厚生労働省も注意喚起する、アガリクス製品の品質の差とは

厚生労働省も注意喚起する、アガリクス製品の品質の差とは

厚生労働省

執筆者:元井章智

日々の健康生活には欠かせないアガリクス。元気な体づくりのために、アガリクスは子どもからお年寄りまで多くの方が愛用しています。さらには補完代替医療の分野で最も支持を受けているサプリメント・健康食品でもあります。

今や全国のドラッグストアや、インターネットショップでも手軽に購入できるアガリクス製品ですが、日本国内外のさまざまな企業やメーカーが製造・販売しており、製品ごとに大きく特徴が異なるということをご存知でしょうか。

過去には、中国産の粗悪なアガリクス製品を摂取したことによって、肝機能障害を発症してしまった方がいるという事実も報告されています。また、厚生労働省は、アガリクス製品は「原材料や製品でかなり品質に差異がある」として注意喚起しています。

品質の良いアガリクスを選ぶためにも、正確な情報を得ることはとても大切なことです。ここでは、高品質なアガリクス製品について解説していきましょう。

補完代替医療の分野で最も支持を受けているサプリメント・健康食品

アガリクスの原産地は、ブラジルのピエダーテ地方です。ブラジル国内でもアガリクスが自生していたのはこの地だけといわれており、現地の人々は昔から「幻のキノコ」「神のキノコ」「太陽のキノコ」などと呼び大切にしてきたそうです。

アガリクスの有用性が発見されたのは、1960年代ごろです。このピエダーテ地方は「長寿の地」「健康の地」として昔から広く知られており、それに着目したアメリカの研究チームが現地に入って調査、研究していたこところアガリクスを見つけたといわれています。

遠いブラジルから、日本へアガリクスが渡ったのは1965年ごろとされています。世界最大の熱帯雨林アマゾンがあるブラジルのような非常に肥えた土壌や、強い日差し、澄んだ空気や水といった自然に恵まれた環境が整っていない日本では、人工的なハウス栽培が行われるようになりました。

世界各国でもアガリクスが健康食品として注目されはじめると、海外の学者たちによるアガリクスが人に与える影響についての研究が行われました。

さまざまな有用性が確認され、多くの人の関心がアガリクスに集まる中、1990年代に入ると日本国内では病院の保険診療で行われる治療を補う補完代替療法として着目され、健康食品、サプリメントとして一般の人たちにも親しまれてきました。

希少価値のあるブラジル産露地栽培「キングアガリクス」

アガリクスは日本をはじめ、世界各国で愛用されている健康食品です。製造、販売するメーカーも国内外に点在し、さまざまなアガリクス製品が流通しています。

過去に、中国産アガリクス製品を摂取した人たちが肝機能障害を発症した事例がありましたが、同じアガリクス製品とはいえ、特徴が大きく異なるということを厚生労働省が発表しました。

アガリクスは、産地や栽培方法、菌株などによって、品質や含有成分がまったく異なる繊細なキノコです。

現在、日本国内に流通している主なアガリクス製品は、日本産、ブラジル産、中国産、韓国産などが主流となっていますが、そのほとんどがハウス栽培で生育されたアガリクスを原料にした製品です。

そのような中、ブラジルの大自然の中で露地栽培をしているのが、弊社の「キングアガリクス」です。

ブラジルの大自然

(ブラジルの大自然)

キングアガリクス

(露地栽培されたキングアガリクス)

光を一切遮断したジメジメとした小屋の中で育ったハウス栽培ものと違い、ブラジルの大地の恵みをたっぷり吸収して生育した露地栽培ものは、傘の大きさも太さもとても立派です。

ハウス栽培アガリクス

(日光を遮った人工的な環境で栽培されるハウス栽培アガリクス)

サイズの比較

(左:ハウス栽培アガリクス  右:露地栽培アガリクス)

また有用成分に関してもその差は歴然です。弊社の「キングアガリクス」と、日本産のハウス栽培アガリクスを比較してみると、主成分のβ-グルカンをはじめ、世界的に注目を浴びる栄養素ビタミンD、その他、カルシウム、鉄分など日本人に不足しがちな栄養素の含有量がより豊富であることが分かりました。

β-グルカン

ビタミンD

アガリクスの栄養素

世界的にも問題視される劣悪な環境下で生育した中国産アガリクス

かつて中国産アガリクス製品によって肝機能障害が起こった事例では、多くの方が中国の食への安全性に対して不信感を募らせる結果となりました。

近年の中国は、急速な経済発展、近代化によって、PM2.5などの大気汚染をはじめ水質汚染、土壌汚染など環境汚染が深刻化しています。確かに安価とはいえ、世界的にも問題視されているような悪条件下で生育されたアガリクスを体内に入れるのはいかがでしょうか。

さらには、カビの繁殖を抑えるために、中国から乾燥キノコを輸出する際には大量のホルマリンを用いることがあります。

これに対して、弊社のブラジル農場は、一度でもアガリクスを栽培した土地は使わずに、常に新しく土地を開墾しています。土壌汚染の心配もない健康な土地で、完全無農薬によって露地栽培をしています。

毎朝、立派に育ったアガリクスを収穫し、長時間の低温乾燥で栄養をギュッと凝縮させたものを日本国内へ持ち込み、製薬会社や工場でサプリメントなどを製造。残留農薬検査、重金属検査も実施するなど、安心して口に入れられる製品となっています。

残留農薬

(キングアガリクスの残留農薬試験結果 420全ての項目で農薬は検出されませんでした)

また、弊社はアガリクスのみを扱う専門メーカーとして、研究開発に注力してきました。現在、その研究成果はアガリクスメーカートップとなる28本の国際論文として発表されています。製品の品質を裏付けるデータがあるということは、確かな製品を選ぶ最大のポイントになるでしょう。

論文数

購入時のポイントをおさえて、安心安全な製品を

アガリクスは、補完代替医療の分野で最も支持を受けている健康食品です。しかし、その製品によって品質や特徴には大きな差異があります。

産地、栽培方法、信頼できるアガリクス専門メーカーであるかが、購入する際の大事なポイントになります。値段ではなく、体にとって一番良いものを選ぶようにしましょう。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー