アガリクスの産地による安全性・有用性の違い【動画】

アガリクスの産地による安全性・有用性の違い

投稿者:元井章智
慶應義塾大学SFC研究所所員
東京薬科大学免疫学教室
東栄新薬株式会社 代表取締役社長

この動画ではアガリクスには産地によって、安全性・有用性にどのような違いが出てくるのかをご紹介しています

(以下、動画の内容)

アガリクスは地中の栄養素をたっぷりと吸収し育つため、栽培された土地の影響を大きく受けます。
キングアガリクス
そのため土地が肥えていると、栄養価の豊富なアガリクスになり、逆に土地が痩せていると栄養価の低いアガリクスになります。
アガリクスの代表的な産地としては、原産地のブラジル、そして日本産と中国産があります。
まず一番安価な中国産ですが、以前、中国産アガリクスが健康被害を起こしたことがあります。そのため、中国産は、大気汚染、土壌汚染などによる安全性が問題視されています。
次に、日本産は土地の安全性が高いです。しかし、限られた土地で検索を行うため土地はやせてしまい栄養価が低いアガリクスとなります。
最後に原産地のブラジル産です。
ブラジルには手つかずの大自然が残り、土地が非常に肥えています。 そのためブラジル産アガリクスは、ビタミンやミネラルを豊富に含むアガリクスになります。
ブラジル
(手つかずの大自然が残るアガリクスの原産地=ブラジル)
ブラジルの赤土
(鉄分などのミネラルが豊富なブラジルの赤土)
さらに私たちのキングアガリクスの栽培は、栄養価の高いアガリクスを常に生産するために、常に新しい農地を開墾して栽培が行われます。一度、アガリクスを栽培を行った土地は、二度は使用しません。
(キングアガリクスの栽培は、常に新しい農地を開墾して行われます)
実際に、日本産のアガリクスと、私たちのブラジル産キングアガリクスを比較すると、鉄分は1.5倍、 銅は10倍、カルシウムが26倍と非常に多くのミネラルを含みます
アガリクス
ブラジルの大自然の恵みをたっぷりと吸収して育ったキングアガリクスを、ご健康 にお役立てください
(ブラジルの大自然で育った栄養価の豊富なキングアガリクス)

 

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻

日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

国際中医専門員