アガリクスの栽培方法による栄養成分の違い(露地栽培とハウス栽培の比較)【動画】

アガリクスの栽培方法による栄養成分の違い(露地栽培とハウス栽培の比較)

投稿者:元井章智
慶應義塾大学SFC研究所所員
東京薬科大学免疫学教室
東栄新薬株式会社 代表取締役社長

この動画では「アガリクスの栽培方法による栄養成分の違い(露地栽培とハウス栽培の比較)」についてご説明しています

(以下、動画の内容)

アガリクスの栽培方法は主に、一般的なハウス栽培と、天然に最も近いとされる露地栽培の二つがあります。

 

一般的にハウス栽培といった言葉を聞くと、ビニールハウスをイメージされる方が多いか思います。

ハウス栽培

しかし、アガリクスのハウス栽培は日光を遮った 人工的な環境で行われます。

ハウス栽培

(アガリクスのハウス栽培の様子 日光を遮った暗い場所で栽培)

 

そのためハウス栽培されたアガリクスは、アガリクス本来の大きさには育ちません。 小ぶりで栄養価が低くなってしまいます。

ハウス栽培アガリクス

(小ぶりで栄養価が低いハウス栽培アガリクス)

 

一方の露地栽培は、ご覧のような大自然の中で行われます。

農場

(露地栽培の様子 藁の下にキングアガリクスが生えています)

 

一般的なアガリクスと区別して、露地栽培されたアガリクスをキングアガリクスと呼んでいます。

キングアガリクス

(露地栽培されたキングアガリクス)

 

雨風など自然環境の中、太陽の光を浴びて育ったキングアガリクスは、アガリクス本来の大きさにまで育ちます。

大きさを比較するとその差は歴然です。

(左:ハウス栽培アガリクス 右:露地栽培キングアガリクス)

 

一般的なハウス栽培したアガリクスと、露地栽培したキングアガリクスの栄養素を比較します。

アガリクスの主成分であるベータグルカンは1.5倍、世界的に注目を浴びる栄養素ビタミン Dを豊富に含みます。

β-グルカン

ビタミンD

またキングアガリクスの露地栽培には、安全性にも配慮して完全無農薬で栽培されています。

ブラジルの大自然の中で露地栽培されたキングアガリクスを、皆様方のご健康にお役立てください。

 

投稿者プロフィール

社長

元井章智

東栄新薬株式会社代表取締役社長

株式会社ケーエーナチュラルフーズ代表取締役社長

慶應義塾大学SFC研究所所員、東京薬科大学薬学部免疫学教室専攻

日本抗加齢医学会会員、NR(栄養情報担当者)・サプリメントアドバイザー

国際中医専門員