アガリクスの選び方 その1【露地栽培】【動画で解説】

アガリクスの選び方 その1【露地栽培】

投稿者:元井章智

慶應義塾大学SFC研究所所員・東京薬科大学免疫学教室

東栄新薬株式会社 代表取締役社長

(↓以下、動画の内容)

この動画では、品質の良いアガリクス製品を選ぶための3つのポイントのうちの1つ目、【露地栽培】についてご紹介いたします。

アガリクスはブラジル原産のキノコですが、現在、天然のアガリクスはほとんど採ることができず、アガリクスの栽培方法は主に2種類あります。

1つが大自然の中、太陽の光を浴びて行われる露地栽培。こちらは天然のアガリクスに最も近いとされています。

そして2つめが人工的な環境下で行われる一般的な栽培方法=ハウス栽培の2種類です。

大自然の中太陽の光を浴びて育つ露地栽培アガリクスは、アガリクス本来の大きさにまで育ちハウス栽培されたアガリクスとサイズの比較をするとその差は歴然です。

アガリクス

(左:露地栽培アガリクス  右:ハウス栽培)

また一般的なハウス栽培と比較すると、露地栽培アガリクスは、アガリクスの主成分であるベータグルカンを1.5倍、世界的に注目を浴びているビタミン D を豊富に含みます。

β-グルカン

ビタミンD

天候の影響を受ける露地栽培は、収穫量があまり多くないため非常に希少性が高くなっておりますが、アガリクスを製品を選ぶときには、ぜひ露地栽培のアガリクスを選んでください。

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻

日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

国際中医専門員