日本薬学会第139年会でキングアガリクスに関する共同学会発表を行いました

2019年3月20~23日

薬学会

日本薬学会第139年会(千葉・幕張)で、キングアガリクスの有用性に関する研究成果を東京薬科大学免疫学教室と共同学会発表を行いました。

薬学会

左から

発表をして頂いた東京薬科大学免疫学教室 田島克哉先生

東京薬科大学免疫学教室教授 大野尚仁先生

東栄新薬株式会社会長 元井益郎

日本薬学会におけるキングアガリクスの安全性・有用性に関する東京薬科大学免疫学教室と共同学会発表は、1999年の徳島大会から21年連続となります。

これからもアガリクスの研究開発No.1メーカーとして、キングアガリクスに関する研究開発を継続していきたいと思います。