東栄新薬のキングアガリクス(ブラジル産露地栽培)の栽培風景2020.1

2020年1月16日

ブラジルにあるキングアガリクスの露地栽培農場の様子が送られてきました。

現地ブラジルは、南半球なので季節が逆になり、現在夏です。

普段は時々降るスコールのような雨から堆肥を守るために、堆肥の上に藁をかぶせていますが、最近は天候がよく藁をかぶせる必要がないそうです。

キングアガリクス

キングアガリクス

キングアガリクス

キングアガリクス

(写真は農場主のパウリーニョ)

 

普段は、以下の様に堆肥の上に藁をかぶせています。

キングアガリクスの農場

キングアガリクス

(藁の下から生えているキングアガリクス)

栽培風景を動画でご覧いただけます。