国産(日本産)アガリクスは栄養価が落ちているのでブラジル産がおすすめ

日本産(国産)アガリクスは栄養価が落ちているのでブラジル産がおすすめ

ブラジルの大自然

執筆者:元井章智

食品だけでなく、家電であっても衣類であっても、日本産(国産)の製品は品質や安全性に優れているということは広く認められています。特に食の安全基準については世界で最も厳しい国とさえ言われており、農薬の使用基準や土壌や水質など農産物の栽培環境には徹底した安全対策がとられています。

健康食品・サプリメントの分野で最も注目されているアガリクス製品も日本で栽培されたものを原料にさまざまなメーカーが製造、販売しています。国産アガリクス製品の品質の安全性はもちろん心配ありません。

しかし健康食品・サプリメントとして、アガリクスに含まれる栄養価の数値は、ブラジル産とくらべて違いがあります。ここでは、アガリクスの生産地による違いについて解説していきます。

国産アガリクスはハウス栽培が原料

日本に流通しているアガリクス製品の主な産地は、日本、ブラジル、中国、韓国です。それら製品のほとんどは、ハウス栽培によるアガリクスを原料に製品化しています。

アガリクスは元々、ブラジルのピエダーテ地方に自生していた貴重なキノコです。原住民の間でも、「幻のキノコ」「神のキノコ」「太陽のキノコ」などと呼ばれており、今でも希少なキノコとして大切にされています。

ブラジルは熱帯雨林や、500万種類以上もの生物が生息するといわれているアマゾン川を有する地。そしてアガリクスが自生するピエダーテ地方は、日中は30度以上、夜は20〜25度という温暖な気候にあります。

アガリクスはキノコの一種なので、地中の豊富な栄養素を吸収して成長します。土壌の影響を大きく受けるアガリクスは、手付かずの大自然が残るブラジルの肥えた土壌、そして温暖な気候と定期的な降雨などの条件がそろっていることが必要です。しかし自然の環境下で露地栽培するのは大変難しいといわれており、天候によって収穫量に影響が出てしまうのが実情です。

一方のハウス栽培は、日光を一切遮断した小屋の中で、天候に左右されず栽培することが可能です。

ハウス栽培

(日光を遮った人工的環境で行われるハウス栽培)

そのため収穫量も安定しており大量生産が可能なため、安価で市場に出回っています。しかし収穫したアガリクスの見た目や栄養価の数値には大きな差があることが分かっています。

ハウス栽培

(ハウス栽培したアガリクス)

国産ハウス栽培とサイズも栄養価もケタ違いに上回る、ブラジル産露地栽培によるアガリクス

栽培が困難とされるアガリクスの露地栽培を行っているのは、弊社のブラジル農場以外にほとんどありません。弊社では、アガリクスを栽培した土地を再利用せず、常に新しい土地を開墾し、完全無農薬で栽培しています。

農場

(ブラジルの露地栽培農場)

キングアガリクス

(露地栽培されたアガリクス)

露地栽培によるアガリクスは大きく太く成長し、そのサイズはハウス栽培のアガリクスと比べても5倍以上です。

サイズの比較

(左:ハウス栽培アガリクス  右:露地栽培アガリクス)

また、栄養成分の含有量も大きく違います。ブラジルで露地栽培された弊社の「キングアガリクス」と、日本でハウス栽培されたアガリクスの栄養素を比較したところ、アガリクスの主成分であるβグルカンは約1.5倍、世界的に注目されているビタミンDが約34倍、その他、日本人に不足しがちなカルシウム、銅、鉄分などの栄養素を豊富に含んでいることが分かりました。

β-グルカン

ビタミンD

アガリクスの栄養素

さまざまな研究を通して、製品の安全性を確保する専門メーカー

弊社では、新しく開墾した土壌の安全性を確認した後に、完全無農薬でアガリクスを栽培しています。

残留農薬

(残留農薬試験結果 420項目全てで残留農薬は検出されませんでした)

収穫したアガリクスは乾燥した状態でブラジルから日本に空輸して、日本国内の製薬会社で製品化。残留農薬検査、重金属検査など品質の安全性確認はもちろんのこと、実際に人が飲んだ安全性に関する研究も行っており、健康な人が通常の3〜6倍量(9g)を6カ月間摂取したところ「肝機能や腎機能への影響はなく副作用(有害事象)もなかった」という論文が順天堂大学医学部、東京薬科大学のグループから発表されています。

これら安全性や有用性についての研究データの実績は、各メーカーによって大きく異なります。弊社はアガリクス専門メーカーの中でもトップクラスの研究実績を誇り、これまで発表した国際論文数は28本と群を抜いています。

論文数

東京薬科大学免疫学教室、東京大学食の安全研究センター、慶應義塾大学医学部、順天堂大学医学部、麻布大学医学部などの先端学術機関と20年以上続けてきた研究は、製品の信頼できる裏付けデータとなるのです。

弊社の製品で、アガリクス本来のパワーを

国産のアガリクスを使った製品は安全性については保証されていますが、栄養素に関しては原産地ブラジル産より劣ってしまいます。ブラジルで露地栽培されたアガリクスは、安全面も栄養成分に関しても信用性の高い製品です。ぜひ弊社の「キングアガリクス」を飲んでいただき、本来のアガリクスのパワーを体感してください。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー