アガリクス製品の適正な値段とは? 

アガリクス製品の適正な値段とは?

価格

執筆者:元井章智

サプリメントアドバイザー・NR=栄養情報担当者、国際中医専門員

アガリクスは、国内はもちろん海外からも非常に注目されている健康食品です。注目を浴びているサプリメントということもあり、アガリクス関連商品は数多く売られています。そんなアガリクス製品の適正な値段は一体いくらなのでしょうか。有用性を実感できるアガリクスの値段についてみていきましょう。

アガリクスの値段の差は何が理由?

店頭に数多く並ぶアガリクス製品。非常に安価で1カ月あたりに換算しても5,000円程度のものから、中には10万円くらいの高額なものまであり、どのアガリクス製品を選んでいいのか戸惑った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

このようにアガリクス製品ごとの値段に格差が生じるその原因は一体、何なのでしょう。実は、アガリクス製品の値段の差は、アガリクスの産地や栽培方法の違いから生じています。

具体的な産地や栽培方法の話に入る前に、アガリクスとは何かをおさらいしておきましょう。アガリクスは、ブラジルのサンパウロ郊外に自生していたキノコです。なかなか手に入らないことから、「神のキノコ」などと珍重されてきました。

現在、天然のアガリクスはほとんど手に入らず、最も天然に近いとされるのが露地栽培アガリクスです。

アガリクス

(天然に最も近いとされる露地栽培アガリクス)

アガリクスは、ブラジルの肥沃な大地、灼熱の太陽、厳しい風雨といった大自然の恩恵を受け、露地栽培で栄養価高く育ちます。カルシウム、ビタミンB1、世界的に注目されている栄養素であるビタミンD、セレン、銅、鉄などといった栄養素や主要成分であるβ-グルカンを豊富に含んだアガリクスは、日々の健康管理や免疫力維持といったことに用いられています。

日本や中国はハウス栽培が主流

ブラジル特有の気候の下でしか栽培することのできないアガリクスですが、現在、ブラジル以外の日本や中国でも栽培が行われています。

日本や中国では気候的な問題で露地栽培は行われておらず、もっぱらハウス栽培となっています。ハウス栽培という言葉からどのような光景を連想されるでしょうか? 明るい光が降り注がれるビニールハウスの中で温度管理されている様子を連想された方も多いのではないかと思います。

ハウス栽培

(一般的なハウス栽培のイメージ)

しかし現実は、日光を遮断した暗いじめじめとした部屋で人工栽培が行われています。

ハウス栽培

(暗所で行われるアガリクスのハウス栽培)

ハウス栽培ではアガリクスを安価で大量生産できるため、気候の問題で露地栽培ができない日本や中国で盛んになりました。しかし、栽培された土壌にもよりますがハウス栽培されたアガリクスは露地栽培のアガリクスと大きさを比較すると5分の1程度と小振りな物が多かったり、主要成分であるβ-グルカンの含有量も低かったりします。

アガリクス

(サイズの比較 左:ハウス栽培  右:露地栽培)

世界的に注目されているビタミンDも露地栽培の方が34倍、銅は10倍、カルシウムは26倍多く含有しているというデータもあることから考えれば、有用性を実感しようとした場合、ハウス栽培よりも露地栽培のアガリクスに軍配が上がることがお分かりになるでしょう。

アガリクス

ブラジル露地栽培、中国や日本のハウス栽培、その値段の差は?

アガリクスの違いを確認したうえで、値段に話を移しましょう。

まず、安価な製品が多く販売されている中国産ハウス栽培を見てみましょう。中国産ハウス栽培されたアガリクスを使った製品は、最も安いものだと1カ月分で5,000円~20,000円といった値段の製品が多いようです。中には、1,000~5,000円といった驚くほど安い製品もありますが、極端に安い製品にはアガリクスの成分があまり入っていないといったケースが多いようです。

次に、日本産ハウス栽培の製品値段を見てみましょう。日本産では、20,000~50,000円の値段のものがよく見られます。50,000円以上、中には100,000円近い製品もありますが、これは明らかに値段が高すぎると判断していただいて間違いありません。

ブラジル産露地栽培では、自然環境の影響を受けやすく収穫量も限られているため、その希少性から40,000~50,000円といった価格帯が多いようです。

このように、産地や栽培方法が違うと、アガリクス製品の値段にも差が生じます。あまりにも安価な製品、高値の製品は、適正価格のアガリクス製品と言えません。産地や栽培方法の違いによる値段の差や、価格帯に関する知識を持って、適正価格で有用性を実感できる高品質なアガリクス製品選びに役立ててください。

有用性を実感できる適正な値段のアガリクスとは

栽培コストのみを比較すると、露地栽培はハウス栽培の10倍以上のコストがかかります。露地栽培は、天候に左右されるという理由だけでなく、もともとアガリクスは「幻のキノコ」と呼ばれているほど希少性が高く、栽培することが難しいキノコであるからです。

弊社は、アガリクス専業メーカーです。アガリクスの栽培についても研究開発を重ね、高い技術力とアガリクスに対する豊富な知識を元に難しい露地栽培を可能にしてきました。

弊社はブラジルに露地栽培の農場を持っています。企業努力を重ねることで、日本産ハウス栽培と同じくらいの値段で高品質のブラジル産露地栽培アガリクス=キングアガリクスを使った製品をできる限り安価で提供し続けています。

キングアガリクス

(ブラジルで露地栽培された弊社のアガリクス)

健康維持に役立てたいと思ったら、まずはブラジル産露地栽培のアガリクス=キングアガリクスを100%使用している弊社のアガリクス製品をお試しください。毎日使い続けるアガリクス製品だからこそ、値段面でも安心で納得のいくものがいいと言えるでしょう。

キングアガリクス100キングアガリクスペット用

↑ブラジル産露地栽培アガリクス=キングアガリクス100%で製品化した

キングアガリクス100(左は人間用、右はペット用)

執筆者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻
日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

国際中医専門員