アガリクス製品を摂取するときの注意点。食物アレルギーや体調の変化など

アガリクス製品を摂取するときの注意点。食物アレルギーや体調の変化に気を付けましょう

注意点

執筆者:元井章智

日々の健康維持をサポートするサプリメント・健康食品は、継続して毎日摂取することで、以前との違いや変化を実感していただけるものです。

毎日、口にするものだからこそ、安全性の高い信頼できる専門メーカーの製品を選ぶことはとても大切なこと。

しかしアガリクスはキノコの一種で、一般的な食品と同様に、アガリクスが体質に合わないという方もいるかもしれません。中には、腹痛やアレルギー症状が見られたりする方もいるでしょう。

また、アガリクスは製造するメーカーや企業によって、菌株の種類、産地、製造方法などが違います。これらの違いが、品質や有用性の違いにつながることが分かっています。

アガリクスは本来、食品であるため医薬品のような副作用はありませんが、粗悪なアガリクスを摂取したために、肝機能障害などの有害事象(副作用)を起こしたという事例もあります。

今回は、アガリクスを摂取するときの注意点と副作用について解説していきたいと思います。

食物アレルギーには注意が必要

子どもから大人までが安心して摂取できるアガリクスは、健康食品・サプリメントの分野で高い支持を得ています。一般病院やクリニックの保険診療で行われる治療を補う補完代替療法としても、多くの方々に利用されています。

ほとんどの方は何の問題もなく飲用しているサプリメントですが、ごく稀に、体質に合わない方がいるのも確かです。その注意点について説明していきます。

アガリクスは、ブラジルのピエダーテ地方を原産地とするキノコの一種です。和名を「ヒメマツタケ」、学名が「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」、「アガリクス・ブラジリエンシス」、「アガリクス・サブルフェセンス」などとされてます。

アガリクスはキノコの一種なので、摂取しても医薬品のような副作用が起こることはありませんが、人によってはアレルギー症状を起こす場合があります。

食物アレルギーを引き起こす代表的な食品を例にあげると、卵や牛乳、小麦、そば、ピーナッツ、キウイフルーツ、サバなどの魚介類などがあります。

アガリクスを摂取する際に気を付けていただきたいのは、マツタケやシイタケ、マイタケ、シメジなどのキノコ類を食べた際に、じんましんや湿疹、皮膚のかゆみ、発赤、のどの痛み、息苦しさなどのアレルギー症状を起こすという方です。

アガリクスもキノコの一種なので同じような症状を引き起こす可能性もあります。摂取後は早めに症状が出始め、数時間でおさまるとされていますが、キノコを食べてアレルギー症状が出るという方は、アガリクス製品の摂取を中止し、以後も服用することはおやめください。

また、呼吸困難やショック症状など、アナフィラキシーを起こす可能性もごく稀にあります。重症の場合にはすぐに医療機関を受診してください。

食物繊維が豊富なアガリクス。お腹がゆるくなる場合も

アガリクスを含むキノコ類は、低カロリーで食物繊維が豊富な食品です。その特徴を活かして便秘解消や体重のコントロールなどに最適な食材として多く利用されています。

しかしこれらの作用が、逆に働いてしまうケースもあります。アガリクス製品を毎日の食生活に取り入れ始めてから、下痢をすることがある、お腹がゆるくなった、と感じる方は、豊富な食物繊維が原因の可能性があります。

その場合、アガリクス製品の摂取量を減らして様子をみてください。またお腹が張る方は、アガリクス製品を飲む時に、水の量を増やしてみてください。

これら体調の変化は、アガリクス製品を飲み始めた際の一時的なものです。症状も軽い場合が多く、徐々に体も慣れてきますので安心して継続してください。

粗悪な中国産アガリクスによる肝機能障害

食物アレルギーや、お腹がゆるくなるなどの症状は、食物由来の副作用なので摂取する方が気に留めておくことで大事には至らないケースです。

しかし、製造元が万全な安全対策を怠った場合に発生する副作用は、購入者が回避することは大変難しいでしょう。

以前、中国産の粗悪なアガリクス製品を摂取したことで、肝機能障害(劇症肝炎)が起こったという報告があります。

なぜ、中国産アガリクス製品で、肝機能障害が起こったのでしょう。その原因の一つに上げられるのは、中国の環境問題や品質管理状況です。

近年の中国は、急速な近代化にともなうPM2.5の大気汚染が世界でも問題視されています。工場廃水による水質汚染、土壌汚染など、食物を栽培する最適な環境でないことは明らかです。

