アガリクスの産地の違いで品質が決まる、希少なブラジル産露地栽培

アガリクスの産地の違いで品質が決まる、希少なブラジル産露地栽培

産地

執筆者:元井章智

アガリクス製品はみなどれも同じではありません。ドラッグストアやインターネットショップには、さまざまなアガリクス製品が並びますが、原材料に使われているアガリクスの産地や栽培方法などの違いによって、製品の品質はまったく異なります。

数あるアガリクス製品から、最も自分に合った製品を選ぶために必要な、アガリクスに関する情報を解説していきましょう。

「幻のキノコ」アガリクスとは?

アガリクスは、ブラジルのピエダーテ地方に自生していたキノコです。現地では昔から「幻のキノコ」「神のキノコ」「太陽のキノコ」などと呼び、とても大切にされてきました。

ブラジルから日本国内に渡ったのは1965年ごろ。ブラジルとは気候も土壌も異なる日本では、人工的なハウス栽培が盛んに行われました。その後、アガリクスの研究がなされさまざまな有用性が確認されると、健康食品・サプリメントとして認知度が高まり需要も大きくなりました。

近年は、国内の一般病院やクリニックで保険治療(主に西洋医学)をサポートする補完代替療法として、健康食品・サプリメントの分野で最も注目されています。

厚生労働省の助成金を活用して行った調査によると、補完代替療法として利用されている健康食品・サプリメントの中で、アガリクスが60%以上と最も多く利用されていることが分かりました。アガリクス以下は、プロポリス28.80%、AHCC7.40%、漢方薬7.10%という結果でした。

免疫サプリ

日光の下でも生育する強い菌株、キング・アガリクス21=KA21

アガリクスはキノコの一種なので真菌類に分類され、乳酸菌やビフィズス菌などと同じように、菌株によって性質に違いがあります。

アガリクスの菌株は、弊社「キングアガリクス」に使用しているキング・アガリクス21=KA21株、岩出101株、ITO-S株などがあります。

中でも、キング・アガリクス21=KA21株は、日光の下でも生育する強い菌株を何世代にも渡って選別してきているため、栽培が最も困難とされる露地栽培にも耐えられる菌株です。

そして、キング・アガリクス21=KA21株は、東京薬科大学免疫学教室、東京大学食の安全研究センター、慶應義塾大学医学部、順天堂大学医学部、麻布大学医学部などの先端学術機関と20年以上もの研究実績があり、これまで発表された国際論文数が28本と最多を誇る研究実績です。

論文数

アガリクスの産地・栽培方法で品質は異なる

日本国内で販売しているアガリクス製品は、日本、ブラジル、中国が主な産地です。

天然のアガリクスが手に入ることは皆無に等しく、市場に出回る製品のほとんどが、人工的なハウス栽培で生育したアガリクスを原料にしています。

ハウス栽培は、日光を遮断した暗所で栽培するため、一年を通して収穫が可能で一定の量も見込めます。しかし、出来栄えはどれも小ぶりで栄養価の低いものばかりです。

ハウス栽培

(日光を遮った人工的な環境で行われるアガリクスのハウス栽培)

ハウス栽培

(ハウス栽培アガリクス サイズは小さく、栄養価も低い)

一方の、アガリクスの原産地ブラジルで露地栽培している弊社の「キングアガリクス」は「天然に最も近いアガリクス」と高く評価された大変貴重なものです。しかし露地栽培は大変難しく、収穫量も限られているため市場に出回ることがほとんどありません。

ブラジルの大自然の恵みをたっぷりと吸収して育ったブラジル産露地栽培のアガリクスは、ずっしりとした肉厚で、背丈も太さもハウスものに比べて5倍ほどの大きさにまで成長します。

農場

(ブラジルの大自然の中で行われる露地栽培)

キングアガリクス

(天然に最も近いとされる露地栽培アガリクス 希少性が高い)

サイズの比較

(サイズの比較 左:ハウス栽培  右:露地栽培キングアガリクス)

栄養素の含有量も大きく違います。弊社「キングアガリクス(ブラジル産露地栽培)」と、日本産ハウス栽培アガリクスの栄養成分を比較したデータによると、アガリクスの主成分であるβグルカンは約1.5倍、世界的に注目されている栄養素であるビタミンDが約34倍、日本人が不足しがちなカルシウムが約26倍、銅は約10倍という結果が出ています。

β-グルカン

アガリクスの栄養素

信頼できる専門メーカーであるかを見極める

弊社ブラジル農場は、一度使用した土地は使わずに、新たに開墾した地で無農薬栽培を行っています。そのため土壌汚染の心配もありません。収穫したアガリクスは日本国内の製薬会社で製品化しており、残留農薬検査、重金属検査など品質の安全対策も万全です。

キングアガリクスの生産者

(無農薬で栽培されたキングアガリクス)

残留農薬

(残留農薬試験結果 420項目すべてで農薬は検出されませんでした)

また、弊社はアガリクス専門メーカーとして20年以上に及ぶ研究開発の実績があります。これまでに発表した国際論文数は28本と、アガリクスメーカーでは最多です。

論文数

製品の裏付けとなるデータを持っていることは、品質の良いアガリクスを製造しているというメーカーの信用になります。

残念ながらアガリクス専門メーカーの中には、研究開発の指標となる論文発表が1本もないところもあります。良い製品を手にするためには、信頼できる専門メーカーが製造しているかを見極めることがとても重要です。

産地だけでなく、栽培方法、メーカーも確認!

品質の良いアガリクス製品を選ぶためには、産地、栽培方法、メーカーを確認しましょう。その際、産地はブラジル、栽培方法は露地栽培、メーカーは信頼できる裏付けデータを持っている専門メーカーのものを選ぶことをお勧めします。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー