章智がブラジルの農場に行った時の写真 ズシっとした重みがあります)

サイズの比較

(左:ハウス栽培アガリクス  右:露地栽培アガリクス)

実際、栄養素の含有量にも大きな差があるのが分かっています。弊社のブラジル産露地栽培アガリクス=「キングアガリクス」と、日本産ハウス栽培アガリクスの栄養成分を比較したデータがあります。

それによると、アガリクスの主成分であるβグルカンは約1.5倍、世界的に注目されている栄養素であるビタミンDが約34倍、カルシウムが約26倍、銅は約10倍というケタ違いの数値でした。

β-グルカン

ビタミンD

アガリクスの栄養素

*アガリクスの露地栽培は弊社ブラジル農場以外ではほとんど行われていません。

長期間摂取しても、副作用がないことを実証

弊社では、実際に健康な人に飲んでいただき安全性・有用性を確認する臨床試験も行っています。

弊社のブラジル農場で露地栽培されたキングアガリクスは、健康な人が通常の3〜6倍量(9g)を6カ月間摂取したところ、肝機能や腎機能への影響がなく副作用(有害事象)もないという安全性が確認されました。この研究データは、順天堂大学医学部、東京薬科大学のグループが論文発表しています。

このように、しっかりとした研究機関が安全性を発表している点からも、安心して摂取できる製品ということがいえるのではないでしょうか。

アガリクス専門メーカーで最多の研究実績、キング・アガリクス21=KA21株

アガリクス製品を製造・販売する各メーカーや企業は、菌株の研究開発を行っていますが、その成果は国際論文として発表しています。アガリクスの代表的な菌株は、岩出101株、ITO-S株、弊社の製品「キングアガリクス」に使用しているキング・アガリクス21=KA21株です。

キング・アガリクス21=KA21株は、日光の下でも生育する強い菌株を何世代にも渡って選別してきているため、栽培が最も困難とされる露地栽培にも耐えられる菌株です。

さらに、アガリクスの菌株の中で最も研究実績があるのも、国際論文数が28本のキング・アガリクス21=KA21株で、アガリクスの専門メーカーでは最多数を誇ります。

論文数

弊社は、東京薬科大学免疫学教室、東京大学食の安全研究センター、慶應義塾大学医学部、順天堂大学医学部、麻布大学医学部などの先端学術機関と20年以上もの研究実績があります。

有用性の高いアガリクス製品で健康な日々を

アガリクスは産地、栽培方法、菌株によって、製品の特徴も品質もまったく変わってきます。

さまざまな種類の中から良い製品を選ぶ際には、ブラジル産、露地栽培、そして安全性や有用性に関する研究開発の実績がある専門メーカーであることを確認することをおすすめします。

ぜひ有用性の高いアガリクス製品を摂取して、健康な日々をお過ごしください。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー