すべてのアガリクスが効能がないって本当?信頼できるアガリクスを選ぶには

すべてのアガリクスが効能がないって本当?信頼できるアガリクスを選ぶには

効能

執筆者:元井章智(サプリメントアドバイザー NR=栄養情報担当者)

「アガリクスのエキス製品で効能がなかった」という論文が発表されたことで、アガリクスに効能がないのではないか、といった間違った情報が流れ、“効能がない”と認識してしまっている方もいらっしゃるようです。しかし、効能は製品によって異なります。ここでは、信頼できるアガリクスを選ぶには、どのような点に気を付ければよいか見ていきましょう。

すべてのアガリクスに効能がないわけではありません

過去に発表されたアガリクスに関する論文の中に、「アガリクスのエキス製品で効果がなかった」と結論付けたものがあります。これは、アガリクスのエキスを取り入れた製品に限定した論文だったのですが、すべてのアガリクスに効能が確認できないような誤解が広まってしまいました。

実は、アガリクスは、エキス化すると有効成分のβ-グルカンの量が減少してしまい、アガリクスの持つ本来の有用性が下がってしまうことが分かっています。つまり、すべてのアガリクス製品に効能がないのではなく、一部のアガリクス製品に効能が確認できなかったというのが正しい結論なのです。

では、どのようなアガリクス製品を選べば、本来の効能や有用性を存分に実感できるのでしょうか。

ブラジル産のアガリクスを選ぼう!

アガリクスは、一般的な病院やクリニックなどで行われている主に西洋医療をサポートする補完代替療法で、非常に多くの支持を受けています。もともとは、南米ブラジルのサンパウロ郊外にあるピエダーテ地方に自生していたもので、この地方では「神のキノコ」「幻のキノコ」などと呼ばれているほど、珍重されていました。

ブラジルでは現在でもその肥沃な大地で、傘が大きく栄養価の高いアガリクスが露地栽培されています。

ピエダーテの地図

キングアガリクス

(手つかずの大自然が残るアガリクスの原産地ブラジル)

原産国ブラジル以外でアガリクスを栽培している主な国は?というと、中国や日本などが挙げられます。

しかし、中国ではPM2.5といった大気や河川の汚染などの環境問題を抱えている上に、中国産アガリクスを摂取して肝機能障害を発症した人がいるという報告があったことからしても、毎日服用する製品の産地としては心配が残ります。

また、安全性の高い日本産のアガリクスにも、栄養価の面では難点があります。日本は土地が狭いため同じ土壌で繰り返し作物を栽培しなくてはなりません。そのような方法の場合、土壌の栄養価だけでなく栽培される農作物の栄養価が低下してしまうのです。

中国や日本で栽培されたアガリクスには、安全性や有用性を実感できる質の高さを求めることができません。アガリクス製品でその効能を実感しようと思ったら、やはり、太陽の恵みを存分に浴びて育ったブラジル産のアガリクスを選択するといいでしょう。

栽培方法も重要なポイント

アガリクスを選ぶなら、ブラジル産のアガリクスがお勧めであることはご理解いただけたでしょうか。ここでもうひとつ、アガリクスの効能を真剣に考えるのであれば、アガリクスの栽培方法についてもしっかりとした知識を持っていただきたいと思います。

アガリクスには、大きく分けて栽培方法が2つあります。ひとつは原産国ブラジルで行われている露地栽培です。露地栽培は気候や土壌の関係で、ブラジルでのみ可能とされている栽培方法です。ブラジルでは、大自然の宝庫であるアマゾン川やその流域に象徴されるように、肥えた土壌が広がっています。新しく開墾した土壌は汚染の心配も無用ですので、安全性と栄養価の高いアガリクスが育ちます。

農場

(ブラジルの露地栽培農場)

キングアガリクス

(自然環境を生き抜いた露地栽培アガリクス)

もうひとつのアガリクスの栽培方法は、ハウス栽培です。ハウス栽培は、中国や日本などで行われています。ただし、ハウス栽培といっても、トマトやナスなどを栽培しているビニールハウスのイメージとは異なります。日光を遮断したじめじめとした暗室でアガリクスが栽培されているのです。傘の大きさは小さく、比較する土地にもよりますが、露地栽培のアガリクスの5分の1ほどしか育ちません。

ハウス栽培

(日光を遮って行われるハウス栽培)

ハウス栽培

(人工的な環境で育ったハウス栽培アガリクス)

サイズの比較

(サイズの比較 左:ハウス栽培  右:露地栽培アガリクス)

栄養価は栽培する土地にもよりますが、日本産ハウス栽培とブラジル産露地栽培のアガリクスの成分を比較してみると、アガリクスの主成分であるβ-グルカンは1.5倍、カルシウムは約26倍、銅は約10倍、世界的に注目されている栄養素であるビタミンDは約34倍と、露地栽培のアガリクスの方が栄養価が高いことが分かっています。

β-グルカン

アガリクスの栄養素

セレン、ビタミンB1、鉄などについても、露地栽培の方が高い栄養価が認められたという結果もあります。効能を実感できるアガリクスを選ぶなら、ブラジル産はもちろんのこと、露地栽培のアガリクス100%の製品を選ぶことをお勧めします。

研究熱心なアガリクス専門メーカーを

弊社は、アガリクス専門メーカーです。ブラジルに露地栽培の農場を持っているのは、弊社以外にほとんどありません。もちろん、弊社の製品はブラジルで露地栽培された乾燥アガリクス100%を原材料としたものです。

キングアガリクスの生産者

(ブラジルで露地栽培されたアガリクス)

また、ブラジル産露地栽培に関する研究はNo.1の実績を誇り、これまでに発表した国際論文は28本とアガリクスメーカー最多となっています。研究実績は、誠実に研究開発に打ち込んでいる姿勢とアガリクスに対する情熱を示す証です。

論文数

アガリクスの有用性を実感したいとお考えでしたら、ブラジル産露地栽培で研究実績がNo.1を誇る弊社のキングアガリクス製品をぜひお試しください。

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

参考文献

1) S.P.Wasser et al.,Int J Med Mushrooms,4,267-290(2002)

2) RW.Kerrigan et al.,Mycologia,97,12-24(2005)

3) K.Wisitrassameewong et al.,Saudi J Biol Sci,19,131-146(2012)

4) Y.Liu et al.,Evid Based Complement Alternat Med,5,205-219(2008)

5) N.Ohno et al.,Pharm Pharmacol Lett,11,87-90(2001)

6) S.Hashimoto et al.,Int J Med Mushrooms,8,329-341(2006)

7) N.Ohno et al.,Biol Pharm Bull,24,820-828(2001)

8) D.Yamanaka et al.,BMC Complement Altern Med,14,454(2014)

9) D.Yamanaka et al.,Immunopharmacol Immunotoxicol,34,561-570(2012)

10) D.Yamanaka et al.,Int Immunopharmacol,14,311-319(2012)

11) N.Ohno et al.,Carbohydr Res,316,161-172(1999)

12) M. Motoi et al.,Int J Med Mushrooms,17,799-817(2015)