アガリクス(和名ヒメマツタケ)の選び方は?

アガリクス(和名ヒメマツタケ)の選び方は?

和名

執筆者:元井章智(サプリメントアドバイザー NR=栄養情報担当者)

「アガリクス」と聞くと何を想像しますか? アガリクスは、ブラジルを原産国とするキノコです。パッケージにアガリクスの名前が書いてある製品が健康食品のコーナーに陳列されていたりインターネット通販でも取り扱いが多かったりするので、ご存知の方も多いと思います。

近年のサプリメントや健康食品ブームなどの健康志向の影響もあって、アガリクスの有用性が広く知れ渡ってきました。一般の医療機関やクリニックなどで行われている保険治療を補う補完代替医療の分野では、60%以上のシェアを持つなど、アガリクスは健康な人や健康を維持していきたい人に多く愛用されています。

免疫サプリ

しかし、アガリクスの学名や和名、産地や栽培方法、有用性を多く感じることができる製品選びなどについて詳しいことは知らないという方もいるのではないでしょうか。そこで、アガリクスの学名や和名、産地や栽培方法から考察するアガリクスの賢い選び方などについて、説明していきたいと思います。

アガリクスの学名、和名

アガリクスは、ブラジルのサンパウロ郊外にあるピエダーテ地方に自生していたキノコです。この地で自生するアガリクスは「神のキノコ」「幻のキノコ」「太陽のキノコ」と呼ばれその貴重さゆえに珍重されてきました。

アガリクスの学名は「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」「アガリクス・ブラジリエンシス」などと言います。学名だけでなく「カワリハラタケ」「ヒメマツタケ」といった和名もあり、日本人にも馴染みのあるキノコであると言えるでしょう。

栽培方法によって栄養価に大きな違い

学名「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」、和名「カワリハラタケ」「ヒメマツタケ」と呼ばれているアガリクスですが、現在はブラジル以外の国、たとえば日本や中国などでも栽培されています。

栽培方法は主に2つあります。ひとつは露地栽培、もうひとつはハウス栽培です。

アガリクスは非常にデリケートなキノコなので、露地栽培は温暖な気温や降雨量などの条件がそろった原産地ブラジルでしか行えません。その上、風雨にさらされる危険のある露地栽培は技術的にも難しいものがあり、ブラジルで露地栽培を行っているのは弊社のブラジル農場だけというのが現状です。

露地栽培は、太陽が降り注ぎ、手付かずの大自然の営みが脈々と続く豊沃な台地でなされます。土壌自体に豊富な栄養が蓄えられており、その栄養素を存分に吸収して育つアガリクスの栄養価の高さには定評があります。

農場

(ブラジルの大自然の中にある露地栽培農場の風景)

キングアガリクス

(苛酷な自然環境を生き抜いた露地栽培アガリクス)

もうひとつの栽培方法であるハウス栽培は、一般的なハウス栽培から連想できるようなビニールハウスではなく、じめじめした暗室で行われています。室温が一定に保てるだけでなく、風雨からもアガリクスを守れるので大量生産が可能です。しかし、アガリクスの持つ栄養価の面から考えると、露地栽培とは比較にならないと言えるでしょう。

ハウス栽培

(暗所で行われるハウス栽培)

ハウス栽培アガリクス

(ハウス栽培アガリクス アガリクス本来の大きさには育ちません)

露地栽培アガリクスと日本産ハウス栽培とでは、見た目のサイズが大きく異なります。

サイズの比較

左:ハウス栽培アガリクス  右:露地栽培アガリクス

アガリクスの主要成分であるβ-グルカンは、露地栽培は約12.4g/乾燥品100gなのに対し、ハウス栽培のアガリクスは8.2g/乾燥品100gといった日本食品分析センターの分析結果もあります。このような分析結果からしても、露地栽培の栄養価の高さが際立っていることがお分かりになると思います。

β-グルカン

アガリクスの産地による有用成分の違い

次に、産地の面から考えたらどうでしょうか。

アガリクスは、土壌の栄養素をたっぷりと吸収して育つため産地の影響を大きく受け、主な産地はブラジル、日本、中国です。日本や中国ではハウス栽培しか行われていないうえ、日本では、狭い土地に何度も何度も繰り返して作物を栽培することで、近年では作物自体の栄養価が低下する傾向があることがわかっています。

また、中国では、大気、土壌、河川といった自然環境の汚染が止まらず、汚染環境下で作物が育てられてしまうリスクを持っています。こう考えてみると、肥沃な大地ブラジルで露地栽培された安全で栄養価の高いアガリクスを使用した製品を試してみたくなりますね。

実際に、ブラジル産露地栽培アガリクスと日本産ハウス栽培との栄養素の比較を行った研究では、日本人に不足しがちな成分であるカルシウムは約26倍、鉄は約1.5倍、銅は約10倍、世界的に注目を集めているビタミンDは約34倍といった具合に大きな開きがあり、ブラジル産の栄養価が高いという結果がでました。

アガリクスの栄養素

安全性のためには専門メーカー

さらに安全性を追求したい場合は、アガリクス製品を製造しているメーカーも吟味するべきでしょう。弊社はアガリクス専業メーカーです。広く健康食品を製造するメーカーと違い、健康を維持したいと強く願っている方々の力になるためにアガリクスに特化した研究を日夜行っています。

弊社はアガリクス研究のNO.1メーカーとして20年以上研究開発を行っており、これまでに発表した国際論文は28本とアガリクスメーカーの中でも群を抜いています。

論文数

栄養価の高いブラジル産露地栽培を選びましょう

ブラジル産の露地栽培されたアガリクスを選ぶだけでなく、信頼できるアガリクス専業メーカーが製造しているというポイントを抑えれば、信頼できるアガリクス製品にきっと巡り合えるでしょう。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

参考文献

1) S.P.Wasser et al.,Int J Med Mushrooms,4,267-290(2002)

2) RW.Kerrigan et al.,Mycologia,97,12-24(2005)

3) K.Wisitrassameewong et al.,Saudi J Biol Sci,19,131-146(2012)

4) Y.Liu et al.,Evid Based Complement Alternat Med,5,205-219(2008)

5) N.Ohno et al.,Pharm Pharmacol Lett,11,87-90(2001)

6) S.Hashimoto et al.,Int J Med Mushrooms,8,329-341(2006)

7) N.Ohno et al.,Biol Pharm Bull,24,820-828(2001)

8) D.Yamanaka et al.,BMC Complement Altern Med,14,454(2014)

9) D.Yamanaka et al.,Immunopharmacol Immunotoxicol,34,561-570(2012)

10) D.Yamanaka et al.,Int Immunopharmacol,14,311-319(2012)

11) N.Ohno et al.,Carbohydr Res,316,161-172(1999)

12) M. Motoi et al.,Int J Med Mushrooms,17,799-817(2015)