【新聞掲載】国際薬用キノコ学会でキングアガリクスの有用性データを発表

2019年10月18日

キングアガリクス新聞掲載

先日、中国 南通で開催された国際薬用キノコ学会で発表したキングアガリクスの有用性データが、健康食品・サプリメントの業界誌=ヘルスライフビジネス2019年10月15日号に掲載されました。

 

以下、主な記事の内容(薬機法順守のため一部修正)

東栄新薬は東京薬科大学との共同研究で、露地栽培した「キング・アガリクス21(KA21)株」の有用性を確認。9月19~22日に中国・南通で開催された【国際薬用キノコ学会】でその成果を発表した。

 

同社では、KA21株の機能性についてアガリクス業界では最多となる28本の国際論文を発表している。今後は美容面でのデータ取得も視野に入れ、さらなるエビデンスの取得を目指していく。