露地栽培アガリクス「KA21」が海外で好調 「アジア太平洋で最高のサプリ」にノミネート【新聞掲載】

2020年8月15日

弊社のブラジル産露地栽培アガリクス=キングアガリクスに関する新聞記事が、健康食品・サプリメントの業界誌【ヘルスライフビジネス2020年8月15日号】に掲載されました。

キングアガリクス新聞記事

以下、記事の抜粋に説明を加えながらご紹介いたします。(薬機法順守のため、一部表現を修正しています)

露地栽培アガリクス「KA21」が海外で好調「アジア太平洋で最高のサプリ」にノミネート

東栄新薬(東京都三鷹市)は、露地栽培アガリクス「キングアガリクス21(KA21)」を使用した製品が「アジア太平洋で最高のサプリメント」を表彰する「ニュートライングリディエンツ アジア アワード2020」のボタニカル部門にノミネートされたことを発表した。今回ノミネートされたのは顆粒タイプのサプリメント「キングアガリクス100」。

ロゴ 

「アジア太平洋で最高のサプリメント」を表彰する「ニュートライングリディエンツ アジア アワード2020」

キングアガリクス100

ノミネートされた【キングアガリクス100】

 

同アワードはボタニカルのほか14の部門に分かれ、健康・栄養分野で経験豊富な審査員団による厳正な審査が行われる。授賞式は9月22日にWEB上のバーチャルイベント形式で開催される。KA21は、今回のアワードの行われるシンガポールのほか、ベトナム、香港、米国など海外でも高い支持を獲得し、昨今は欧州や中東など世界各国から引き合いが増えているという。

 

露地栽培アガリクスには、一般的なアガリクスの5倍のパワーが確認されており、その機能性に関しては、数多くのエビデンスを蓄積。最近では、研究レビューが学術誌「MVM」に掲載されている。

パワーの比較

これまでに発表した海外論文はアガリクス業界最多の30報に及び、同社では今後も豊富なエビデンスを武器に国内外でKA21の販売を拡大していく方針だ。

キングアガリクスに関する論文発表数