また中国から乾燥キノコを輸出する際には、カビの繁殖を抑えるために大量のホルマリンを用いることも知られています。

中国産アガリクスは比較的安価で販売されています。そのため気軽に購入できるのですが、安価な製品にはデメリットがあるということは認識しておきましょう。

天然ものに最も近い、ブラジルで露地栽培されたアガリクス

アガリクスは元々、ブラジル・サンパウロ郊外のピエダーテ地方に自生していた希少なキノコです。

現在はハウス栽培が主流で、市場に出回るアガリクス製品のほとんどがハウス栽培したものを原料にしています。ハウス栽培は天候にも左右されず一年中栽培が行えるため、安価で大量のアガリクスを出荷することが可能です。

ハウス栽培

(日光を遮った人工的な環境で行われるハウス栽培)

ハウス栽培

(コストがかからず大量生産されているハウス栽培アガリクス)

一方、天然ものに最も近いといわれるアガリクスは、原産地ブラジルで露地栽培されたもので、過酷な自然環境の中、生育させるのは大変難しいとされています。

農場

(原産地ブラジルで行われる露地栽培)

キングアガリクス

(過酷な自然環境を生き抜いた露地栽培アガリクス)

しかしブラジルの強い日差しと澄んだ空気、美しい水をたっぷりと吸い込んだアガリクスは、とても大きく太く立派に成長します。日光に当たらず生育するハウス栽培のアガリクスは小さく、天然のアガリクスに比べて見た目や栄養成分にも大きな差があります。

サイズの比較

(左:ハウス栽培アガリクス  右:露地栽培アガリクス)

β-グルカンビタミンD

アガリクスの栄養素

品質を裏付ける豊富なデータを持っている専門メーカー

天然ものに最も近いといわれるブラジル産露地栽培のアガリクスを原料にする製品は、弊社の「キングアガリクス」以外にほとんどありません。

弊社のブラジル農場は、一般的なハウス栽培の約10倍ものコストを掛けて、完全無農薬で丁寧に栽培しています。アガリクスを一度でも栽培した土地は一切使わずに、常に新しく土地を開墾しているのも特長です。

キングアガリクスの生産者

(丁寧に露地栽培されたキングアガリクス)

キングアガリクス

(アガリクスを一度でも栽培した土地は一切使わずに、常に新しく土地を開墾して栽培)

製造は、日本の製薬会社やGMP認証を受けたサプリメント工場で行っており、残留農薬検査、重金属検査の実施で安全対策も万全。

残留農薬

(残留農薬検査結果 すべての項目で農薬は検出されていません)

また、弊社はアガリクス専門メーカーとして、長年の研究開発の実績があります。

弊社の製品に用いられている菌株「キング・アガリクス21株(=KA21株)」は、東京薬科大学免疫学教室、東京大学食の安全研究センター、慶應義塾大学医学部、順天堂大学医学部、麻布大学医学部などの先端学術機関との20年以上もの研究実績があり、海外論文発表数が28本と、多数あるアガリクスの菌株の中でも最多を誇ります。

論文数

しかしアガリクス専門メーカーの中には、研究開発の指標となる論文発表が1本もないメーカーがあるのも事実です。本物のアガリクスを選ぶ上で重要なポイントは、品質を裏付ける豊富なデータを持っている専門メーカーであるかを確認することです。

体質に合わせた摂取を

アガリクスもキノコの一種なので、体質に合わない方がいらっしゃいます。何か違和感を感じたら、摂取量を減らすなどして様子をみながら継続してください。また、あらかじめキノコアレルギーと分かっている方は、アガリクスの摂取をお控えください。

本物のアガリクス製品を見極めるには、ブラジル産、露地栽培、菌株はキング・アガリクス21=KA21株、そして信頼できるメーカーであるかを確認することです。有用性の高いアガリクスで、健康でいきいきとした毎日を手に入れてください。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー