アガリクスのエキス製品とキングアガリクスの有用性の違い・比較【動画】

アガリクスのエキス製品とキングアガリクスの有用性の違い・比較

投稿者:元井章智
慶應義塾大学SFC研究所所員
東京薬科大学免疫学教室
東栄新薬株式会社 代表取締役社長

この動画では「アガリクスのエキス製品とキングアガリクスの有用性の違い・比較」についてご説明しています

(以下、動画の内容)

アガリクスの製品の中には、製造工程を簡略化するために、有効成分をエキスとして抽出したものがあります。

しかし、アガリクスの主成分であるベータグルカンは、細胞壁に含まれる成分です。そのため、抽出が難しいといった特徴があります。

β-グルカン

(アガリクスの主成分=β-グルカンは細胞壁に含まれ、抽出が難しい成分)

 

実際に、私たちと東京薬科大学とで行った共同研究では、「化学処理を行なっても、ベータグルカンの半分くらいしか抽出することができない」ことが確認されています。

つまり、エキス化などを行うと有用成分量が大幅に下がってしまいます。

エキスの残り

*引用論文:Biol.pharm.Bull.24(7)820-828(2001)

 

そして、アガリクスのエキス製品の有効性を試験した結果では「効果がなかった」という論文もあります。

*引用論文:Int J Urol. 2010 Jun;17(6):548-54

 

アガリクスなどのキノコ類には、まだ解明されていない有用成分もあると考えられています。

そのため、私たちはアガリクスにエキス化などの加工は行わず、アガリクス100パーセントそのままを原料として使用しています。

キングアガリクス

(露地栽培されたキングアガリクス)

乾燥キングアガリクス

(エキス処理などの加工を行わず、乾燥したキングアガリクス100%をそのまま原料として使用)

研究成果に基づいて、アガリクス100%そのままで製品化してたキングアガリクス製品を、皆様方のご健康 にお役立てください。

 

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻

日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

国際中医専門員