ドッグフードとアガリクスを併用して健康管理を

ドッグフードとアガリクスを併用して健康管理を

犬

執筆者:元井章智(サプリメントアドバイザー NR=栄養情報担当者)

犬用のドッグフードには、さまざまな種類がありますが、ドッグフードだけでかわいい犬の健康管理が難しい場合、犬用の健康食品やサプリメントの併用をしている飼い主さんも多いようです。そんなサプリメントで注目を集めているのが、アガリクスです。ペット用アガリクスについて解説してみたいと思います。

ドッグフードとの併用で注目のアガリクス

犬の健康を考えて開発されているドッグフード。店頭には、子犬用、成犬用、老犬用といった年齢別のものや、小型犬用、中型犬用、大型犬用など体の大きさ別のドッグフードなど、さまざまなタイプのドッグフードが陳列されています。しかし、ドッグフードだけで犬の健康管理ができない、といったお悩みを抱えている飼い主さんの声もよく耳にします。

たとえば、ずっとドッグフードを与えてきたけれど「最近、毛並みが悪くなってきた」「なんとなく元気がない」「食欲が落ちているようだ」といった声です。言葉でコミュニケーションをとることのできないペットだからこそ、ちょっとした犬の体調の変化をすばやく察知して適切な対応をしてあげたいのではないでしょうか。

そこで、犬の健康管理を考えてドッグフードだけでなく、犬用の健康食品やサプリメントを積極的に利用したいと考えている飼い主さんがこのところ増加しているようです。そんな犬用の健康食品やサプリメントの分野で特に注目を集めているのが、アガリクスです。

アガリクスと言うと、人間用の健康食品を思い浮かべる方も多いと思います。アガリクスの有用性を実感した人の声が多かったことで、現在では、ペット用アガリクスの製品も多く製造されるようになりました。しかし、ペット用アガリクスの中には、アガリクスを謳っていても実際にアガリクスを全く含有していない製品もあるのです。ここでは、有用性を実感できるペット用アガリクスの選び方を解説しましょう。

ペット用アガリクスには、やっぱり露地栽培が一番

アガリクスの原産国はブラジルです。アガリクスはもともと、ブラジルのサンパウロの郊外に位置するピエダーテ地方に自生していたキノコでした。

ブラジルでは、現在でも灼熱の太陽をいっぱいに浴びるだけでなく、時に風雨に耐えながら露地栽培されるアガリクスもあります。そんな露地栽培されたアガリクスは、主要成分でもあり抵抗力を維持してくれるβ-グルカンを豊富に含んだ栄養価の高いキノコになります。

農場

(アガリクスの原産地ブラジルの露地栽培農場)

キングアガリクス

(ブラジルで露地栽培されたアガリクス)

ブラジル以外の産地で有名なのは、日本や中国です。日本や中国では気候の問題で、露地栽培は行われていません。かわりに日光を遮ったジメジメしたところでアガリクスがハウス栽培されていますが、生育したアガリクスであっても小さく小振りな物に。

ハウス栽培

(日光を遮ったジメジメした暗所で行われるアガリクスのハウス栽培)

ハウス栽培

(人工的な環境でハウス栽培されたアガリクス)

サイズの比較

(左:ハウス栽培アガリクス  右:露地栽培アガリクス)

アガリクスの主成分とされるβ-グルカンの含有量を比較すると、自然環境を生き抜いた露地栽培アガリクスはハウス栽培アガリクスの1.5倍含まれます。

β-グルカン

また、栄養価も土壌にもよりますが、ブラジル産露地栽培と日本産ハウス栽培を比較したデータでは、カルシウムでは約26倍、世界的に注を集めている栄養素であるビタミンDは約34倍、銅は約10倍も露地栽培のアガリクスが多く含有しています。

アガリクスの栄養素

犬の毎日の健康管理を考えてドッグフードと併用して使用するなら、ブラジル産露地栽培で栽培されたアガリクスを選ぶ必要があるでしょう。

アガリクス100%で飼い主が使用しても安心な製品を

犬へ毎日与えるアガリクスのサプリメントや健康食品なら、有用性を実感できる安心した製品であることはいうまでもありません。有用性を実感できるペット用アガリクス製品に必要な条件として、ブラジル産露地栽培以外には【含有量】が挙げられます。

いくら栄養価の高いアガリクスを使用していてもその含有量が少なければ、有用性を実感することはできないでしょう。有用性を実感するためには、やはり混合物のないアガリクス100%の製品しかありません。

市販されているペット用アガリクス製品の中には、アガリクスが全く含有されていない製品や、米粉やデンプン、乳糖といった量を増やす効果のある賦形剤の割合を多くしている製品、また人工添加物といった成分が混在している製品もあります。犬は人間よりも体が小さいため、人工添加物が含まれている場合はわずかな量でも悪い影響を与えてしまうことになります。

もっとも安心できるのは、飼い主の人間が使用しても大丈夫なアガリクス100%の製品です。ペット用アガリクスを選ぶ際は、産地や栽培方法だけでなく、飼い主も使用できるかどうか、原材料がアガリクスのみの製品であるかをしっかり確認しましょう。

飼い主用サプリメントをリニューアルした安心できるアガリクス製品

弊社は、アガリクス専業メーカーです。ブラジルには、弊社専用の露地栽培用アガリクス農場を持っています。弊社の農場では、太陽の光を浴びた傘の大きいアガリクスが栽培されています。

キングアガリクスの生産者

(ブラジルで露地栽培された弊社のキングアガリクス)

このアガリクスを製品化するのは、製薬会社とGMP認証を取得した工場です。飼い主さん向けのサプリメントをリニューアルした形で製造しているので、飼い主さんがそのまま飲んでいただくこともできます。

GMP認証工場

(GMP認証工場で、人間用と同じ品質で製造されている弊社のペット用キングアガリクス)

もちろん、乾燥アガリクス100%で製造していますので、人工添加物や賦形剤の混入といった心配も全くありません。

キングアガリクスペット用

(原材料名に【アガリクス末】のみ=アガリクス100%で製品化)

アガリクス専業メーカーとして、アガリクスの有用性について研究開発を重ねてきたからこそで製造できる質の高いアガリクス製品を、かわいい犬の毎日の健康管理にぜひお役立てください。「毛艶がでてきた」「最近、よくドッグフードを食べるようになった」など犬が健康で生き生きとした生活を送れるよう、弊社も一緒に応援していければと思っています。

キングアガリクスペット用

(キングアガリクス100ペット用)

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

参考文献

1) S.P.Wasser et al.,Int J Med Mushrooms,4,267-290(2002)

2) RW.Kerrigan et al.,Mycologia,97,12-24(2005)

3) K.Wisitrassameewong et al.,Saudi J Biol Sci,19,131-146(2012)

4) Y.Liu et al.,Evid Based Complement Alternat Med,5,205-219(2008)

5) N.Ohno et al.,Pharm Pharmacol Lett,11,87-90(2001)

6) S.Hashimoto et al.,Int J Med Mushrooms,8,329-341(2006)

7) N.Ohno et al.,Biol Pharm Bull,24,820-828(2001)

8) D.Yamanaka et al.,BMC Complement Altern Med,14,454(2014)

9) D.Yamanaka et al.,Immunopharmacol Immunotoxicol,34,561-570(2012)

10) D.Yamanaka et al.,Int Immunopharmacol,14,311-319(2012)

11) N.Ohno et al.,Carbohydr Res,316,161-172(1999)

12) M. Motoi et al.,Int J Med Mushrooms,17,799-817(2015)