アガリクスのエキス製品に効果はある?

アガリクスのエキス製品に効果はある?

エキス

執筆者:元井章智(サプリメントアドバイザー NR=栄養情報担当者)

過去に「エキス化したアガリクス製品を飲んでも効果がなかった」という内容の論文が発表されたことがあります。この結果をもって、アガリクス製品=効果がないと判断してしまっている人もいるようです。効果のあるアガリクスにはどのような特徴があるのでしょうか。いくつかの観点から詳しくみていきましょう。

エキス化したアガリクス製品には効果がない、という論文の本当の意味とは

アガリクスは、一般的な病院やクリニックなどで行われている保険診療を代替する補完代替療法の分野で、非常に多く用いられています。

さまざまな人に注目されているアガリクスですが、以前「エキス化したアガリクス製品には効果がない」という論文が発表されたことがあります。この論文がもとになり、エキス化したアガリクスだけでなく、アガリクス製品全般に効果がないというような誤った情報が広まり、アガリクスに対する信用が揺らいだことがありました。

アガリクスは、産地によって品質に大きな差

アガリクスの原産国は、南米ブラジルです。アガリクスはサンパウロ郊外のピエダーテ地方に自生していたキノコで、その希少さから「神のキノコ」「幻のキノコ」と呼ばれて珍重されてきました。

ピエダーテ

(アガリクスの原産地ブラジル サンパウロ郊外のピエダーテ地方)

ブラジルはご存知のように雄大なアマゾン川の流れや流域に広がる自然豊かな肥沃な大地を有しています。アガリクスは、この大自然の恩恵を存分に受けて育っています。原産国ブラジル以外では、アガリクスは日本や中国で多く栽培されています。

キングアガリクス

(手つかずの大自然が残るアガリクスの原産地ブラジル)

日本といえば徹底した品質管理が行われており、“メイドインジャパン”という言葉は品質や信頼の証になっています。アガリクスに関しても、日本産のアガリクスの信頼度は非常に高いものがあるといえるでしょう。

しかし、日本産アガリクスには、ウイークポイントがあります。それは日本の国土の狭さです。狭い土地で続けて作物を栽培しているため、栽培された作物の栄養価が次第に低下していくという問題を抱えているのです。安全性を考えて栽培しても栄養価が低くては、質の高いアガリクスであるとはいえません。

また、中国産のアガリクスを摂取したことで、肝機能障害を引き起こしたという報告があります。土壌や大気、河川の汚染をニュースでみたことがあるという方も多いかと思いますが、毎日服用する製品の産地としては適していません。

安全性と栄養価ともに高いのは、広大な土地が広がる原産地ブラジル生まれのアガリクスです。アガリクスならどれでも同じという訳でない理由がお分かりいただけるかと思います。

産地だけでなく、栽培方法の確認を

アガリクスには、大きく2つの栽培方法があります。ひとつは、露地栽培、もうひとつはハウス栽培です。原産国ブラジルでは、灼熱の太陽をいっぱいに浴び、肥沃な大地から豊富な栄養を吸収できるので、栄養価が高く大きな露地栽培アガリクスを栽培することができます。

農場

(ブラジルの露地栽培アガリクス農場)

キングアガリクス

(自然環境を生き抜き大きく育った露地栽培アガリクス)

日本や中国で行われているのがハウス栽培です。ハウス栽培では、日光を遮断した暗室で人工的にアガリクスを育てているためアガリクス本来の大きさには育ちません。露地栽培したアガリクスと大きさを比較するとその差は歴然です。

ハウス栽培

(日光を遮断した暗室で行われるアガリクスのハウス栽培)

ハウス栽培

(人工的な環境で育ったハウス栽培阿アガリクス)

サイズの比較

(サイズの比較 左:ハウス栽培アガリクス 右:露地栽培アガリクス)

栽培された土地にもよりますが、主要成分であるβ-グルカンや世界的に注目を集めている栄養素であるビタミンDの含有量を露地栽培のアガリクスとハウス栽培のアガリクスで比較してみると、どちらの成分も露地栽培のアガリクスの方が豊富であるという結果が出ています。

β-グルカン

ビタミンD

また、カルシウムは約26倍、銅も約10倍も露地栽培のアガリクスの方が多く含有しているといったデータもあります。アガリクス製品とひとくちにいっても、その栽培方法によって栄養価が大きく違ってしまうという点はご理解いただきたいと思います。

アガリクスの栄養素

エキス化したアガリクスを使った製品は栄養価減

アガリクスをエキス化してしまうと人体に効果的な成分であるβ-グルカンの量が減少してしまい、それとともに有用性が失われてしまうことが分かっています。

エキスの残り

(エキス化するとアガリクスの主成分β-グルカンの量が減ってしまう)

アガリクスはエキス化や低分子化といった加工を加えることなく、乾燥キノコ100%の状態で製品化した方がよいのです。このようなアガリクスに関する基本的な知識は、アガリクスの研究開発に真摯に取り組んでいるメーカーしか製品化に生かせません。

一般的な健康食品メーカーでは、エキス化したり低分子化したりした、なるべく細かくした状態で製品化しているところも多くあるという点は覚えておいてください。

研究開発にも熱心なアガリクス専門メーカーの商品を

弊社は、アガリクス専門メーカーです。ブラジル産露地栽培のアガリクスについての研究実績もNo.1であることからも分かるように、アガリクスに関しての研究開発にも熱心に取り組み、研究開発の結果を製品作りに役立てています。

論文数

(研究実績の指標となる国際論文発表数はアガリクスメーカートップとなる28本)

また、ブラジルに露地栽培の農場を持っているのも、弊社以外ほとんどありません。

栄養価の高いブラジル産露地栽培のアガリクスを100%使用した栄養価の高いアガリクスを、全社あげて製造しています。ぜひ、一度、弊社のアガリクス製品を手に取り、その有用性を実感してください。

キングアガリクスの生産者

(ブラジルで露地栽培されたアガリクス)

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

参考文献

1) S.P.Wasser et al.,Int J Med Mushrooms,4,267-290(2002)

2) RW.Kerrigan et al.,Mycologia,97,12-24(2005)

3) K.Wisitrassameewong et al.,Saudi J Biol Sci,19,131-146(2012)

4) Y.Liu et al.,Evid Based Complement Alternat Med,5,205-219(2008)

5) N.Ohno et al.,Pharm Pharmacol Lett,11,87-90(2001)

6) S.Hashimoto et al.,Int J Med Mushrooms,8,329-341(2006)

7) N.Ohno et al.,Biol Pharm Bull,24,820-828(2001)

8) D.Yamanaka et al.,BMC Complement Altern Med,14,454(2014)

9) D.Yamanaka et al.,Immunopharmacol Immunotoxicol,34,561-570(2012)

10) D.Yamanaka et al.,Int Immunopharmacol,14,311-319(2012)

11) N.Ohno et al.,Carbohydr Res,316,161-172(1999)

12) M. Motoi et al.,Int J Med Mushrooms,17,799-817(2015)