品質の良いアガリクス製品の特徴とは? 失敗しない製品の選び方

品質の良いアガリクス製品の特徴とは? 失敗しない製品の選び方

特徴

執筆者:元井章智

手軽に購入できるさまざまなサプリメント・健康食品が市場に溢れている中で、継続して摂取しているが果たして健康維持に繋がっているのだろうかと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

サプリメントは同じ製品名であっても、さまざまなメーカーが製造しており、それぞれに特徴や品質に違いがあるものです。

サプリメント・健康食品の分野で多くの支持を得ているアガリクスも同様に、専門メーカーから、多様なサプリメントを扱うメーカーまでが、アガリクス製品の製造・販売をしています。

価格は安価なものから高価なものまでと大きな幅がありますが、品質にも産地や栽培方法などによって大きな差違があることが分かっています。

厚生労働省でも「アガリクスは原材料や製品でかなり品質に差異がある」と注意喚起しています。毎日継続して摂取することで健康維持につながるサプリメントは、品質の良いものを選ぶことが大前提です。

そのためにも正確な情報、知識を身に付けておくことはとても重要でしょう。製品選びに失敗しないためにも、品質の良いアガリクス製品の特徴を解説していきます。

「幻のキノコ」といわれるアガリクスとは?

アガリクスの原産地は、ブラジルのピエダーテ地方です。現地でも自生している天然のアガリクスはほとんど見つけることはできず、現地の人々は昔から「幻のキノコ」「神のキノコ」「太陽のキノコ」などと呼び大切にしてきました。

アガリクスは日本には1965年ごろ入ってきましたが、ブラジルのような温暖な気候や肥えた土壌に恵まれないため、ハウスでの栽培が行われるようになりました。

そして、アガリクスが次第に健康食品として注目されると、アガリクスが人に与える影響についての研究が活発に行われるようになります。

さまざまな有用性が確認されはじめ、1990年代に入ると日本国内では一般病院やクリニックの保険診療で行われる治療を補う補完代替療法として注目を集めました。以後、健康食品、サプリメントとして一般の人たちにも広く認知されるようになりました。

ハウス栽培と露地栽培ではこんなにも品質に違いがある!

アガリクスは日本をはじめ、世界各国で愛用されている健康食品です。現在、国内で販売されているアガリクス製品のほとんどは、日本をはじめ原産地ブラジルや中国などが主な産地となっています。

その大半は、光を一切遮断したジメジメとした小屋の中で行うハウス栽培で収穫したアガリクスを原料にした製品といわれており、低コストで安定した収穫が期待できることから原産地のブラジルもハウス栽培が主流となっているのが現状です。

ハウス栽培

(光を一切遮断したジメジメとした小屋の中で行うハウス栽培)

ハウス栽培

(低コストで安定した収穫が期待できるハウス栽培アガリクス)

一方、天然に近いとされる露地栽培は、太陽の光を浴びてブラジルの大地の恵みをたっぷり吸収して生育します。しかし、生産コストがハウス栽培の10倍以上もかかり、収穫量も限られているため、露地栽培をしているのは弊社のブラジル農場にはほとんどありません。

農場

(ブラジルの大自然の中で行われる露地栽培)

キングアガリクス

(太陽の光を浴びてブラジルの大地の恵みをたっぷり吸収して生育した露地栽培アガリクス)

収穫したアガリクスは見た目にもまったく違う出来栄えです。ハウス栽培ものは、どれも小さいのに対し、露地栽培ものは傘も大きく太く、ずっしりとした重さがあり、有用成分も大きな差があります。

サイズの比較

(サイズの比較 左:ハウス栽培アガリクス  右:露地栽培アガリクス)

弊社のブラジル産露地栽培アガリクス=「キングアガリクス」と、日本産のハウス栽培アガリクスの栄養成分を比較したデータによると、アガリクスの主成分β-グルカンは1.5倍、ビタミンDは34倍、カルシウムが約26倍、銅が約10倍という数値がでています。

β-グルカン

アガリクスの栄養素

国内に流通するのは日本、中国、ブラジル産が主流。品質が良いのはどこの国のもの?

中国産アガリクス製品は比較的安価な製品が多いため、まずはここから始めてみようという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしかつて、中国産アガリクス製品によって肝機能障害が起こったという事例が発表されました。その原因として考えられているのは、カドミウムなどの重金属汚染などを含む環境汚染です。

近年の中国は、急速な経済発展、近代化によって、PM2.5などの大気汚染をはじめ水質汚染、土壌汚染など環境汚染が深刻化しています。このような環境下の中で生育した食物が、体に良い影響を与えるのかというと疑問が残ります。

さらに、カビの繁殖を抑えるために、中国から乾燥キノコを輸出する際には大量のホルマリンを用いることが分かっています。中国産アガリクスが安価とはいえ、こうした内情を知るとなかなか購入する気にはなれないものです。

日本はアガリクスの露地栽培に向いているのでしょうか。日本産といえば世界的にも安全性が高く、どんな食材も安心して口にできるということは知られています。

しかし日本の狭い土地では、同じ場所で繰り返し農作物を育てて行くため、土地は痩せ、栄養価も下がり、質の良いアガリクスを収穫することは困難です。

アガリクスはキノコの一種ですから、地中に含まれる豊富な栄養素を吸収して生育します。栄養価の高い土壌がなくては、本物のアガリクスに成長することはできないでしょう。

原産地であるブラジルはアガリクスの栽培に適した自然環境であるのはもちろん、土地が肥えているため地中の栄養をたっぷりと吸収したアガリクスが育ちます。

さらにブラジルで露地栽培を行う弊社の独自のこだわりとして、一度でもアガリクスを栽培した土地を使用しないということです。常に新しく土地を開墾し、難しいとされる完全無農薬で日々愛情を込めて栽培しています。

キングアガリクス

(常に新しい土地を開墾して完全無農薬で栽培されたキングアガリクス)

ブラジル農場では、毎朝アガリクスを収穫すると、長時間の低温乾燥で栄養をギュッと凝縮させます。製造は日本の製薬会社やサプリメント工場で行っており、残留農薬検査、重金属検査なども入念に行い、子どもからお年寄りまでが安心して摂取できる安全性の高い品質で販売しています。

製品の安全性・有用性は、各メーカーの研究開発力によるもの

アガリクス製品の産地や製造方法は、品質の善し悪しを決める上で重要なことです。さらに注目していただきたいのが、各メーカーの研究・開発力です。

継続した多数の研究による確かなデータを元に、国際論文がどれだけ発表されているのかはメーカーの信頼へとつながります。

弊社はアガリクス専門メーカーの中でもトップクラスの研究実績と国際論文発表数で、これまで発表した論文数は28本となっています。製品を裏付けるデータを持っているメーカーであるかは、確かな製品を選ぶ最大のポイントになるでしょう。

論文数

ブラジルで露地栽培された信頼できるメーカーの商品を選びましょう

アガリクスは産地、栽培方法などで特徴が異なることがお分かりいただけたでしょうか。

産地はブラジル、栽培方法は露地栽培のアガリクスが品質が良いということが多くの研究で実証されています。また、それら信頼できる多くのデータを持っている専門メーカーの製品を選ぶことが最も大切といえるでしょう。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー