エキスタイプは効果がない?! 品質の良いアガリクス製品を見極めるポイント

エキスタイプは効果がない?! 品質の良いアガリクス製品を見極めるポイント

アガリクス

執筆者:元井章智

健康食品・サプリメントの分野で、注目を集めているアガリクスは、一般の病院やクリニックで行われる補完代替医療の分野でも高い支持を得ています。

長年にわたる実績と信頼で、多くの方に愛用されているアガリクスですが、エキス製品に効果がなかったとする論文が発表されました。

とても残念な結果ではありますが、実はアガリクスは、製品によって特性や有用性、含有成分に違いがあることが分かっています。

その要因には、アガリクスの産地、栽培方法、菌株、製造方法などがあげられており、厚生労働省は「原材料や製品でかなり品質に差異がある」と注意喚起しています。

そのため、数多くあるアガリクス製品の中から、品質の良いものを選ぶための知識や情報を持っていることがとても重要になってきます。

ここでは、アガリクスの本来持つパワーを実感していただくために必ず知っておきたい重要なポイントを解説していきます。

エキスタイプは「効果なし」と発表した論文とは

アガリクスは、年齢・性別を問わずどなたでも手軽に摂取できる健康食品・サプリメントです。その愛用者は日本国内ばかりではなく、世界各国にも多くいます。

その人気の高いアガリクスですが、2010年に京都大学が「エキスタイプのアガリクスに、前立腺がんに対する抗がん作用が認められなかった」という論文を発表して世間には衝撃が走りました。

京都大学が行った試験方法とは、アガリクスから抽出したエキスが入った製品と、霊芝(キノコの一種で、別名マンネンタケ)を原料とした製品を6カ月間摂取し、前立腺がんの腫瘍マーカーPSAの値を測定するというものでした。

結果、アガリクスから抽出したエキスが入った製品を摂取した場合においてPSAの測定値に変化が見られなかったので「効果なし」という結論に至ったのです。

この試験結果を知った方々が、アガリクスを日々飲み続けていても健康維持には繋がらないのだろうか、と疑念を抱くのは当然のことです。しかし、この結果だけを見てすべてのアガリクス製品を否定するのはまだ早いといえます。

アガリクス製品は原材料や製造方法などで、品質に大きな差違が生じることが分かっているからです。

厚生労働省も注意喚起!原材料や製品でかなり品質に差違があるアガリクス製品

家族の健康増進のために、アガリクス製品を常備している家庭も多いでしょう。アガリクスは補完代替医療の分野でも高く評価されているサプリメント・健康食品でもあります。今や専門メーカーだけでなく、日本国内外のさまざまな企業やメーカーが製造・販売しています。

そのため同じアガリクスという製品名であっても、それら製品の品質はバラバラなのが実情です。

以前、中国産の粗悪なアガリクス製品によって、肝機能障害を引き起こしたという事例が報告されています。

このような悪質な製品が一般に流通していることも背景にあって、厚生労働省では「アガリクスは原材料や製品でかなり品質に違いがある」という見解を公表しています。

また国立健康栄養研究所は「アガリクスは菌株や栽培方法や産地により、その特性や含有成分が異なる」と発表しました。

これらのこのことからも分かるように、2010年の京都大学による試験結果が、すべてのアガリクス製品に該当するのだろうか、という疑問が出てきます。

アガリクスのエキスを抽出した製品とそのものを原料とした製品の違い

健康食品・サプリメントの分野で最も注目されるアガリクスは、タンパク質や食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などを豊富に含む食品です。

その中でも主成分となるのがβ-グルカンと世界的にも注目されている栄養素ビタミンDです。

β-グルカンはキノコ類やパン酵母などに含まれる分子量が大きい多糖類の一種で、アガリクスの細胞壁に多く含まれており、エキス化などで抽出するのは困難といわれている成分です。

東京薬科大学薬学部免疫学教室が行った実験によると、乾燥したアガリクスからβ-グルカンを熱水抽出した結果、34.5%ほどしか抽出できなかったという報告があります。

さらにその後、薬品に使用して化学処理を行っても約半分のβ-グルカンしか抽出できないという実験結果が報告されています。

エキスの残り

言ってみれば、アガリクスをエキス化することはβ-グルカンの成分量を激減させてしまうということになります。

すなわち、2010年の京都大学による試験は、アガリクスのエキスを抽出した製品を使用しているわけですから、「効果がなかった」という結果が出るのは当然だったのかもしれません。

