アガリクスに含まれる成分について【動画】

アガリクスに含まれる成分について【動画】

投稿者:元井章智
慶應義塾大学SFC研究所所員
東京薬科大学免疫学教室
東栄新薬株式会社 代表取締役社長

(以下、動画の内容)

この動画ではアガリクスにはどのような成分が含まれているかについてご紹介いたします

健康食品やサプリメントとしてよく使用されているキノコ=アガリクスは、ビタミン、ミネラルなど非常に豊富に含みます。

具体的には食物繊維、鉄分、マグネシウム、亜鉛、銅などを豊富に含みビタミン類としましてはビタミン b 1、 b 2、b 6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンを非常に多く含みます

また中でも注目されておりますのが、アガリクスの主成分とされておりますβ(ベータ)グルカンと言われる成分です

このベータグルカンにはいろんなキノコですとか、酵母によっても形が違いますが アガリクスには特に1,3-1,6グルカンと呼ばれるタイプのベータグルカンが多く含まれていると考えられております

β-グルカン

(アガリクスに含まれる1,3-1,6β-グルカン)

また世界的にも注目を浴びているビタミン d を豊富に含みます

非常に多くのビタミンミネラル類を含むアガリクスですが、実は【アガリクスは 栽培条件や産地によってその含有成分が非常に異なる】といった特徴がございます

厚生労働省などからも【アガリクスは製品や原材料などによってその品質に大きなばらつきがある】ということで注意喚起がされております

例えばアガリクスの主成分とされているベータグルカンに関しては、露地栽培したアガリクスには一般的なハウス栽培ものに比べると1.5倍多く含まれます

β-グルカン

またブラジル産のアガリクスと日本産のアガリクスを比較しますと、 カルシウムは26倍、銅は10倍といったように、産地の影響を大きく受けていることがわかっています

アガリクス

栄養素の多いアガリクスを選ぶためには

1つ目、露地栽培のアガリクス

2つ目は、ブラジル産のアガリクスを選んでください

この動画の続きにアガリクスの選び方についてご紹介いたしますのでぜひそちらもご覧いただければ幸いです

(↓以下のページでご覧いただけます)

アガリクスの選び方 その1【露地栽培】 投稿者:元井章智 慶應義塾大学SFC研究所所員・東京薬科大学免疫...

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻

日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

国際中医専門員