キングアガリクス(東栄新薬)の安全性、無農薬・重金属【動画】

キングアガリクス(東栄新薬)の安全性、無農薬・重金属

投稿者:元井章智
慶應義塾大学SFC研究所所員
東京薬科大学免疫学教室
東栄新薬株式会社 代表取締役社長

この動画では「キングアガリクス(東栄新薬)の安全性、無農薬・重金属」についてご説明しています

(以下、動画の内容)

アガリクスは、地中の栄養素をたっぷりと吸収して育ちます。そのため、栽培された土地の影響を大きく受けます。

そのため、土地が肥えている場所で栽培すると、栄養価の豊富なアガリクスに育ちます。

逆に、農薬や工場排水などで汚染されている土地で栽培されると、有害物質を含んだアガリクスになってしまいます。

 

キングアガリクスは、土地の肥えたブラジルの大地で、露地栽培されています。

そして、常に栄養価の高いアガリクスを生産するために、キングアガリクスの栽培には 常に新しい農地を開墾して行います。

一度アガリクスの栽培を行った農地は二度は使いません。

ブラジル

(キングアガリクスの農場付近の環境  見渡す限りの大自然が広がっています)

ブラジルの赤土
(ブラジルの赤土は鉄分などのミネラルが豊富)
キングアガリクスの農場
(ブラジルにあるキングアガリクスの農場 藁の下にキングアガリクスが生えています)
キングアガリクス
(土地の肥えたブラジルで露地栽培されたキングアガリクス)

また、安全性にも注意を払い、農地を新たに開墾する前には、重金属などの土壌の安全性 試験を行います。そして、完全無農薬でキングアガリクスを栽培します。

 

そして、日本に輸送後にも、再度、残留農薬試験などを行って安全性を確認しています。

残留農薬
(日本で行った残留農薬試験結果 残留農薬は検出されていません)

 

大自然の中、常に新しい農地を開墾して栽培され 安全性も確認されたキングアガリクス。

皆様のご健康にお役立てください。

 

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻

日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

国際中医専門員