このことからも、弊社の製品「キングアガリクス」のように、アガリクスそのものを原料とした製品と、アガリクスのエキスを抽出した製品とを簡単に比較することはできないというになります。

同じアガリクス製品といっても、原材料の違いによって、品質には大きな差がでることがご理解いただけるかと思います。

高品質のアガリクスの選び方。ポイントは産地、栽培方法、信頼できる専門メーカー

さまざまなアガリクス製品が販売されていますが、アガリクスが本来持つパワーを体感できる最良の製品はどのようにして選べばよいのでしょうか。

アガリクスの産地に注目

1つ目のポイントは、産地です。

現在、国内で流通している製品は、日本産、ブラジル産、中国産がほとんどです。国産であれば良品質と思われがちですが、アガリクスに関しては一概には言えません。

日本の土地は狭くて、同じ場所に連続して栽培します。これを連作といいますが、毎年作り続けることで土地は痩せていき、連作障害が起きたり、収穫したアガリクスの栄養成分の含有量が減少してしまうことになるのです。

中国産に関しては、近年世界でも問題とされている大気汚染や水質汚染、土壌汚染などの不安要素があります。さらには中国から乾燥キノコを輸出する際に、カビの繁殖を抑えるために大量のホルマリンを用いることもあります。当然ながら、決して体に良い影響を与えるとは思えません。

最後にブラジル産ですが、ブラジルの大自然に包まれた環境の中で生育したアガリクスは、ミネラルなどの栄養成分をたっぷりと含みます。実際にブラジル産と日本産のアガリクスと比較すると、カルシウムは約26倍、銅は10倍、その他、鉄分やミネラルを豊富に含みます。アガリクスの栄養素

3つの産地を比較してみると、ブラジル産の有用性の高さが際立っています。

一般的なハウス栽培と、希少性のある露地栽培

2つ目のポイントは、栽培方法です。

国内で流通しているアガリクス製品のほとんどは、日光を一切遮断した小屋で生育したハウス栽培アガリクスを原料にしています。

ハウス栽培

(日光を遮断した人工的な環境で行われるハウス栽培)

ハウス栽培アガリクス

(ハウス栽培アガリクス)

最も天然に近いアガリクスといわれているのが、ブラジルで露地栽培したアガリクスです。

自然環境の中の太陽の下で栽培することは大変困難で、実際に露地栽培しているのは、弊社のブラジル農場以外にほとんどありません。

キングアガリクス

(露地栽培したキングアガリクス)

キングアガリクス

(私がブラジルの農場を訪問した時に撮影した写真)

過酷な大自然を生き抜いた露地栽培アガリクスとハウス栽培のアガリクスとでは、見た目は一目瞭然、栄養成分の含有量も大きく違います。

サイズの比較

(左:ハウス栽培アガリクス 右:露地栽培キングアガリクス)

弊社のブラジル農場で完全無農薬の露地栽培したアガリクスを原料にした「キングアガリクス」と、日本産ハウス栽培アガリクスの栄養素を比較したデータによると、βグルカンは約1.5倍、世界的に注目されているビタミンDはケタ違いです。

β-グルカンビタミンD

研究により安全性などが確認されているか

3つ目のポイントは、研究開発を行っているメーカーであるかどうかという点です。

アガリクスの有用性や安全性は、各メーカーによる研究・開発力によって確証されるものです。弊社は長年にわたって研究開発に注力してきました。

例えば、弊社のブラジル農場で露地栽培されたアガリクスを健康な人が通常の3〜6倍量(9g)を6カ月間摂取しても、肝機能や腎機能への影響がなく副作用(有害事象)もないという安全性が確認されています。この研究データは、順天堂大学医学部、東京薬科大学のグループが論文発表しています。

こうした有用性や安全性に関するデータを1つも持たないメーカーもある中、弊社はアガリクス専門メーカーの中でも、最多の28本という国際論文を発表してきた実績があります。

論文数

確かな品質であるかを裏付けるデータを持つメーカーや企業の製品であるかを見極めることが大切です。

産地・栽培方法などをしっかりチェック

アガリクス製品は、原材料の違いで大きな差が生じてしまうことがお分かりいただけたでしょうか。

日々の健康を維持するサプリメントだからこそ、品質の良い製品を選んでいただきたいと思っています。

そのためにも、産地はブラジル、栽培方法は露地栽培、そして信頼できるメーカーといった3つのポイントをおさえて、購入されることをおすすめします。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー